【紀伊の国=岩出市 篇 嘗ての大名不在エリアは現在も群雄割拠】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記(125)

【紀伊の国=岩出市 篇 嘗ての大名不在エリアは現在も群雄割拠】

いやぁ、同じ徳川御三家と云うても、昔から紀州徳川家(中納言)と我が水戸徳川家(中納言)とは何かと反りが合わんでのぅ。
一番有名なのは13代で徳川宗家の世継ぎが絶え、第14代将軍を決める際に大揉めに揉めた際の事じゃ。
当時、大老であった血筋重視の超保守派の井伊直弼が13代の寝所に呼ばれて〈14代目は紀州から!〉とか言う遺言を受け取ったの、どうだのと云う事で、当時聡明を極め、幕閣の評価で上回っていた我が水戸家出身(一橋家に養子に出されていた)一橋慶喜を退けて、わずか14歳の紀州徳川出身の「家茂(いえもち)」を14代将軍に就けてしまった事じゃ。
結局その家茂公も、わずか21歳で早死に為されてしもうて、晴れて第15代には水戸家血統の一橋慶喜公が就かれたという次第じゃ。
まぁそんな遺恨めいたことを呟いても何も始まらんし、今日は歴史的恩讐を捨てて紀州に乗り込もうではないか。

 

(1)和歌山県というても日本一でかい半島である紀伊半島の約5割を占めておって、大阪と接しておる和歌山市(36.0万人)、岩出市(5.3万人)に、和歌山市の南に接しておる海南市(5.3万人)の3市合わせると、県全体の人口=94.8万人の約半数を占める状態じゃ。
特に今日巡察する岩出市は、県内唯一の人口増加市で、関西空港からストレートに南に降りて来られるというのが、その最たる理由と云うから、関西空港もまんざらではないのぅ(笑)。
和歌山市は市内商店街が寂れておるようじゃから、買い周り品の大型ロードサイド店は、和歌山市から東に、紀の川を遡った岩出市に移りつつあるのが実情の様じゃのぅ。
そのためか和歌山県内の遊技場の激戦区は、早くからこの岩出市を中心として展開してきたと言っても良かろう。
岩出への新規での出店を追いかけてみると、

 

━千葉で大成功を収めた県外企業の新規出店━

 

ⅰ)「スタジアム2001岩出」(888台) 平成15年7月~ (大阪の八城観光開発㈱)
ⅱ)「WING岩出」(960台)      平成18年12月~(三重県の㈱永和商事)
ⅲ)「GAIA岩出」(616台)      平成18年12月~(東京の㈱ガイア)
ⅳ)「ダイナム和歌山岩出」(480台)   平成27年9月~ (東京の㈱ダイナム)
ⅴ)「AMUSE岩出」(1033台)     平成29年4月~ (大阪の㈱アミューズ)
※これ以外の居抜きとしては
「ガリバー岩出」(489台)      平成26年8月~ (大阪の国際通商㈱)

と云うように、岩出市内9店舗中、実に6店舗が県外企業の店と云う事に成る。
やはり皆、目ざといのぅ(笑)。遊技市場が和歌山市では無く、この岩出市でまだ発展するという事を嗅覚で感じ取っておられるわい。
逆にこうした県外企業の進出のアオリで、岩出の県内企業のお店は10店舗くらいが閉店しておる。

 

(2)人口が減らず、ロードサイド型商業施設の集まるのは、和歌山市から奈良の橋本市に向かって伸びる「国道24号」を中心とするものであることは云うまでも無い。
和歌山市との市境から順に、
「スタジアム2001」→「Beans25」→「ダイナム和歌山岩出」→「GAIA」→「WING」→「AMUSE」
という並びであって、こりゃ一直線で色々店を行ったり来たり出来るわのぅ。
便利と云えば便利な事じゃが、そのぶん細かい情報は直ぐに左から右に流れるじゃろうから、ヘマは打てんじゃろう。

