第216回 【常陸の国=龍ヶ崎、牛久 篇 市境の地元勢と全国チェーンの戦い】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第216回

【常陸の国=龍ヶ崎、牛久 篇 市境の地元勢と全国チェーンの戦い】

 
 
 
 
先週は我が領国の南端にある〈取手市〉を巡回致したが、今日はまたまたその取手の北隣となる、龍ヶ崎市と牛久市の巡察の任である。
水戸藩の領内がなにやらと、大目付より騒がしいと書状が届いた故、査察せざるを得まい。

その書状によると、またまた今回も『キコーナ』殿である。
阿見町から発してアッという間に茨城の有力チェーンに急成長してきた『AМZ』のうち2店舗が、『キコーナ』殿に吸収分割された。
そのうちの1店舗が「AMZ牛久店」という訳であり、あと1軒は「AMZ石岡店」である(※この石岡店については、3年前に㈲神立プラザからアムズに替わったばかりであるが故に、いずれこの石岡でも巡察レポートを書かざるを得まい)。
さて、「AMZ牛久」であるが、実はお店の前も裏も〈龍ヶ崎市〉となるので、今回の巡察報告のタイトルも【龍ヶ崎、牛久 篇】と致すことに相成るしだいじゃ。
 
 

❶ 今回緊急巡察するのは、龍ヶ崎市と牛久市との市どおしの境界線となる辺りである。店名で表わすと以下の5店舗となる。
 
➀「キコーナ女化」(460台) ※「AMZ牛久」のままで営業しつつ7/30か店名を「キコーナ女化」に変え、8/3にそのまま休まずgrandリニューアルという不思議な開店。住所は牛久市となる。
②「ZENT女化」(626台)   ※2年前までは「JanJanデルノ」で、黄色い建物だった。住所は龍ヶ崎市になる。
③「SLOT PX女化」(333台) ※10年前では「マルハン女化」として有名じゃった(笑)住所は牛久市となる。
④「キコーナ牛久南」(284台)※昔は「パチンコRESORT金馬車」などと洒落ておった(笑)住所は龍ヶ崎市となる。.
⑤「ZENT龍ヶ崎」(670台)  ※真向に後から来た「BIGマーチ」を“撃退”した店(笑)
 
このうち➀~④までは通称【女化(おなばけ)街道】という、世にも珍しいおっかない名前の街道じゃ。
パチンコ業界誌にも、昔“女化戦争”としてよく取り上げられた故、覚えておられる方もあるのではあるまいか。
前回(215号)の【取手市 篇】とは異なり、今はオール茨城県勢による純血のコンペである。
実は女化街道には平成になる前、③と④の間に「ニュータウン」という200台強の超繁盛店が在って、稼働率ではかつて茨城県下トップクラスの有名店が在ったんじゃが、今は中古品リサイクルショップとなっておる。
つまりじゃ、この「ニュータウン」をターゲットとして、かって「マルハン」も「JanJan」も出店して来たとみて、ほぼ間違いないわけじゃ。
ワシも平成の初めころ夜の女化街道に出動したことが有るが、ホンマに夜は真っ暗な街道で、今でも“女が化けて出て”もおかしく無い様な街道じゃ(笑)。
それほど昭和のバブル期には、《龍ヶ崎ニュータウン》というのはもてはやされた!というても、今の常識では考えも及ばぬじゃろうのぅ。
ちょうどその頃千葉市若葉区では“チバリーヒルズ”というのが騒がれておったように、当時は無理も無い話しだったのじゃ…今から考えると、東京まで90分はかかるこの龍ヶ崎、牛久に、住宅地として熱狂したことじたいが、信じられぬ事じゃろうのぅ。
 
 

❷ それと⑤ZENT龍ヶ崎についても嘗てのドラマがあった。
 
龍ヶ崎ニュータウンの最も東の〈藤ケ丘〉に「ZENT龍ヶ崎」という中型店(当時560台位)が2001年にできた。まさに21世紀初の龍ヶ崎市の新店じゃ。
ところがこの真向いにあろうことか、「BIGマーチ」が800台の規模で2年後の2003年に“ぶつかって”来られたのじゃ。
結果は4年“ドンパチ”なされて、結局BIGマーチ殿は“撤収”と成ったはイイが、空き家に他の強豪店が入られても困る(?)と考えられたか、ZENT殿がその“空き家”も押えられ、「MEGA ZENT」(600台)という名前で営業される(!)と云う事に相成ってもうた。
ま、こんな例は他にもある故、決してレアなことでも無いがのぅ…。
そして案外に両方とも成り立って、その後約10年間、道路挟んでの2店体制が続いたが、市場全体の縮小のせいか(?)、昨年春に「MEGA」の方は完全閉店と相成った、という歴史じゃ。
 
 

❸ さぁて、それではゆるりと➀~⑤の各店の検分と参ろうか。
 
➀「キコーナ女化」は近年では世にも珍しいgrand openの仕方である。
 
元々の「AMZ牛久店」のままで外装変更工事を進め、特別なgrand前の大休みを取らずに2日まで20時閉店営業を5日間続け、そのまま3日のgrandに雪崩込むというスタイルじゃ。
もともとお客がバッチリ付いておる店なんで、余裕のリニューアルopenという感じじゃのぅ。
元のAMZの設置台数も一切変えずに、極端に申さば“店名変更”のみによるopenと云ってよいのかもしれぬ。
ま、これまでの客付きからみて上手く行かれるとは思うがのぅ。
 

