第175回 【備後の国=福山市 (後篇)薔薇の街で巻き起こる壮絶なコンペティションの今】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第175回

【備後の国=福山市 (後篇)薔薇の街で巻き起こる壮絶なコンペティションの今】

 

 

 

二カ月前の本稿(166)号にて、「メガGAIA福山明神町」(1173台)の出現を以って始まった、本格的な“福山戦争”の開始時点における緊張した街の様子について報告させてもろうたと思う。
あれから盆も過ぎて、閑散期に入った今日この頃、激しく予想された“福山グランドコンペ”の現状を見てみるに丁度良い頃じゃろう。
という訳で、博多からの帰りしな、福山で途中下車して久々にゆるりと廻らせてもらおうぞ。

そもそも何故〈福山〉を注視せねばならぬのか?からの復習が大事じゃろう。
毛利の勢力の圧倒的に強い〈備後、安芸、長府〉といった広大な国々には、そう簡単に他国勢が入り込めるものではない。
特に地元福山の《一富士興業》殿の「333」を始めとした店舗網の隙間を縫って、昔から福山に入り込んでおる、
岡山《HOLLYWOOD》の大型2店
岡山《WING》の3店
GAIA系の2店
ダイナムの2店
愛知の「コロナ」の1店
以外は、他県勢の福山進出は10年以上無く、安寧を維持しておった46万都市であったのじゃ。

これまでGAIA殿の2軒も“パッとした”とこは無く、地元《一富士》の長鋪殿と《ラ・フェスタ》の安田殿の元気度だけが目に付く、ある意味“平和な”都市であったわけじゃ。
なにせ福山市のシンボルと云えば【薔薇の花】じゃけんのぅ。
ただ、薔薇には棘がある。今般お盆前にその“トゲ”を剥き出しに為されたのが「メガGAIA福山明神町」であったわけじゃ。

 

 

もうひとつこの7月13日の「メガGAIA」の影で、案外注目されなんだようじゃが、実は福山市西部の、尾道市に近い《松永エリア》で、「ラ・フェスタ7」(スロ専500台)という20円SLOT専門店の大型店がグランドOPENしておる事もゆるがせには出来んのじゃよ。
500台のスロ専とは、また中国地方では最大規模の店じゃな。
これを地元の安田殿が、既存の「ラ・フェスタ5」(540台)に接着して5月3日にグランド為されておる事も忘れてはならぬ。
この店も今日はしかと覗いてみる事に致すぞ。
福山市の中心から遠く離れたこんな〈松永エリア〉で成り立つものか?が大いなる見どころじゃろう。

 

━福山市東部━

 

❶では早速、福山市東部の話題の“激戦区のその後!”から視察を始めようぞ。

前回の7月の時点では「メガGAIA福山明神町」と“もろ”被る「スーパーハリウッド1000」と「ラ・フェスタ2」は、GAIAグランドOPENを控え、両店とも〈長期お休み〉に入っておられた。
それがなんと!8月11日に【同日】リニューアルオープン為されたというから、まっこと“福山戦争”を盛り上げて頂けるではないか(笑)。

で、設置台数でみると・・・
★「スーパーハリウッド1000」  1008台 ➡ 936台 へと▲72台という減台
★「ラ・フェスタ2」         614台 ➡ 671台 への+57台の増台
という結果である。

「メガGAIA福山明神町」に対抗すべく、てっきりハリウッド殿はメガGAIAと台数で同規模に競われるのか?と思いきや、左に非ず。
却ってパチンコ台数を100台以上減台されて、その分SLOTコーナーをR島に変えて36台増台してこられた。
恐らく推測するに、メガGAIAのグランド時に休まず頑張った「GREATハリウッド800」(864台)の方にも配慮為されてのことであろうのぅ。
納得つかまつったわぃ。

かたや、「ラ・フェスタ2」の方もSLOTを+75台増設し(その分パチンコは▲18台の減)、店内のレイアウトを全面的に変更為された!
その結果[P270、S401]という、総台数の60%がSLOTという“攻撃型”の店舗に変身されたとみることができよう。

 

 

❷その結果、いかがな状況に成ったのであろう?

福山市東北部は、結局のところ
「メガGAIA福山明神町」
「GREATハリウッド800」
「SUPERハリウッド1000」
「ラ・フェスタ2」
の4店舗の動き方で、大勢が決まると云っても過言ではあるまい。

視察した金曜昼の稼働状況を見る限りでは、どうやらSLOTを中心に、この4店舗でお客が“上手に”分散したように見受けられる。
とは申せ、総人数では「メガGAIA」が一歩上を行っておるように見受けられる。

ここで感じられることは、
ⅰ)7月13 日のメガGAIAのグランドオープン時に「SUPERハリウッド」「ラ・フェスタ2」の2店が改装休業をとっておって、その後8月11日に“対抗”オープンした訳じゃが、やはり巨艦の新店が出現した時に、競争マーケットにおいて“お休み”するというのは得策とは言えないのではないか。

ⅱ)3カ月ほど改装休業して刷新されたはずの「SUPERハリウッド」殿ではあるが、外観上は殆ど何の“変化”も感じられず、SLOTコーナーの変更のみが大きく変わったとしか受け取れないのではなかろうか。

