男性も知るべき!? 女性ならではの悩み

女性による女性の為の女性集客

男性も知るべき!? 女性ならではの悩み

「女性ならではの悩みとは?」

この質問に、きっと多くの女性が真っ先に思うことが「生理に関する悩み」です。小学校高学年に近付くと、女子だけが特別教室などに集められ、月経(生理)についての授業を受けます。ここで男女が隔離されている時点で、もはや生理についてのタブー感が男性に植え付けられてしまっているのかもしれませんね。

インターネット上にある女性専用の意見交換サイトでも、「男性に理解し欲しいこと」というテーマでは「生理について」という意見が圧倒的に多くありました。男女間に漂い続けるタブー感を払拭し、この機会に「生理について」のご理解を深めていただけますと幸いです。

「女性は生理になると調子が悪くなる」ということは何となくご存知の男性もいらっしゃるかと思います。生理前後に現れる不調を総称して「月経前症候群(PMS)」と呼ぶのですが、その具体的な症状はかなり多岐に渡り、個人差がとても大きいということを、まずはご理解ください。

人によっては全くPMSが表れないという場合もあります。それゆえ、「自分だけが甘えてると思われるのではないか…」といった不安から、男性に対してPMSによる不調を訴えることをためらう女性が多くいるのです。

PMSの主な症状としては、下腹部を中心としたドスンと重い痛みや、貧血によるふらつきやめまい、また症状がひどい場合には吐き気が起こる場合もあります。それらの体調不良に加え、生理の数日前から精神的に不安定になる女性が多くいます。生理周期によってホルモンバランスが乱れ、普段なら気にならないことにクヨクヨしてしまったり感情的になってしまうことがあるのです。

ここまでお読みいただいたところで、「ではそれに対して男性はどうするべきなのか?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。その答えはたった1つ、「さりげない声掛け」が最も有効な対応と言えます。

男性の中には、調子の悪い女性を見ると「月のアレかな?!」などとちゃかすように言う人もいますが、相手によっては不快に感じる場合もあるので控えた方が無難です。「俺・僕達に言いにくい不調なら、それ以上無理しないように」などといった、ざっくりとした言い方が一番好まれるでしょう。

コミュニケーションにおいて「会話」が欠かせない女性にとっては、さりげない言葉掛けが最も有効な手段です。「理解してもらえている」という安心感こそが、PMSに悩む女性にとってとても大切だということを、ぜひ覚えておいてください。

男性には何もできないのか? → 声掛けで安心できる

過保護もありがた迷惑かもしれないので適度にお願いしますね^^

カテゴリー: 女性活力

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。