妻が「今日は疲れたから料理したくない」どう返答するのが正解?

女性による女性の為の女性集客

妻が「今日は疲れたから料理したくない」どう返答するのが正解?

30年前に比べて、日本の「専業主婦世帯」と「共働き世帯」の数が逆転し、今では圧倒的に共働き世帯の方が多くなりました。しかしながら、家事は主に妻が行っているという世帯もいまだ多いようです。時には妻も激務に疲れ果て、「今日は疲れたから料理はしたくない…」という時もあるでしょう。もしもあなたが夫で、妻からそんな申し出があった時、あなたならどう答えますか? そして、どう返答したら妻は喜ぶと思いますか?

妻の意向を汲んで、「じゃあ今日は外食にしよう! と提案する」という人がきっと多いのではないでしょうか。しかし、残念ながらそれは必ずしも正解とは言えません。なぜなら、冷蔵庫には賞味期限の迫った食材があり、その存在を把握している妻はそれらを見過ごすことも出来ず、葛藤している場合が少なくないからです。

料理をしたくないほど疲れた主婦にとって、賞味期限が迫っているお肉やお魚などを冷凍処理することは面倒な作業に当たります。そもそも「料理をしたくない」というのは「キッチンに立ちたくない」と同義語ですから、パック入りのお肉を料理番組などで推奨されているようにラップで包み直し、ジップ付きバッグに入れて日付を記載する…、という作業を外食の前後にわざわざしたくないのが正直な気持ちでしょう。

さらに、家計を任されている特に子育て世代の主婦ならば、外食代を押さえたいという思いも強いはずです。ただやみくもに「じゃあ外食にしよう!」と提案するのは、善意のつもりでも場合によっては妻の機嫌の悪化に繋がってしまうことも…。

ではどう返答するのが良いのかというと、妻の求めるベストな答えはやはり「じゃあ俺が何か作るよ」でしょう。賞味期限の迫った食材らを消化してくれて、尚且つ外食代もかからないという、妻にとってはまさに願ったり叶ったりの展開です。ですが、男性には料理を得意としない人もまだまだ多いと思いますし、何より妻と同じように夫も疲れているということも大いに考えられます。

そこで、冷蔵庫内の食材をどうにかするまでは出来ないとしても、せめて外食代を抑えるべく「中食」を提案してみてはいかがでしょうか。中食とは、お惣菜などをテイクアウトして自宅で食べる食事のことを言います。最近はこの中食がとても増えているという声もありますので、これも共働き世帯が増えたことによる影響なのかもしれませんね。

「中食」という名前の通り、自炊と外食の折衷案として、時に有効活用してみては?

カテゴリー: 女性活力

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。