ちょっと前に上海のパチンコホールに行ってきました

ちょっと前に上海のパチンコホールに行ってきました。

店内の撮影はNGですので、外観、看板、そのあたりを読者貴兄(姉)にちょい見せです。

秋にはベトナムパチンコ。今回は上海。海外パチンコ視察尽くしの昨今。

移動距離とアイデアは正比例する、が持論のワタクシですので

より良いアイデアがドンドン広がっているはず。そう思いたいものです。

 

 

 

こちらは店舗外観。経済特区の中ですので、ややコンサバなビルディングです。

ただし、賑わっているとは言いがたい立地。この辺は現地に行かないと分からない感覚かも。

 

 

 

ビルに入っての店舗入口。ちょっと入ると「お香」の香りがします。

視覚(ポスターや内装デザインなど)に拘るお店は多いですが

嗅覚、そして触覚(絨毯の踏み心地やエレベーターのボタンなど)に拘るのは面白いですね。

 

 

 

ちなみに店舗にはメトロで向かいました。

海外に行った際は積極的に現地の交通機関を使うようにします。

シンガポールのメトロもこの手のカードタイプでした。

 

ちなみに下記は上海のメトロ。

日本では見かけない広告のスタイルです。上海の方が進んでいる点のひとつ。

 

景色に動画が流れています。近未来的。

 

 

 

 

広告繋がりの施策をもう一つ。

トラディショナルな建物+デジタルサイネージ。組み合わせが大胆。

これは本当の意味での(中国の)トラディショナルな建築ではないけれど。

あと時計塔がある街は素敵。文化的。

 

 

 

ただ。上海は大気汚染が。

これ、晴天です。曇りじゃありません。無茶苦茶な都市でした。

プライベートで行くかというとやや疑問。子供を育てるかというと絶対NG。

旅行代理店の注意書きに「不要不急の外出はお控えください」って。旅行やぞ。

 

 

これは自動ドア。以上。

 

 

てな事で上海のパチンコホール視察でした。

先日のセミナーにお越しいただいた方には現地で作った会員カードやグッズなどを見てもらいました。

詳しい話しをご希望の方は、お会いした時にでも。

 

 

カテゴリー: エンタメ,パチンコ,プロモーション,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。