同友会「第10回定時社員総会」、新代表理事に東野昌一氏が選任される

日本遊技産業経営者同友会が5月13日に東京都台東区の「オーラム」において、「5月度定時理事会」および「第10回定時社員総会」開催後の記者会見を行った。定時総会では平成26年度事業・収支決算報告、定款変更、理事選任、平成27年度事業計画・予算案が審議され、滞りなく承認されたことが報告された。

当総会においては役員が改選され、役員は次の通り決定した。

【理事23名】
代表理事 東野昌一氏
副代表理事 平山剛氏
副代表理事 薛博夫氏
副代表理事 山本芳司氏
副代表理事 金光淳用氏
副代表理事 趙顕洙氏
理事相談役 松田高志氏
理事    金子永泰氏
理事    金淳次氏
理事    呉泰栄氏
理事    宮本敏憲氏
理事    今井弘氏
理事    和田博氏
理事    松岡誠司氏
理事    今井有二氏
理事    清水文徳氏
理事    高智大輔氏
理事    浅野哲洋氏
理事    川野大介氏
理事    金貴如氏
理事    小中冨均氏
理事    平岡聖教氏
理事    安田哲雄氏

前代表理事の松田高志氏は理事相談役という形で理事に残り、今後も執行部ならびに同友会の運営をサポートする。また、本年度より、委員会も改められ、「人材活用委員会(委員長:清水文徳理事)」「営業システム委員会(委員長:浅野哲洋理事)」「経営戦略委員会(委員長:金貴如理事)」と、3つの委員会が設けられた。企業の大きなリソースである「ヒト」「モノ」「カネ」の課題を強化する狙いという。

記者会見後、懇親会が開催され、東野代表理事は就任にあたっての抱負を次のように語った。

「全力を尽くして、厳しい難局を皆と一緒に乗り切りたいと思います。この業界に対する国民からの厳しい目があります。そのなか、我々は遵法営業、コンプライアンスに配慮するのは当然のことであり、とくに最近問題となっているのめり込み問題やお客様の置引き問題など、他団体の方々と一生懸命に勉強するなかで解決に向け、全力を尽くしてまいりたいと思います」

また、来賓挨拶に登壇した警察庁生活安全局保安課大門雅弘課長補佐は、小柳誠二保安課長の挨拶文代読を行い、「業界全体を見ると依然として遊技機の不正改造事犯や賞品買い取り事犯、違法な広告宣伝、賞品提供等が多発し、のめり込みに起因すると思われる各種問題も後を絶たない状況にあるなど、業界の健全化を阻害する要因が残されていることも事実」と語り、業界一丸となり諸問題に取組むよう要請した。

IMG_0970

新執行部。左から、趙顕洙副代表理事、 山本芳司副代表理事、東野昌一代表理事、平山剛副代表理事、薛博夫副代表理事、金光淳用副代表理事

IMG_0973

来賓挨拶をする警察庁生活安全局保安課大門雅弘課長補佐

 

カテゴリー: ニュース

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。