【上総の国=茂原市 NEXT篇 業界初の400店舗超えを果たした企業の変身】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第120回

【上総の国=茂原市 NEXT篇 業界初の400店舗超えを果たした企業の変身】

 一年半前に茂原を巡察した時は、衰退一途の茂原市で、ひとり気を吐く「マルハン茂原」殿を見て、納得感やら淋しさやらが入り混じった想いで帰ったものじゃ。
まさかこのGW前に突然の大変動が起こるとは想像だにしておらんだわぃ。
してその大変動とは、ただ単に「ダイナム千葉茂原」(512台)が茂原市の最中心部の高師交差点にできた事なのじゃが。
なんだそんなことか!とホザくでない。これがどんな意味を有しておるのか、しかと見極めるのが今度の一年半ぶりの巡検の骨子であるぞ。控え居れ。

━話題性の高い店舗の出店が続く千葉県━

(1)12年前の平成17年には9.5万人であった人口が、今は8.9万人、これが20年後には7.2万人にさらに減少し、高齢者比率が40%に達すると言われておる茂原じゃ。
大企業の施設と云えば「三井化学茂原分工場」が有るぐらいで、他は田畑に囲まれたのどかな田園の街というべきで、人が行き交う賑やかさなどどこにも見当たらん。
外房の中心都市とは云うものの、千葉市まで電車で40分、内房の市原工業地帯までは車で1時間弱と、いずれも遠く、人・カネ・物資が集まるという印象には程遠いのが現状であろう。
しかるに遊技場の方はほどほどに賑わっとると云うから多少不思議な気もする。
8年前に「トワーズ茂原」(640台)、7年前に「マルハン茂原」(696台)が連続して出来てからは、もうこれ以上新規で茂原に出てくるところは有るまい!と思っとったもんじゃ。
ところが、この茂原マーケットを敢然と“狙って”おった、とある大手が残っとったわぃ。
何を隠そうGAIA殿と並んで元気のある全国チェーン=「ダイナム」殿じゃ。
1年程前まで茂原のど真ん中に本社を構えて居った「ABC茂原店」を購入したというから驚くべき事ではないか!
ダイナム殿と云えば(M&Aのケースを除けば)原則物件は購入しない大原則の筈じゃ。
げんにABC茂原店も、当初「賃貸」に出すという事で、東京のパラッツオ殿が賃貸借契約を結ばれて、新店予定の看板まで出して居ったもんじゃから、てっきりパラッツオ殿でキマリかと思うておった。
ところがドタキャンされたもんじゃから、次は誰が賃借されるのか?と興味津々であった。
(2)その“空白”の時期にサッサと今度は「売買契約」を結ばれて決済もされたのが「ダイナム殿」と云う訳である。
しかも建物は“解体する”予定であるにもかかわらず丸ごと買われたんじゃから呆気にとられるではないか。
この買収の根底には、実は「ダイナム長生店」がある!とワシは見ておる。長生店は1円2円5スロ10スロの低貸専門店としてダイナムの関東有数の稼働を誇っておる。
長生村とは云うものの、茂原市との市境に位置しておる故、実質“原:ダイナム茂原店”の様なものじゃ。
つまり高稼働のダイナム長生店としては〈茂原マーケットは知り抜いておる〉という訳じゃな。
こうして茂原市のど真ん中のABCを買われたダイナム殿は、サッサと更地にして一から建物を建築された。そして出来上がったのが、512台の「ダイナム千葉茂原店」である。
購入されただけでも驚きなのに、なんと昨年暮れに福岡田川店から始まった《新しいダイナム標準店》の、関東第一号として世に問うてこられたから二度驚きじゃ。
丁度一か月前の本稿117号で記したように、《新しいダイナム標準店》とは以下の様じゃ。

━超大手企業の[新]標準店の意味━

○ 従来の20台島の長さに、16台しか遊技台を設置しない事で、台間が30cm位に拡がる。
○ 従って1コースは32台となる。
○ 入口に8コース、奥に8コースの計16コース。因って16×32台=512台と相成る訳じゃ。
○ 入口が従来の6コース→8コースに成る事で、店の間口が約8mほどワイドになる。
○ ポイントはスロット島が6コースとなって192台のパチスロが入る点じゃ。
従来ダイナム殿はスロットが強くない、もしくは台数が120~160台しかないという印象が有ったので、それを払拭する狙いが込められておるとみる。
げんにここ茂原では、一番店のマルハンのS台数が216台。JACK & BETTYが160台、トワーズが200台、グローブが144台、向いのHINOXが158台じゃけん、これで充分“闘える”というものじゃろう。
総台数においても、茂原商圏には700台を超す店舗が存在しないというのも、ダイナムの計算には入っておるわぃ。怖いのぅ、賢こさを発揮するダイナム殿は(笑)。
(3)もうひとつのポイントは、今回のダイナム千葉茂原店のスロット192台がオール10円スロットであるという点じゃ。
つまり5スロは無い!本誌117号でも取り上げた筑豊一番店と云っても良い「ダイナム福岡田川」(480台)では160台スロットが全台20円スロットに成ってもうたわ!
即ち最近の〈ゆったり館〉は必ずしも決して低貸し店では無くなってきている、という点に大いに注目せねばならぬのじゃ。
ここの茂原店にしても、仮に1年後も高稼働で推移するのならばいずれスロットは20円貸しに変更して来る事も大いに有り得ると云うべきじゃろうのぅ。
ほとんどの企業が、まだこのダイナム殿の“変身”に気が付いておらん。
その証拠にここ茂原でも、ダイナム殿の進出に合わせて“対抗改装”リニューアルしたところがほぼ皆無じゃ。
茂原の様な“衰退”都市では改装しておカネをかけても無駄だと思っちょるのか?もしそうだとすれば何のためにダイナムが実質、茂原“2号店”をカネかけて開けて来たのかは未だに解かっちょらんということじゃな。
(4)ダイナム殿の事ばかりを取り上げる結果に成ってもうたな。
しばらく関東の注目から遠ざかっておった千葉であるが、「AMUSE千葉」「キコーナ松戸」「キコーナ四街道」そして今回の「ダイナム千葉茂原」と、ここんところ連続して千葉県が話題をかっさらっておる気がするわぃ。
やはり、常に注意を怠らず市場の推移に眼を張り巡らせておかぬと、思わぬ異常事態に遭遇するやも知れぬ。
薩摩、長州、土佐の様にいつ何時我が徳川幕府に対して牙を向けてくるところが、この関東でも現れるやも知れぬ。助さん格さん、ぬかるでないぞ。



▼4/27にグランドオープンしたダイナム千葉茂原店
▼嘗ては関東有数の話題店であった(閉店した)アタリヤ茂原
▼真向いにダイナム新店ができたHINOX
▼マルハン茂原 カインズとニトリに挟まれた郊外店最高立地にて一番店を維持

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。