新宿歌舞伎町エリア、マルハンとエスパスのバトルは如何に…、インバウンド需要にも着目するマルハン

ぶら~り、ホール散策記

新宿歌舞伎町エリア、マルハンとエスパスのバトルは如何に…、インバウンド需要にも着目するマルハン

4月24日、新宿歌舞伎町にマルハンが、新宿東宝ビル店をグランドオープン、向かいの歌舞伎町店もリニューアルオープンしました。新宿東宝ビル店が1,160台、歌舞伎町店が642台でマルハン歌舞伎町エリア合計で1,802台のオープンです。

一方、総台数3,007台を有する新宿地区エスパスも少しずつリニューアルをして、24日にグランドリニューアルオープンで対抗してきました。まさしく、日拓エスパスvsマルハンの構図になっております。

当日は、2社合わせて5000台規模になりますが、2社とも稼働率、ほぼ100%でした。やはり人の多い新宿ですので、相乗効果が出ていました。

ちょっと着目したいところは、2社とも禁煙・分煙の店舗を実施した点です。マルハンは歌舞伎町店を全席禁煙とし、エスパスは1店舗で分煙としていましたが、エスパスに若干の空き台が見受けられました。

また、マルハン新宿東宝ビル店は、日本語の他に中国語・英語等々の店内アナウンスを行っていました。オリンピックに向けて海外のお客様を取り込む活動を開始しています。とくに近年多い中国人・韓国人向けのサービスにも重点を置いているようです。外国語を話せるスタッフも常駐させていました。

さらに、外国人の好みそうな、景品も充実させてインバウンドの需要に着目し、稼働・利益に反映させる企業姿勢が見て取れました。

今後5,000万とも言われているマルハンの賃料での店舗運営と、自社物件で運営するエスパスの戦略に注目していきたいと思います。

IMG_0932

マルハン新宿東宝ビル店グランドオープン

IMG_0940

新宿東宝ビル店はワンフロアーに1,160台

IMG_0933

マルハン歌舞伎町店リニューアルオープン

IMG_0936

エスパス日拓もグランドリニューアルで対抗

カテゴリー: パチンコ,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。