広島県遊協が「暴追総決起大会・街頭パレード」に参加

広島県遊技業協同組合(池田仁志理事長)が、平成26年12月1日(月)、広島市のアリスガーデン広場において、広島市暴力追放監視防犯連合会が主催した「暴力追放・明るい街づくり総決起大会・街頭パレード」に参加、市民に暴追意識の高揚を図った。
総決起大会では、広島市暴追会長、広島市長、広島中央警察署長が挨拶を行い、市暴追筆頭副会長が暴力追放宣言を力強く読み上げて大会を終了した。パレードでは、小学校のマーチングバンドとバトン部の先導で、「暴力追放・明るい街づくり」の横断幕を掲げた来賓を先頭に、約1キロメートルを歩き、暴力追放のチラシを配布しながら、市民に暴力団排除活動を呼びかけた。

カテゴリー: 社会貢献

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。