第206回 【備前の国=岡山市中区 続篇 県下4番目かつ県外企業のメガ店舗が及ぼす影響】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第206回

【備前の国=岡山市中区 続篇 県下4番目かつ県外企業のメガ店舗が及ぼす影響】

 

 

備前に参るのも九カ月ぶりとなる。

あん時は気温35℃の炎天下を、岡山市南部にちょうど1年前に同時オープンされた「123」の2店舗を中心に周囲を歩き廻ったのぅ。
今想い出しても我ながらようヤッタと感じるわぃ。
〘※黄門ちゃま(168)ご参照〙

更に一昨年秋には今回廻るのと同じ、旭川よりも東の岡山市中区にできた「マルハン東岡山」を中心に、更なる新店の出現を予言しておいた。
〘※黄門ちゃま(137)ご参照〙

1年半前の時は、東岡山方面に「nikko」の新店が出来るだの、まだ工事が始まらぬだのと何かと喧しかったのぅ。
じゃが見てみよ、やはり遂に出来てしまいおったわぃ。そこで今回は岡山第3弾として、再度JR東岡山駅を中心とした“激戦区”に踏み入ることと致す。

 

 

❶ 永らく“平和”であった岡山市の遊技場環境であるが、1年9カ月前にできた「マルハン東岡山」(680台)の出現により大きく“動き出した”。

爾来「マルハン東岡山」は、(次に「123」の3店が出現するまでは)ずぅ~と稼働率で市内一番をキープしてきたと聞いておる。
ただその後、延田殿が倒産した『GET GET』を新設分割(?)により取得され、昨年一気に3店舗の大型の「123」としてgrand openさせてからは、岡山に“ノブタ旋風”が吹いておって、「マルハン東岡山」と合わせ、いつもこの4店舗が岡山市内の稼働上位につけておるようじゃのぅ。

そこで早速4/25日にgrand openしたての「nikko東岡山」に急行致そう。
前回『黄門ちゃま(137)』で一度周辺については触れておるので、今日廻る店舗は…

➀「nikko東岡山」(1276台)※国道250号から南に500m程入った工場地帯の中で、百間川の土手沿いという“シビレル場所”に位置する。②~⑤が全て国道沿いという中での、将に“背水の陣”である。
②「マルハン東岡山」(680台) ※2017年盆前に、岡山県内3店舗目としてgrand open。相変わらず高稼働
③「バージン東岡山」(707台) ※国道250号と県道との〈宍甘〉交差点に位置し、立地的には最高の場所
④「ハリウッド東岡山」(517台)※➀②ができようとも一切動かなかった不動の構え
⑤「ダイナム東岡山」(511台) ※2003年に華々しくopenし、当時は岡山市東部では一番店であった。

の、以上5店舗である。
②~⑤にかけては1年半前に廻った時と大きくは変わっておらぬので、主に➀を中心とした分析となることをご了承いただこう。

 

 

 

❷ そもそも「nikko東岡山」の1276台という台数に着目。

これがなんと県下最大台数となることに、今更気づかされる。
広島には巨大な

「ナショナル会館」(1451台)
「メガGAIA福山明神町」(1175台)
「スーパーHOLLYWOOD観音」(1040台)
「VITAプローバ」(1040台)
「angelo&Leone」(1000台)
「sans victory」(1116台)

等の巨艦店が、各社総出で造っておられるのに、どういう訳か、岡山にはこれまで1000台の店は

「123+N岡山本店」(1030台)
「スーパーHOLLYWOOD倉敷」(1060台)
「nikko久米」(1000台)

の3店舗しか存在しなかった。
広島県と比べ岡山県が特段経済力が下回っているとは、ワシには到底思えぬ。

どうもワシの見立てでは《岡山県人は見栄よりも実利重視》の現実主義的傾向が高いようじゃ。
それと岡山県下の遊技場経営者は基本的に殆どみんな“知りあい”ばかりな故、徒な競争でお互いの体力を消耗しないという、合理的な考えが根強くあるからではないか、と思われる。

ところが「nikko」の川井殿はかかる岡山県人気質とは異質の“愛媛県人”であられる。
まして現:岡遊協の理事らからみたら“非主流派”となられた、元「タイガー」の島本(元)理事長の店を3軒買われたという経緯もある。
よって、川井社長からすれば独自の哲学で店を出されることに何ら支障は無いと思われるのである。

➀「nikko東岡山」で二番目に着目すべきは、開店日が4月25日であったことじゃ。
「ニッコー」という呼び名からしても「二十五日」という開店日にどうしても拘りたかったお気持ちも重々伝わって来る。

ただその為に、24日に営業許可が当局から出て、【会員募集するいとまも無く】即翌日25日のgrand openと相成った!と聞き及ぶ。
そのためか25日当日は約60%位の稼働で終わり、満台には程遠かったようじゃの。
じゃが、そこはしたたかであられる川井殿、GWの10連休をチャンと織り込んでのgrandだったわけで、連休中にはスロットを中心に遠方からも大いにお客が集まって来たようじゃ。

