第203回 【相模の国=海老名市 篇 業界売上上位BEST5が火花を散らす大激戦区】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第203回

【相模の国=海老名市 篇 業界売上上位BEST5が火花を散らす大激戦区】

 

 

 

 

相模の国と云わば、藤沢、茅ヶ崎、平塚、厚木、大和、座間、秦野など、いずれも遊技業界にとっては激戦区として何かと話題に昇る事が多いと思われる。

ただ同じ湘南でも〈海老名市〉については、「スーパーDステ」とか「GAIA NEXT」とかの1000台以上の店が有るにもかかわらず、案外〈特集〉として取り上げられることは少なかったのではあるまいか。
人口密度で比較してみれば、1㎢あたり海老名は約5,000人で、平塚の3,800人、厚木の2,400人、秦野の1,600人よりもずっと密度が濃い。
さすがに藤沢の6,200人、茅ヶ崎の6,700人には及ばぬものの、充分に“都会的”であると云うべきであろう。

道理で海老名駅から歩いて3分のところの旧:ワーナーMYCAL(現:イオン)内に、日本初のシネコンができたというのも頷けるのぅ。
そして海老名駅の正面左側には、小田急のオシャレな『ビナウォーク』が出来とるし、最近では駅北口に『ららぽーと』まで出来て、随分賑わっとるのも頷けるというものじゃ。

こたび4月20日に「キコーナ海老名」(1200台)がgrand openしたことで、俄然、海老名は着目せざるを得なくなったというべきじゃろう。
なにせ『GAIA』『Dステ』『キコーナ』の3社をよ~く見れば、パチンコ業界の売上ランキングでは現在3位、4位、5位ということで、いつこのrankingが入れ替わってもおかしくない超大手ばかりじゃ!
さらに海老名市内には、『二ラク』『ジャパンニューα』という大手も店舗を持っておる。

つまり市内6店舗中5店舗までが《大手ばかり》という“異常な”マーケットということになる。
残るあと1店舗の「P-Rex」殿にしても、海老名市〈相鉄線さがみ野駅〉周辺の大地主ということで、リッチな企業と聞いておる。

こりゃ海老名市も、否応なく目を凝らして観察せねばならぬことになって参ったというべきではなかろうか。

 

 

 

❶ 今回grand openしたこの「キコーナ海老名」、元は〈ジリオン海老名〉と云う380台位の標準店であった。
それがなんと1200台というから、実に3倍以上への“大変身”である。

丁度2年前、厚木市を中心に神奈川県内で「ZILLION」8店舗展開しておった㈱藤光の全店舗を、アンダーツリーの木下殿が吸収分割契約によって取得されたことは、いまだ記憶に新しい。
この藤光の店舗をじっくり時間をかけて順次「ZILLION」➡「KICONA」に店名変更を進行されておる最中じゃ。
その中でもこの「海老名店」が、2年前のМ&Aの最大の眼目だったということになる。

実は案外多くのカタは気づいておられぬが、この神奈川県下で最も店舗数の多い会社は?と云うと、実は「KICONA」「タウンライト」「ZILLION」の名で22店舗展開する、『アンダーツリーgroup』と云う事に成るのじゃ!
大阪市に本社のあるアンダーツリーgroupが、遠く離れた神奈川県で最大店舗数であるというのもビックリな話しじゃろ。
昭和から平成にかけての神奈川といえば、当然の如く《三益球殿group》《平楽group》《ジャパンニューα》といった神奈川での老舗企業の名前が必ず挙がったものである。
それがなんと今は『キコーナ』である。

 

 

 

❷ こうなってくると『GAIA』殿も『Dステ』殿も、ウカウカできぬ心境ではあるまいかのぅ。

GAIA殿にあっては、つい3~4年前までは、グループで当時180店舗超あったうち、この「GAIANEXT海老名駅前」店が売上1位のドル箱店舗じゃったわけだから…それと総店舗数だけでみると、ヘタしてこのままいけば(店舗数)においても「アンダーツリーgroup」が、「ガイアgroup」を越してしまうかもしれぬのじゃ。

いっぽう総店舗数では現在53店舗のDステ=『NEXUS㈱』は、今年の決算では確実に3,000億円の年商を越し、売上だけで見ればパチンコ業界の第4位に浮上してくるのは確実である。
しかしキコーナ=『アンダーツリー㈱』も猛烈な勢いで売上も伸ばしておって、売上げの順位は頻繁に変動する可能性も大であろう。
「Dステ」殿も安穏とはしていられぬ状況であろうこの状況で、業界売上3、4、5位の各社が、ここ海老名を舞台として“火花を散らす”状況は、想像するだけでも興奮するではあるまいか。

 

 

 