さて、今和歌山県で最大の話題は?
と云えば、当然1000台超えで出られた「AMUSE」殿がどこまでその勢いを維持するかちゅうことじゃろう。
と云うのは“当然の如く”あの千葉市に勇躍出店為された、かの有名な『AMUSE千葉』(1111台)の伝説が、この和歌山にも当然伝わっておると考えるからじゃ。
昔だったらこんな情報はまず伝わらなかったもんじゃが、ネットが普及しまくっておる今日では瞬時で一般庶民にも情報が伝わってしまうからのぅ。
なにせ昨年11月11日に1111台で出店され、年末までに2億円ほど▲赤字を打たれたとか!の噂は有名じゃからのぅ。
さすればここ岩出に於いてもそうした饗宴が見られるのではないか、と期待しない方がオカシイというものじゃろう。
このAMUSE殿、見れば今どき珍しく、正方形の建物の上にマル円の看板を載せておるではないか!昭和から平成初期の郊外パチンコ店によく見られたパターンじゃから、一瞬珍しいと思ってしまうのは不思議じゃ。
また県下で2番目に大きなのパチンコ店と云う事も有り、正面入り口に「ローソン」を併設しておる。
これ等も“気合い”を感じさせるというものである。

ところでこのAMUSE殿と“まともにぶつかる”カタチに成ったのが、先輩格の「WING」殿ではあるまいか。
なにせ300mほどしか離れておらんからのぅ。
WING殿のお店の中でも最も儲かるかと思われるお店の近くに、事も有ろうに、千葉で武勇伝を作られたAMUSE殿が来られると云う事で、心中穏やかならざる気持ちだってことは間違いあるまい。
げんに今回の巡察でも〈和歌山だけは絶対に譲れない!〉との勇ましいイーゼルが目に飛び込んでくるではないか。
ぜひとも11年間地元で親しんでこられた意地を存分に発揮して頂きたいものである。

 

━強豪、超大型店もひしめくHot Spot━

 

(3)さてさて、WING殿だけではなく、この14年間というもの、ずっと地域一番店を維持してきた「スタジアム2001」殿も、同じ大阪勢の進出ということで緊張感を高められたことも間違いではあるまい。
しかもこの両社、本社所在地も近くて、スタジアム殿が豊中市、AMUSE殿が吹田市と、隣どおしではないか!さすれば余計お互い負けられんという気持ちが自然に高まるというものであろう。
じゃが、実際にスタジアム殿のお店を拝見したところ、とてもできて14年経つとは思えん位、頑丈で立派な建物じゃ。
おそらく今でも和歌山県では最もお金をかけた頑丈な建物ではあるまいかのぅ。
意外な事にこの「スタジアム2001」殿、(WING殿と異なり)何故か“泰然自若”としておられる。
きっと、ご自分の営業スタイルに自信を持っておられるのであろうのぅ。
げんに、この八城観光開発殿、九州では福岡の遠賀町と八女市に進出されて共に一番店を築き上げておられるから、その自信の程が窺がえるというものであろう。
そしてさらに今、福岡の宗像市に於いて、かの繁盛大型店である「FACE1500宗像」(1490台)の真横の「P・ZONE」を買われて、まともにフェイス殿と一騎打ちと云うから、体力十分なのであろうのぅ。

更に、スタジアム殿からほんの少し東に行ったところには、「ダイナム和歌山岩出」(480台)が、つい2年前に新規出店されておる。
最近のダイナム殿については、この『漫遊記』でも度々取り上げておるが、本当に“恐い”のぅ。
たとえライバルがマルハンだろうが、地域の老舗強豪店であろうが、全くお構いなしに〈2円P、1円P、10円S、5円S〉というスタイルで果敢に攻めて来られるから。
要するにライバル店の20スロがある程度強かろうがどうだろうが、関係なく今後は20円スロットは稼働が下がり、一段落とした10円の方にスロット客は移行してこられるという、信念の様なものを持っておられるとしか言いようがないからじゃ。
浪速まで戻らにゃあかんという時間の関係で、他の「ガリバー」や、地元「パチーズPLUS」の店などを見れない事に対し、詫びを入れとかにゃならぬな。残念ではあるが。
なににせよ、和歌山県でまだ超大型店で参入の余地がある場所として、ピンスポットで岩出市を狙い撃ちされた㈱AMUSEの岩谷殿は、大した御仁じゃな。
いまや千葉有数の有名店に仕上げられた「AMUSE千葉」にしてみても、当初パラッツオが行く予定でビルを借りておられたのを、途中で計画中止された“いわくモノ”である。
その物件を大阪から出て来られ大成功に導かれたのじゃから、AMUSEの岩谷社長はよほど“勝負勘”の優れた御仁と見ゆる。

