[認識]

集客の主税(チカラ)/〔想起集合から思考し集客・創客します〕

「認識」

春の陽気が出てきたこの季節。
新学期、新年度もあり、新入生・新社会人・新入社員、様々な新しい出会いが生まれる季節でもありますね。
同様に、生活人口圏内の変化も起こる季節であり、仕事だけでなく、多方面でリスタートする方や気分一新される方も居られます。

我々業界、P店に取っても、この変化する生活人口圏から[遊技人口圏]へ囲い込む必要が有りますね!
また、生活人口圏の変化に伴い、自発的に遊技人口圏へ流入するユーザーも居るはずです。
そんな変化目まぐるしい時、把握すべきポイントとして、自店舗はどんな認識を地域、ユーザーへ与えているか?
と言う点です。

 

━対応型ではなく、提案型での認識UP!━

 

地域や生活人口圏に店舗の[存在認識]が何処まで浸透しているのか?又、どんな認識になっているのか?
その[存在認識]は遊技人口圏の、潜在意識、遊技の選択肢に入っているのか?
何故来店客が多いのか?何故来店客が少ないのか?

昨今、様々な規制や遊技機の問題等々あり、計数管理・利益管理・財務管理に翻弄されています。
その翻弄される問題の多くは店舗の遊技人口、お客様には基本的に関係ない事です。
その対応も重要ではありますが、遊技人口圏への自店認識の浸透にはつながらないでしょう。

認識を浸透させるポイントとして、遊技機の特性や遊び方、ポイントなどが説明できるスタッフ教育から始めてはいかがでしょうか。
機械で差別化できない分、人対人の啓蒙活動が楽しんでもらえる空間を創出し、スタッフがお客様を[認識]する事で、お客様もスタッフを[認識]し、遊技人口圏への囲い込みが期待できます。

 

━増客しても増えない客数、[自然減]の認識を━

 

新たな生活を迎える事の多い4月、様々な取り組を始めてみてはいかがでしょうか。
余談ですが、春は気分が変わりやすいと言われていますので、競合他社から自店へユーザーを流入させるチャンスですが、逆に自店から離反するタイミングでもあります。
自店ユーザーの年間自然離脱率は20%あります。年間20%以上獲得しないと確実に、来店客数は減ります・・・。
店舗の基礎方針が決まっていて浸透している店舗はぶれずに、さらに新しい取り組みや基本方針の検証。
店舗の基礎方針が決まっていない店舗は、今一度リセットし、生活人口圏・遊技人口圏へ流入した見込み客へ店舗の良い点を認識してもらう取り組みが必要です。

3対33の法則からすると、良い噂や認識は3倍伝わり、悪い噂や認識は33倍伝わります。
自店舗の認識がどうなっているのか、まず、自らが認識しましょう!
オフィスツーファイブ
代表 岩田 主税

当社にて定期訪問コンサルティング、常駐コンサルティングも賜ります。3万円~(別途交通費)
「3番手店舗の生き残る方法を伝授」、「想起集合」から集客し創客します。御相談は無料(関東近県)
遠方店舗様は、別途交通にて賜ります。
店長とマンツーマンの育成やサポートコンサルティングも賜りますので御相談ください。

トップマーケッター金村龍馬氏による
・社内セミナー開催(全3回)
1回12万(別途諸経費)
格安にて賜ります。
1法人様、人数制限無し
依頼は、当社まで。

ブログも配信中
「ぱちんこ企業元統括部長の指針」で検索!

お問い合わせは
090-3068-6533
c.giants@nifty.com
または、LINE ID : cgiants55 まで、お気軽にお問い合わせ下さい。c.giants@nifty.com

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。