第167回 【常陸の国=神栖・鹿島 新店開店間近の特殊な市場環境を探る(前編)】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記(167)

【常陸の国=神栖・鹿島 新店開店間近の特殊な市場環境を探る(前編)】

 

 

久方の常陸の国であるぞ。

やはり自分の本籍のある國というモノは想いが深いものがある!というもんじゃ。
という訳で今日は常陸と言うても、水戸より南に下がった〈神栖・鹿島〉地帯が何やら騒々しく成っておるので、実地検分に参ることに致した。

この地帯の特色を一言で云わば〈新日鐵住金〉の巨大城下町ということじゃろう。
水戸徳川家の威光よりも、新日鐵住金の名前のほうが、ここでは“葵の御紋”として通るのではあるまいか。
悔しい気もするが致し方あるまい。

この地帯は坂東太郎(利根川)を挟んだ南側が千葉県の香取市で、かの有名な香取神宮の御霊が鎮座しておられる。
ここ鹿島神宮の御霊と併せ、関東の東部水郷地帯の地の霊の鎮座を為されておる訳じゃな。
この辺りはしょっちゅう震度3の地震が発生しとるが、この鹿島・香取の二神宮の霊力のおかげでそれ以上の激震の災害は免れて居るというもんじゃ。

しかるに今般、鹿島との市境の神栖市居切に「D’STATION神栖」が間もなくグランドするという事で、遊技業界では“激震”が走っておるのじゃ。
「Dステ」殿は千葉のヤワタ殿とのごく親しい関係から、千葉市浜野、旭市、妙典駅前など千葉県内に、ヤワタ殿とパートナー契約を基にドンドン新店を出店してこられた訳じゃが、どっこいここ茨城においても、破産した「WAKO」の跡地を更に買い足して「D’STATION WAKO鹿島」(852台)を造られ、茨城初進出を済ませられておる。
4年前の出来事である。
これが“大成功”されたもので、いずれは!?と思われておったところ、何と今回、鹿島の南隣の神栖市への2号店進出と相成るわけじゃな。

 

 

❶ しかるに〈鹿島・神栖〉と申さば、謂わずと知れた『REITO』『ともえ』殿という2社にとって重要な“地盤”とも云える土地柄じゃ。

鹿島工業地帯の好調な工場群という顧客対象が数多く存在し、早くより地盤を構築されておった。
思うに【鹿島・神栖】と云うても相当広いエリアと成ってしまうが、ドライブ大好き人間の多い我が常陸の国=茨城においては、実質的に【一つの商圏】と観ても大過なかろうとワシは考える。
と云う事で、現在の店舗の一欄に眼を通して頂こう。

【鹿嶋市】(市の名前として表記する場合は、この「鹿嶋市」となる)
➀「パールショップともえ7GET」 (スロ専421台)
②「パールショップともえ7GET2」(スロ専363台)
③「REITO鹿島」      (スロ専481台)
④「ダイナム鹿島」       (併設店480台)
⑤「TOKO鹿島」       (併設店720台)※福島市の法人で、場外車券場の隣
⑥「D’STATION鹿島」      (併設店852台)

【神栖市】
⑦「パールショップともえ奥野谷」 (併設1084台)
⑧「パールショップともえ神栖」 (併設459台)
⑨「パールショップともえ波崎」 (併設360台)※今回は激闘の商圏外として詳説を省く
⑩「REITO神栖」      (併設741台)
⑪「ダイナム神栖」       (併設480台)
⑫「ロイヤル神栖」       (併設504台)
⑬「ロイヤル波崎」       (併設384台)※今回は激闘の商圏外として詳説を省く
⑭「ハッピーランド神栖」    (併設423台)
⑮「フェニックス」       (併設401台)
⑯「マンモス」         (併設258台)
⑰「スロットZ:eus」      (スロ専160台)

以上の計17店舗のうち、殆ど銚子市に近い〈波崎〉の2店舗を除き、計15店舗が新店の「Dステ神栖」の影響を何らかの意味で蒙る店舗と成ろう。

 

 

❷ どうじゃ、この関東有数の工業地帯の両市に、合計8,153台の遊技台が在るということになる。
因みに両市の人口をこの遊技台数で割ってみると、遊技台1台当たりの支持人口は約20人ということになり、決して台数過多の“飽和マーケット”であるとは言えまい。

更に面白い事に、鹿嶋市での大手の「ともえ」と「REITO」の計3店が全て【大型スロ専】に“変身”してしまっている事である。
➀の「パールショップともえ7GET」がスロ専に変身したのはSLOT4号機全盛の2000年、
②の「パールショップともえ7GET2」は2015年頃、
③の「REITO鹿島」はつい1カ月前の7月7日のことである。

➀は元々239台の小型パチンコ店であったから、隣に引っ越して421台のスロ専にするのが最善の方策であった。
②は1998年に併設店としてできた時は328台で、当時新タイプ店舗であったが、その翌年1999年に③の「REITO鹿島」が同じ導線近くに628台の最新店舗で出店してきた後のコンペにて事実上“敗北”し、5.0号機のSLOT全盛を背景に3年前にスロ専に“変身”した事もまた良し、とすべきじゃろう。

