まずは黄門様のおひざ元・茨城県漫遊記

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第1回

まずは黄門様のおひざ元・茨城県漫遊記

もう一つコラムを書いてもらえないかという編集部の声にほだされて、Facebookでほぼ毎日、日記のように書いている業界探訪を、fbでは書ききれないネタをたくさん加えて投稿させていただきます。「一喝」ほど気合いを入れなくてもお読みいただけると思いますのでどうか末永くお付き合いください。

業界に20年あまり関わらせて頂き、その間ホントに全国各地をトボトボとほっつき歩きました。一応47都道府県はほぼ隈なく見させて頂きました。そこで第一回目はどこからスタートしましょうか?水戸黄門ちゃまは水戸藩主でいらっしゃったので茨城県から参りましょうか?助さん、格さん。

茨城県と言えば、最近の話題は日立の金馬車さんの会社更生法適用ということに成りましょうか。旧経営陣の高濱正敏社長とは10年以上前に船井総研のアメリカ西海岸視察ツアーで偶然ご一緒した記憶が鮮明です。その時は今は亡き大宮南銀通り店、柏店、船橋店も盛況であっただけに、色々聞きたかったのですが、その時のお応えはそっけないものでした。「あれは弟が勝手に進めたプロジェクトだ」と。でも、都内では府中駅前店、新宿三丁目店が極めて優良店なだけに、意外なお応えであったことが記憶に鮮明です。

さて茨城県と言えば15年ほど前は経営者の90%以上が在日韓国・朝鮮人であるということで、関東の一都六県の中では異色の位置づけである県だったと記憶しています。そのせいかどうかは知りませんが95年の“社会的不適合機”の撤去の際には藤商事のアレジン、エキサイト、アレンジマンの設置台数が関東の中でぶっちぎりのトップでした。しかも行ってみたらハンドルから皆な手を放して腕組したり漫画を読んだりして“打ってた”のでビックリした記憶があります。

そんな過去の話はこれくらいにしといて、最近の話題に致しましょう。意外かもしれませんが「ダイナム」さんです。なんと茨城県内に21店舗も出店されていて茨城最大のチェーンなのです。他、金馬車さん18店舗、ビッグマーチさん16店舗、麗都さん11店舗、МGМさん9店舗、ともえ7店舗、マルハン6店舗となっております。店舗数だけで見れば金馬車さんが茨城第2のチェーンということで、東京の2店舗に力入れるよりも茨城の18か所の小型店に力を入れた意味が薄々わかる気がしないでもありません。でもやはり、そこには例の「弟」さんとの気持ちの上での確執が有ったように感じられてなりません。

まだまだ書くことは山ほど有りますが、なにせ茨城と一口に言っても北は勿来の関の福島との県境から、南は千葉との県境の取手まで、いささかひろうござんすで、これにて一件落着とさせて頂きます。

草々

カテゴリー: その他

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。