 

既に県下では、和歌山市の「メトロヒルズ」(1200台)、海南市の「LOVE」(1031台)など、1000台超えの超大型店が存在して繁盛している。
人口100万人に届かない和歌山県に於いてこの大型店競争は、なにやら富山のごとき様相を呈してきたようじゃな。

 

(4)ところで紀伊半島を東西に横断する紀の川を越えて、南に下ると、そこは旧:貴志川町(現:紀の川市)である。
本来であれば大河で分断されて商圏は別の筈じゃが、さすがに今度のAMUSE殿の1000台超えの進出と、それに伴う“ワイガヤ”により、少なからず影響を蒙るであろう。
この旧:貴志川町には11年前に早々出店した「ダイナム貴志川(480台)」と、半年前に新規出店した「アリーナ貴志川」(610台)、それと「パチーズPLUS貴志川」(560台)の3軒が店を構えておる。
ここいら辺りの商圏に、どこまで岩出の“激戦”が影響を及ぼすのかは、今後暫く時間をおいて見にゃならんじゃろう。

 

(5)さぁてと、せっかく紀伊の国(=木の国)まで来たのじゃから、歴史に埋もれてしまって注目されることの無い事柄にも触れてみにゃならんじゃろう。
『雑賀(さいか)衆』と『根来衆』についてじゃ。
昔テレビで時代劇が盛んじゃった頃、“根来忍者”とか“雑賀忍者”とか“風魔”とかいう言葉が出て居った時期が在る。
伊賀や甲賀の忍者は分かるがのぅ。調べてみると、要は戦国時代に、織田信長にも羽柴秀吉にも、どちらにも“なびくこと”の無かった「国衆」とのことじゃ。
つまり信州と同じで、大名が不在で、力のある地元豪族が合従連衡して紀伊と云う国を治めちょったようである。
このあたり、真田丸の真田昌幸と同じじゃな。それと、紀伊の国は「寺社勢力」がどこの国にもまして強くてのぅ。
今は奈良大和の国や、伊勢の国の領内に一部成ってしまっておるが、朝廷の信仰も厚き「熊野本宮・新宮・那智」や「紀三井寺」「根来寺」「道成寺」「高野山金剛峰寺」など、名だたる社寺が広大な領地やら僧兵やらを持っておって、なかなか都の権力にはなびくことは無かった。
しかしワシの家康爺様が江戸に幕府を開かれるに当り、西国九州の外様大名が船を使って江戸に上って来るのを阻止するためには、ここ紀州は絶対に軍事的に抑えて置かにゃあならぬ所で、それ故、御三家の一つとして十男の頼宣公を、常陸の国からここ和歌山に移させて海路の守りを固めさせたのじゃ。
いまは和歌山と云うと、全国の鉄道や道路の幹線から完全に外れて“辺鄙な”県に成ったもんじゃが、昔は極めて枢要の地であったわけじゃ。
さあてと、折角じゃから和歌山城の有名な石段でも登っていくとするか、ガハハ。

 

▼AMUSE岩出 県下2番目の台数でローソンを併設。

 

▼スタジアム2001 W店舗スタイル。今でも建物は重厚。

 

▼全国最多のダイナムも出店済み

 

▼WING岩出 お隣三重県から進出。

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。