第183回 【下総の国=船橋市 その(2)篇 独立エリアに出来た1,000台級店舗の今】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第183回

【下総の国=船橋市 その(2)篇 独立エリアに出来た1,000台級店舗の今】

 

 

前々回は、船橋市の東部、すなわちと八千代市、習志野市との境界に多数ある名店を検分した。
今回は逆に市の西部、すなわち市川市、鎌取市と接するあたりの〈藤原地区〉に4軒並ぶ“独立エリア”と云っても良いところにある郊外店を検分して廻ろう。

どうもこの〈藤原地区〉という場所は不思議な場所で、船橋市のど真ん中を縦断する幹線道路の〈船取線〉と、〈船橋松戸線〉のちょうど中間を南北に走る県道沿いの場所じゃ。
CR機が出始めの頃、ここに「時計台」という素晴らしく高稼働な“知る人ぞ知る”名店があった。
いや今も在る!店名を「WIN BELL Kazan」(590台)という風に変えられて。
旧い人間のワシ的には、元の「時計台」の方が良かった気がするのじゃが(笑)。

ところでこの〈藤原地区〉には昔から4軒の遊技場がほぼ並んでおる。
そしてこの4店から4km四方には郊外パチンコ店が存在しない!という不思議なロケーションであるぞよ。

次に、船橋市の西部と云えば〈西船橋駅〉周辺の駅前型店も見逃すわけには参るまい。
なにせ西船橋駅は、総武線快速電車は停まらぬとは云え、JR武蔵野線と東京メトロ東西線とが交差するターミナル駅じゃからのぅ。
この〈西船〉駅周辺にも4軒のパチンコ屋が存在する。
ささ、今日は都合この計8店を巡回すると致すぞ。

 

 

❶ 先ずは〈藤原地区〉の店から。
開設の旧い順に、

➀「パチーノHINO船橋」(332台)
 ②「GAIA藤原SLOT館」(356台)
 ③「WIN BELL Kazan」(590台)
 ④「フラミンゴ藤原」(576台)

の4軒じゃ。
もう1軒この北に「リバーサイド」という300台強の店が在ったが潰れて、実に20年以上この4軒の組み合わせというのも実に珍しい。

②の「GAIA藤原SLOT館」は開設時「ジパング」という店名からスタートし、「GAIAトリプルパーク」➡「AION」➡「REX」➡「CYBER」と次々と名前を変えられて、遂に今のGAIAスロ専に到着しておる。
実に6回も名前を変えられても、此処に“踏みとどまった”と云う事は、この〈藤原〉が程ほど“おいしい”場所と云う事の証明でもあるわな(笑)。
今はGAIA殿お得意のSLOTで攻勢をかけようとされておる。
ただ、1,500台クラスの『メガGAIA』を見慣れた眼には、356台のスロット台数と云えど、多少迫力不足にみえてしまうから不思議なもんじゃんのぅ。(失礼)

③の「WIN BELL Kazan」は先にも記したように20年前は「時計台」という、およそ風俗営業らしからぬ素敵な名前じゃったわぃ。
店内は照度がかなり暗かった記憶が有るが、それが却って良いのか?バッチリ固定客が付いておった。
当時からこの4軒の中の一番店じゃったが、照度が“普通”に戻った今も、結局一番店を維持しておるわぃ。

➀の「パチーノHINO船橋」は現在はダイナム殿のように、2パチ、10スロをメインとした低貸し店に変身しておる。
地区で唯一の低貸し店として、このまま充分生き残っていける事は間違いあるまい。

④の「フラミンゴ藤原」は最近、四街道や千葉市で数軒、小型店を閉店されておるが、中・大型店を中心にしてグループ店をReデザインされておるようじゃな。
これが上手くゆかれて、千葉の“古豪復活”と成る日を楽しみに致したい

 

 

❷ さて、藤原地区はこれ位にして、西船橋駅の方に移動しようぞ。
これも旧い年代順に、
⑤「BON」(235台)      ※西船橋駅北口の真横の、老舗中の老舗店
⑥「西船スターダスト」(436台) ※ご存知、山形屋殿の店舗
⑦「西船スターダストⅡ」(155台)※スロ専
⑧「GAIA西船橋」(1049台)  ※今年2018年4月に一挙400台増台し1000台超店舗に。

の4軒じゃ。
西船橋駅というのは間違いなくターミナル駅なのじゃが、何故か北口も南口も駅前はパッとせんのぅ。
乗換がメインの駅と云うべきじゃな。
⑥⑦の「スターダスト」殿も旧い建物のままで十分といった塩梅じゃ。

その中で注目すべきは⑧の「GAIA西船橋」殿じゃな。
正直申して西船橋駅から歩いても5分はかかるから決して駅前店舗とは申し難い。
立派な自走式駐車場も付いておるが台数は300台強ということで、遊技台数の約30%をカバーするだけじゃ。
街中でこの300台の駐車台数があるだけでも有り難いのかもしれんが、カーパチ店として見た場合でも中途半端の感はぬぐえまい。

そして問題は交差点の角に位置しておるゆえ、西と南側からアクセスするお客は店の裏手をグルッと回り込まなければならぬ事じゃな。
救いは、真向いがメガドン・キホーテじゃから、非常に認知されやすい店という事は云えるじゃろうのぅ。
ま、戦さ慣れしておられるGAIA殿の事ゆえ、そこら辺りは十二分に計算に入れた上での400台増台であろうが・・・。

 

❸ という訳で、やれやれ船橋市の西部=東京寄りに位置する遊技場、しめて8店舗は一通り巡回致した。
それにしても、大昔から船橋の遊技場は昔からまとまりが良いのぅ。
20年以上前は、市内に58店舗くらいも店があったが、「船橋遊技場組合」と「船橋東遊技場組合」とで仲良くまとまっておられるようじゃ。
船橋市内に遊技場店舗を持つ!というプライドを、各店がそれぞれ強くお持ちなんじゃろうのぅ。
今後の厳しい射幸心の抑制と云う時代の流れにあっても、願わくば現在の「まとまり」がバラバラになる事無く、現在の40店舗強の存在を維持して戴きたいものじゃ。

 

▼昔から地域一番店である、「ウィンベル・カザン藤原」

▼6回目の店名変更で勝負をかける「GAIA藤原スロット館」

▼GAIA藤原のほぼ真向いの「フラミンゴ藤原」

▼ヒノックスの老舗店舗「パチーノHINO船橋」

▼西船橋駅周辺で300台強の駐車場を備えた「GAIA西船橋」

▼百万弗に次いで市内2番目の老舗となって健在の「BON西船橋」

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。