話題のエリア調査報告「町田駅」

Hot Spot マーケティング

話題のエリア調査報告「町田駅」

 

昨年の2014年GW前にグランドOPENを果たした「パールショップともえ」さんに続き、同年末「マルハン町田」(2015年2月6日現在店舗改装のため休業中)さんと新規OPENが続く、激戦区[町田駅]エリアの調査レポートをお届けします!

▼町田駅ロケーション

・町田市は八王子市、多摩市の南に位置し、町田駅は東京都と神奈川県の県境に位置する。
・JR横浜線、小田急線の2路線が通っており、駅舎は直線距離で約200m離れている。
・乗降客数はJR:約22万人 小田急:約29万人
・ルミネ、109、ドン・キホーテ等商業施設他、飲食施設が充実しており、若者が集まる街。
・横浜線沿線最大級、小田急線沿線では新宿に次ぐ繁華街。

▼市場マップ

市場マップ3

▼市場状況

・マルハン町田・・・・・・・・・P:592 S:232 計:824
・ともえ町田・・・・・・・・・・P:298 S:311 計:609
・ピーアーク町田・・・・・・・・P:294 S:241 計:535
・エルグラン町田・・・・・・・・P:239 S:203 計:442
・PIA町田・・・・・・・・・・P:441 S:288 計:729
・ゴードン町田・・・・・・・・・P:182 S:144 計:326
・オリエンタルパサージュ町田・・P:342 S:177 計:519

・市場合計台数・・・・・・・・・P:2,388 S:1,596 計:3,984

▼店舗状況 (視察日1月14日(水)~17日(土)15時~20時平均)

店舗状況

・マルハン町田
→小岩のローコスト新店に習うようなこちらもシンプルなスタイルでの出店。視察日は簡単なPOP、床置きPOPスタンド程度しか装飾も無く、PS全台各台計数機と言う事もあり、新店感、賑やかしは乏しく感じた。
・ともえ町田
→マルハン出店前に比べ、約16%の稼動ダウンを確認。距離、市場性を加味、下がり幅を抑えられているように感じる。
・Pアーク町田
→町田駅コンコース直結の好立地かと思いきや、人の流れがほぼ無く、厳しい状況。低貸専門店ながら本年1月末にて閉店を告知。
・エルグラン町田
→ともえ出店前にP全台低貸専門店にシフトした成功店。強豪揃いの中、高稼働をキープもスロットはやや厳しめ。Pアーク閉店で追い風か。
・PIA町田
→マルハンOPEN以降、更に稼動を上げた凄まじい店舗。以前より町田では強豪だったが、より固定客を増やしている印象。マルハン出店で集まった流動客を取り込んでいる。
・ゴードン町田
→マルハン出店後最も影響が少なかった店舗のひとつ。小型店ながら、アイデア、工夫、接客で目の前にPIAがあっても強固な営業をしている。
・オリエンタルパサージュ町田
→市場を深く考察して考えれば別市場とも取れる立地。こちらもマルハンの影響はほぼ伺えない。小田急駅前立地とオリジナリティ溢れる営業で賑やかしも上手い。

▼市場視察所感

マルハン、ともえのバチバチの戦いかと思いきや、市場はPIA一強。実際、出玉感、接客、雰囲気は新店2店舗以上でした。
マルハン側とPIA側を分断するように通っている47号線の東と西で市場性、年齢層、客層の違いを感じました。西のマルハン側からは比較的若い客層が多く、回転も速いように見え、東のPIA側はその逆。遊技客層としては、西側が一見客、東が地元客と言った印象でしょうか。
駅乗降客数が小田急側の方が多い事もあり、47号線から東側にユーザーは流れづらいように見えました。オリエンタルパサージュまで行くと、その市場性の違いは更に顕著に受け取れます。

出店地域判断は、やはり実際の現場の空気を肌で感じ、検討する必要があると改めて感じた視察でした。

市場平均稼働率、低貸部門導入率から考えればまだ優良市場であると考える事も出来ますが、今後は少し厳しいように感じます。また、1月末にマルハンが全台各台計数を止め、玉積みにリニューアルをする模様(記事執筆時/2月6日現在休業中)です。

今後も動きのあるエリアですので、注視して行きたいですね。

 

「HotSpot研究会」についてのお問合せ

(有)NSPドクター 担当:能登(のと)
電話03-5807-0820
携帯:090-2646-6068
東京都 台東区 東上野3-15-13 スエヒロビル6F

 

カテゴリー: マーケティング,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。