❸ さて各店を廻る前に、海老名市内の遊技場の概要を一覧致すとするか。

➀「GAIA NEXT海老名駅前」(1040台)   ※2003年12月grandし、②と同日にrenewalopen
②「スーパーD’station海老名」(1000台) ※2015年4月24日grand
③「キコーナ海老名」(1200台)      ※2019年4月20日grand
④「JNαサンファイア」(401台)      ※1999年12月grand。JR相模線「門沢駅」近く
⑤「二ラク海老名本郷」(675台)      ※2013年8月grand。④より更に東の住宅地の近く
⑥「P-REX」(532台)           ※相鉄線「さがみ野」駅前のため、➀~⑤とは殆ど競合せず、海老名市というよりは座間市の店舗と云った方がよい

上記の様に、今回の③「キコーナ」の影響を受けにくいと思われる⑥のPOP-REXを除き、➀~⑤は全て大手企業の店舗である。

まずは駅カブリ付きの➀「GAIA NEXT」から。
2015年に従来の「GAIA」➡「GAIA NEXT」に変えて大リフレッシュopenした際は、信じられない程の賑わいであった事が未だに網膜に焼き付いておる。
ちょうど「スーパーDステ」のgrand openと同日のリニューアルopenだったこともあって、その日以降はこの➀のGAIA、②スーパーDステの2店は沸きまくっておった。
いま改めて覗いてみたが、実に“平常営業”で世間によくある“3割稼働”というヤツじゃな。

更に歩くこと2分で②「スーパーDステ」に到着。
ここも同じく今日は“3割稼働”。
直観的には海老名駅周辺への集客力を考えたら、チト物足りない感じがする。
やはりマーケットが“停滞”しているという事なのであろうか?と云う事はこのGW前の20日に③「キコーナ」がgrandするということで、10連休は海老名駅周辺も相当沸く!というこっちゃな(笑)。
何事も超プラス発想。

 

 

 

❹ 次に海老名駅とは遠く離れている④「JNαサンファイア―」まで脚を延ばしてみよう。

最寄り駅はJR相模線の〈門沢駅〉ということになるが、無人駅で、④JNαに行くのにこの駅を利用する者はまず居らぬじゃろう。
おまけに海老名駅前からは約6kmも離れておって、あたかも別商圏の如き雰囲気じゃ。

じゃが③「キコーナ海老名」の出現により、この門沢から北上する遊技客はかなり居ることは容易に想像できる。
ほんの4年前に②「スーパーDステ」が出来るまではここも結構賑わっていたじゃろうが、②③が同日にgrand openしてからはかなり苦戦気味と見受けられる。
④周辺の中小工場や工事現場のブルーカラーの遊技客でなんとかモッておる雰囲気じゃな。
ここは④「キコーナ」の登場を機に、ひと踏ん張りしてもらえば、なんとか成るエリアだとは思うがのぅ。

この④から東に1.5kmの〈本郷〉というエリアに⑤「二ラク」が約5年前から出店しておる。
ほんんまにこの場所は誰も眼を付けぬようなパチンコ“空白地帯”である。
電車もバスの便も殆ど無いこんな全く“パチンコ慣れ”しておらぬエリアに、店を出された「二ラク」殿の調査能力には、正直舌を巻かずにはおられぬわぃ。
じゃが、狙いは良かったものの、周辺団地の人々をパチンコに巻き込むのに、相変わらず苦労されておるように見受けられる。

※⑥「P-Rex」については殆ど大和市に近い相鉄線「さがみ野駅」前ということもあって、今回の海老名の変動とはあまり関係がござらぬようじゃ。よって今回の巡察では割愛させてもらい、いずれ《その後の座間・大和商圏》とでも取り上げる際に、しっかり分析させて頂くことでお許し願いたい。

 

 

 

❺ これで取りあえず第一回目の《海老名紀行》は終わりとしたい。

改めて〈海老名駅〉に着目してみると、再発見できることが有る。
それは西隣の厚木市の〈本厚木駅〉との比較じゃ。

〈海老名駅〉のほうは、小田急線、相鉄線、JR相模線の乗り換えるターミナル駅であるのに対し、〈本厚木駅〉のほうは小田急線の快速停車駅にすぎぬ!という事実である。
パチンコ業にあっては、大昔から何かと本厚木駅を中心に北に拡がる《厚木商圏》の方が圧倒的に記事で取り上げられることの方が多かったと思われる。

じゃが、こたび〈相鉄線〉がJR横須賀線と繋がることで、横浜駅を経由せずとも、渋谷・新宿方面に座ったままで行けるようになる事で、〈相鉄線〉の価値が一気に上がると思われる。
そういう意味でも、今後〈海老名駅〉北側のららぽーと周辺には、まだまだマンション等が出来て発展するのではあるまいかのぅ。
「キコーナ」殿が、厚木市では無く、ここ海老名で“勝負を賭けられた”ことにも、こうした深慮遠謀があるのやも知れぬ。

 

 

 

▼遂に関東でも1200台の大型店を手掛ける「キコーナ海老名」

▼全国売上第3位のGAIAグループの旗艦店舗「GAIA NEXT海老名駅前」

▼全国売上第4位となるネクサス㈱の「D’station海老名」

▼海老名駅前より6km離れた「ジャパンニューαサンファイアー」

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。