ⅲ)「ラ・フェスタ2」の方も、約1カ月休んでSLOTコーナーを思い切り斬新に変え、そのために遊技スペースの広さも拡張されたのは理解できるものの、これまたSLOTを拡張したことにより、「SUPERハリウッド」「ラ・フェスタ2」併せて111台もSLOT台数が増えてしまい、その結果「メガGAIA」も含めて稼働の密集とは逆の現象が起こってしまったと言えはしまいか。

 

━松永エリア━

 

❸かかる福山市東部の激戦を尻目に、市中部で全国トップクラスの稼働率を続ける「333(スリースリー)」は余り大きな影響を受けることも無く、相変わらず9月も全国トップに何週か輝いておられる。

これを以って“漁夫の利”と云うのは失礼であろう。
やはり長年培ってこられた自店客との信頼関係さえ崩さなければ、スーパー店舗としてのお客の評価は揺るがないモノである、と総括するのが妥当ではなかろうか。

さて、急ぎ今度は福山市西部の〈松永エリア〉に向かうぞ。
例の巨大スロ専の「ラ・フェスタ7」が気になるところじゃ。
ハッキリ申してもうこの辺は《尾道マーケット》の一角であると申して差し支えあるまい。
恐らくそうした読みでラ・フェスタの安田殿は
➀「ラフェスタ5」(540台)
②「ラフェスタ7」(500台)
で、合計1040台のW店舗にしてこられたのじゃろうと推測する。

実はこの〈松永エリア〉にも一富士殿のネットワークは張り巡らされておって、
③「Plus-1」(406台)
④「Plus―2」(276台)
⑤「Plus-3」(480台)
の3軒が5km圏内に位置しておる。

更には
⑥「ダイナム松永」(480台)
⑦「メタルウィンⅡ」(238台)
⑧「メタルウィンⅢ」(193台)
⑨「ベガス松永」(401台)
なども併せると、計9店舗も存在する激戦区である事が分かる。

このうち➀②⑧⑨の4軒はほぼ国道2号線沿いと云ってよいのに対し、残りの5店舗は松永湾を取り囲むような住宅地(兼)工業団地近くの店舗である。
やはりこれだけ店舗が多いと、安田殿でなくとも1000台での“リーチ”を賭けたくなるところであろう。
特に⑧の「メタルウィンⅢ」が20スロのみの専門店である事に倣ってか、②の「ラ・フェスタ7」は20スロのみの大型専門店である。

広島県内でも500台のスロ専というのは最大台数ではなかろうかのぅ。
それだけにこの〈尾道市と接するマーケット〉にかける意気込みというものが強く感じられる。
※尾道市に付いても、いずれかの機会に『漫遊記』にて取り上げさせてもらう事に致そう。

 

━神辺エリア━

 

❹さてと多少歩き疲れたが、これで福山を去るとなると、次に来れるのはいつに成るやも知れぬ。
折角じゃから市の北部の《神辺(かんなべ)エリア》もチラっと覗いて参ろうと思う。

もともとこの辺りは旧:神辺町として独立しておったもんじゃが、時代の趨勢とやらで福山市に合併されてもうた。
岡山県の井原市に接する戦略的に重要な場所じゃろう。ここにも一富士ネットワークは張り巡らされておって・・・
⑩「ローズガーデン」(480台)
⑪「666(スリーシックス)」(364台)
⑫「Pia’92」(312台)
の3店が要所を押えておられる。

他に
⑬「WING神辺」(585台)
⑭「スロットWING」(224台)
⑮「K-1 500」(500台)
⑯「K-1 400」(408台)
⑰「ダイナム福山」(480台)
⑱スロ専「456」(258台)
⑲「マンハッタン神辺」(640台)
⑳「遊べるファンタ」(298台)
など・・・
11店舗ほどが競い合っておって、これまた激戦区じゃろう。

ただ福山全体に云えるかもしれんが、郊外店」で“潰れる”店は案外少なくて、それなりに小さな店でも頑張っておる。
それだけ、福山市という所は【遊技人口が多い!】街ということができる、とワシは常々思っておる。

 

 

今日は残り少ない時間の中で⑩ローズガーデンと、それに隣り合っておる⑯K-1 400の2店だけを観て帰る事に致そう。
ワシが遊技業界に関心を持ってまだ間が無い頃、業界誌を読むとこの2店の事が取り上げられておったのを見た縁が有るからじゃ。
今から10年前の頃になるが、地元の“王者”一富士殿の直ぐ近くに400台の新店を“ぶつけていく”というのが珍しかったもんじゃ。

今日に十年ぶりに覗いてみて、改めて「ローズガーデン」の凄さが実感できたわぃ。
福山の住宅密集地ならいざ知らず、府中街道のこんな一角で豪華で重厚な建物を造られて、当時はちと“やり過ぎ”かとも感じられたもんじゃ。
が、今になって思えば、しっかりとした器を築いておかれたら、却って15年の経過が輝きを増し加えるのだ!と云うことを学ばせてもろうたわぃ。
ここまで来た甲斐があったというものじゃ。

結果「K-1 400」殿の方は大型低玉専門館として久しく生き残って行く道を選択される事となった。
よいものを見せて貰えて、ごちそう様と言いたいわぃ。

 

▼改装された「SUPERハリウッド1000」

▼改装された「ラ・フェスタ2」

▼広島県最大級のスロ専「ラ・フェスタ7」と、併設の「ラ・フェスタ5」

▼福山市北部の府中街道沿いで15年間強い「ローズガーデン」

▼大型低玉館として生き残る「K-1 400」

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。