より頼もしい男性になる!女性への対処法

女性による女性の為の女性集客

より頼もしい男性になる!女性への対処法

 

女性ってわがままな生き物だと男性は思っている人って多いですよね?
「何考えてるか理解できない!」なんて男性の言葉はよく耳にします♪

でも逆を言えば女子も同じです。
実は「男子ってなんでそうなの?」って感じている女子がたくさんいるんですよ~♪
こんな風に男性と女性では基本的に考え方が違うので真髄を理解せずに気持ちを近づけようとしてもなかなか上手くいきません。
まずは男女の性別の特性を理解しておくことが大切です。
ここでは男性に向けて女心の本心を知るメリットをお伝えしたいと思います。

 

━女性のしぐさから本音を知る━

女性は基本的に男性に向けてストレートに気持ちを伝えるというより「察して欲しい」という願望があります。
女性が男性に対する評価としては「言われてやってくれる」のは当たり前であって、「言う前に率先してやる」ところです。
それによって女性は自分のことを良く理解していると思い、嬉しくなります。
男性はその「察して欲しい」サインを女性が「いつ、どのように」出しているかを見極める必要があります。

会社の中では特に女性は対外的に外の目を気にしています。
みんなの前、特に男性の前では猫をかぶり本音をなかなか言いません。
何か頼み事をしても表面では快く受けてくれたり、困っていそうなときに「手伝おうか?」といっても「大丈夫です」と断ってきたり。女性の心は複雑です。

女性社員は目立つことをすることで他の女性社員からの視線を受けないようにしたり、必要以上に男性社員と接触を持たない傾向があります。
男性も女性社員が「そういうなら・・・」と簡単にシャットアウトしてしますとそれ以上の関係性を築くには時間がかかってしまいます。
冒頭でもお伝えしましたが、聞いてやるのではなく、率先してやることが大事です。
それも無理矢理手仕事を奪うのではなく、状況を俯瞰しながら話を聞き、理解した上で手を貸す。これがチームワークに繋がります。
あくまでも仕事上効率的なのは手伝うことであると自分や周囲が理解できる状況で行うことが大切です。
それにより周囲からも状況が理解され、該当の女性社員を贔屓していると見られることもなくスムーズに事が進みます。
あなたの男性社員としての立ち位置も女性からの高評価に繋がります。

これを区別なくあくまでも仕事の一環としてどの女性社員にも行うことで円満な男女組織関係を築くことができます。
上司の立場であれば信頼おける上司になりますし、若い社員であれば頼もしい社員にもなります。
これから若手社員が役職を目指すなら仕事の実績だけでなく周囲の評価というのも加点のポイントになりますので、複数の仲間を付けることは評価が優位に働きます。
上司であっても部下のことで悩みなどがあった場合に相談できる若手社員を味方にすることもできます。

このように男女間では基本的に物事の考え方が異なり、女心を理解して接しないと円滑な職場が作れません。
家庭内でもそうですが、女性は男性より強い生き物で対立すると平行線をたどりなかなか解決しません。
うまく女性と付き合うことであなたの社会人生が大きく変わる可能性があるので是非、女心を意識したコミュニケーションを図ってみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: パチンコ,人事,人材教育,女性活力

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。