 

 

 

❸ 「nikko東岡山」で三番目に驚かされるのは、SLOT台数が700台という“ケタ”外れの規模であることじゃろう。
これまた岡山県下では断トツである。台数だけではなく、その中身が驚かされる。

いま20代若者を中心に圧倒的な人気の『Re:ゼロ』が、なんと65台もboxに成っておるではないか!大都に聞いてみにゃわからぬが、恐らく“日本一”の設置台数ではあるまいか?!
因みに最大のライバルと見做される「マルハン東岡山」には、Re:ゼロが《0(ゼロ)台》、「123+N岡山本店」には3台というから、県下の若者からすれば、目下のところRe:ゼロを打ちたければ、圧倒的にこの➀「nikko東岡山」に集まって来ると云うカタチじゃろうて。
現にワシらの来とる今日29日にも、開店から1時間でこのRe:ゼロは満台じゃ。

Re:ゼロ以外にも、若者中心に根強い人気の『聖闘士星矢』が42台、更にメダルが出過ぎて人気絶頂を続ける『DISK UP』が46台と、全てが従来の“岡山スタンダード”とは段違いの“尖った”内容と成っておることに驚かされる。

 

 

 

❹ 「nikko」を経営する㈱日光商事は愛媛県新居浜市の会社、「セントラルDIVO」を経営される㈱慶尚は高知市の会社であり、共に岡山・倉敷に進出されて成功されている。
また「123」「GET GET」を経営される延田グループは、自ずと知れた大阪市本社の関西最大手企業である。

それにしても、岡山のいわば“ドン”とも云うべきハリウッドgroupは、上記の県外勢の岡山県進出に対して、目下のところ派手な“対抗策”は、殆ど出しておられぬ。
これまた非常に“不気味”と云うべきじゃろう。
これは“大人の気持ち”での余裕の表れとみてよいのであろうか。
資金力と組織力とをみれば、おそらくそうであろう。

他県の例を出して恐縮じゃが、例えば群馬県という県に於いては、2000年以前の地元大手といわれた企業は、殆ど影を潜めて殆ど見なくなってしまった。
※今を時めく「D’station」=NEXUS㈱は1995年創業ではあるが、実際は2000年以降に一気に大きく成った、謂わば群馬の新興勢力である。
古くから残る県下企業としては、太田市の「アスカ」=㈱AICホールディングくらいしか思い浮かばんくらいじゃ。
いずれにしても群馬県は「Dステ」を除けば、ほぼ完全に「マルハン」「ダイナム」「ガイア」「MGM」「やすだ」等の県外勢にホンマに“さらわれて”しもうた。

岡山県が、かような群馬県の様な例に該当する事は多分無いとは思う。
されどそろそろここいらで、岡山県企業の“逆提案”のようなものを見せて欲しいものよのぅ。
「ハリウッド」「マルハチ」「バージン」「ジャンボ」等を始めとする県下大手の一層の奮闘を期待するばかりじゃ。

 

 

 

❺ それとなにげに目立たぬかもしれぬが、「ダイナム」殿のSLOT強化の動きをも見逃してはならぬぞ。

昨年あたりから自店のSLOT台数を《190台》位に増やしてくる店がドンドン増加中である。
従来ややもすると《ダイナムはパチンコは強いが、SLOTはどうもイマイチ》という見方をあらかたされておったと思う。

しかし去年からは盛んに《チャレンジするダイナム》へと大きく方針変更されて、特に【PBブランド機の開発・積極導入】と【SLOT強化・増設】がドンドン進んでおる状況じゃな。
ここの同一商圏にある⑤「ダイナム東岡山」にしても、一昨年10月の『黄門ちゃま(137)』の時点では、総台数が〈480台〉だったものが、いつの間にか今見ると〈511台〉となり、SLOTが160台だったものが、191台となっておる。

たかだか31台の増設かと甘く考えない方がよいぞ。
組織力、統率力抜群のダイナム殿のこと故、ジワジワと顧客に浸透していく事は不可避じゃと考える。
しかも、SLOT増設に併せて、〈10円SLOT〉の強化を盛んに追求されておる。
かたや全国大手の間では〈SLOT47枚貸し=21.27円〉という単価アップの動きも強くみられる中にあって、むしろ貸しメダル単価を〈10円〉の“主戦場”に持ち込もうとされるダイナムの動きに、ワシは共感するものを強く覚える。

今年の11月頃にも、再び岡山に参って➀「nikko」殿の投げた一石が、どう「123」「マルハン」「ハリウッド」「ダイナム」等の大ダナに響くのかを、シカと見定めようではないか!

あっイカン、まだ白桃もマスカットも出て来ぬ季節じゃ。
されば黍団子の土産でも買うてゆかんと、奥にあやしまれるやもしれんぞ(笑)。
くわばらくわばら…

 

▼川沿いに見える、「nikko東岡山」の威容

▼2年前に先輩店舗として岡山を沸かせた「マルハン東岡山」

▼国道沿いで、東岡山では最高の立地を押えている「バージン東岡山」

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。