問題は③の「REITO鹿島」が704台の併設店「だった」ものを➡481台のスロ専に一大変身したことの意味であるぞ!間もなくこの盆前にも「D’STATION神栖」がグランドオープンする故、ここは併設店のままで“真っ向勝負”に出るのではなく、SLOT部門から「Dステ」殿を崩そうとの戦略とお見受けする。
時期に於いても「Dステ」のグランドを8月9日前後と読んで、それより1カ月先の“先手必勝策”という訳じゃろう。

なかなかREITOの平文社長の現場感覚は相変わらず鋭いものが有るのぅ。
※「REITO鹿島」の詳細な分析の“お楽しみ”は、〈後編〉に譲る…
この「REITO鹿島」は1999年当時、パチンコの設計は滅多にやらず、LOFTとか西友とかの設計を得意とした乃村工藝社の設計による斬新極まりないデザインであってのぅ、ワシも当時真っ先に駆け付けてみたもんじゃ。
されどあれから19年も経過して、いまや当時の最先端デザインを以ってしても、新しく出来る「Dステ」への流出を食い止める事は至難と判断されたのであろう。
これまた賢明な策として評価すべきではなかろうか。
 

❸ 今度は神栖市に眼を転じて見て参ろう。

目下神栖にての“一番店”と云われるモノは、台数規模に於いても、実際の集客人数においても⑦の「パールショップともえ奥野谷」(1084台)であろう。
この店の場所はと云うと、必ず幹線路線バスの停まる鹿島セントラルホテルから、千葉の銚子に向けて走る産業道路の国道124号線で4㎞ばかし東南に向かったところで、神栖と銚子のちょうど中間地点である。
元は880台であったものが、業績好調の折り7年前の東北福島大地震の時の津波に襲われて被災した。
幸い建物構造には被害が少なかったようで、震災を機にまた一挙に1000台超えの巨艦店に“変身”したものである。

思うに今度の「Dステ神栖」の新店は、神栖と云うよりは鹿嶋市との境目辺りに出来るので、⑦よりもむしろ、⑩「REITO神栖」や⑪「ダイナム神栖」に“直撃コース”のようじゃ。
「REITO神栖」から「ともえ奥野谷」までは更に3㎞ほど東に向かわねばならぬ故、やはり此処に於いても「REITO神栖」の方に新店対策の課題は大きくかかって来ると云うべきではなかろうか。
しかも⑩と⑪とはモロ隣通しときちょるから、余計その感を強く致すというもんじゃ。
さあて、この⑩の今後の動きも実に見ものじゃわい。※〈後編〉のお楽しみに。

どっこい鹿島セントラルホテルの真向いに⑧「パールショップともえ神栖」が在る事を忘れてはなるまい。この店もモロ「Dステ」新店の圏内じゃ。
この店は1990年(平成2年)に店を開けた、いまや老舗中の老舗店じゃ。
これまでの過去に周辺に在った「WAKO神栖」「WAKO8」「プチトマト」等の遊技場を事実上閉店に“追い込んだ”実績をも有する好立地店である。

しかし時代はドンドン店舗の大型化を進め、3,000坪以上の敷地を有する⑩⑪のような大型店の出現により、一世を風靡する役割は終え、あとは利便性の高い超好立地を好む顧客を中心に、超大型店では出せない“味”を出していく営業に転換を図っているように見受けられる。

 

 

❹ さて、かように【鹿島・神栖エリア】の前編としてはソロソロここいらで終了と致したい。
盆前の「D’STATION神栖」がグランドしてからの具体的なエリア内の“丁々発止”の有様に付いては、改めて〈後編〉にてワシなりの分析を書かせてもらおう。
それにしても、このエリアの景気の良いこと!なんでも新日鐵住金の関連会社だけで300以上もあるようで、それらが日夜フル操業らしい。
こりゃ仕事の合間や終了後にパチンコ・SLOTを打ちたくなるのも無理はないわな。
鹿嶋市の遊技場では、このうち「ぱちんこ」が打てるのは「Dステ(鹿島)」「ダイナム」「TOKO」の3軒のみと成っておる。
そこに“第4の新店”として「Dステ神栖」が鹿嶋市との市境に間もなくオープンするというので、こりゃ見ものじゃろうて。

ちょうど仙台でも「Dステ」殿が宮城県で3軒目の店をやられる!と云うニュースが入って参った。
さて我が常陸の国に於いても、どこまで“暴れて”くれるものやら。

 

 

▼盆前にはグランドするであろう「D’ステーション神栖」

▼Dステ新店の影響を受けるであろう「REITO神栖」

 

▼REITO神栖と地続きの「ダイナム神栖」

▼新店からは少し遠いが警戒態勢の「パールショップともえ奥野谷」

▼神栖市での移動の拠点となる鹿島セントラルホテル 天皇専用宿泊室もアリ

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。