②「ZENT女化」は、この➀から僅か100mの距離で、道路の反対側じゃな。
 
元々「JANJANデルノザウルス」の黄色い建物であったときから、“バリバリの”高稼働店で有名な店じゃったが、SLOT4号機の撤去と共に急速に往時の勢いを失い、ついに昨年2018年より「ZENT牛久店」となった伝説の店である。『ZENT』とは申しても、愛知県豊田市本社のゼント殿ではないぞょ(笑)。
その親戚筋に当たる、ひたちなか市の“勝田”ZENT殿であらせられるぞ。
片桐社長は随分とご高齢と記憶するが、老いてなお矍鑠とされておるようじゃ。
果たして➀のgrandリニューアルopenに対して、如何なる作戦をお持ちであるのか?しかと今後の推移を見守らせて頂くことと致そう。

③の「PX女化」もまた、想い出に満ちた店である。
 
気付いたら平成の始め頃には、もう『マルハン』の看板は上がっておったと記憶する。
世間をアッと云わせた「マルハン古河」が2002年の開店じゃけんに、それよりもはるかに古い、マルハンの“茨城県進出第一号店”である。
1980年代のマルハンと云えば、まだ静岡に営業本部を置き、関西エリア全般と静岡県という2拠点体制じゃった頃じゃ。
そんな早い時期にいかにして、かかる“女子が化けて出る”ような地名の場所を、茨城初進出の橋頭堡として選ばれたのか(?)韓昌祐会長に聞いてみんと分からぬ。
 
ただワシの推測では、当時この場所の真向いに「ニュータウン」(250台)という、恐ろしく稼働の良い小型店が在って、茨城のパチンコ好きの間では、一種の伝説的な店じゃった。
なんせ現金連チャン機の時代じゃ。
お客に勝ち取らせる景品も桁違いに大きく出しておった店じゃった。
 
従って、静岡から茨城を狙うマルハンにとっては、この「ニュータウン」の目の前の立地というのは、たとえ300台強の規模の店しかできぬ立地であったとしても、随分魅力的に映ったことは間違いあるまい。
結局最大でも330台という狭さ故、その後の超大型店時代の流れに乗れず、この20年近くここで営業されたものの「マルハン女化」は2009年に撤退と相成った。
 
そのあと暫く誰も買い手が付かなんだが、地元の『PX』殿が引き受けられ、大型スロ専として2010年暮れにgrandされてより、約9年間ずっと盛業中じゃ。
閉める直前には190台のスロ専であった「マルハン」ではパッとせなんだものが、PX殿が333台のスロ専で勝負を賭けられたら上手くイク(!)というのも、歴史の皮肉と云うヤツかのぅ。
 

④は、元々「パチンコリゾートKINBASHA」という名で、③の「マルハン女化」の後1996年からできた、当時お洒落な店であった。
 
2015年に『金馬車』が『キコーナ』に全て吸収されてよりは「キコーナ牛久南店」と名前を替え、23年目の営業に入っておる。
こたび➀がキコーナとなる事で、奇しくも女化街道の北と南の両端が『キコーナ』という店になるという椿事がおきたのぅ。
まあ、この④もボチボチやってくれたら、それで良しとすべきじゃろう。
⑤については経緯を既に述べた。正確には今は無き「BIGマーチ龍ヶ崎」は、⑤に“負けた”というよりは、②の前身の「JANJAN」の強烈な出玉感に“敗れ去った”と云ったほうが当たっておるのかもしれぬ。
 
じゃが、勝田ZENTの片桐殿は、その“敗れ去った”「BIGマーチ龍ヶ崎」と、②の前身の「JANJAN」の2軒とも引き受けられたという事じゃけん、たいした器のおカタじゃのぅ。
ま、いずれにしても、⑤は➀~④とは異なる商圏の〈藤ヶ丘〉エリアを手堅くまとめておられる。
「キコーナ」と変わる➀が、どこまで玉を放出するかにもよるが、ま、⑤は安泰でやって行けるのではあるまいか。
 
 
 

❹ 前回の【取手市 篇】に引き続き、ワシの領地である茨城を取り上げた。
実はこの他に〈石岡市〉でも、「AМZ」→「キコーナ」となる。
この記事の出た後の8月3日の予定である。
いやはや、これで茨城県内では「キコーナ」brandが18店舗となり、県内最大の店舗数を誇るチェーンと相成るわぃ。
いま使われておる遊技台の殆どが総入替えとなる【2021年】には、新規店舗は非常に少なくなると思われる。
それゆえそれまでに目イッパイ店舗網を拡げておこう!という『キコーナ』殿の戦略発想なのであろう。
頭ではその事を理解できても、実際に行動で結果を出していかれる木下殿は、凄い!の一言に尽きると云うべきじゃ。
世が世なら、織田信長殿に匹敵すると申しても過言ではあるまい(笑)。
 
 
▼間もなく「キコーナ」としてリニューアルする「AMZ牛久」
▼キコーナ女化の斜向かいの「ZENT牛久」
▼マルハンから店を買って成功している「スロ専PX女化」
▼女化街道からは離れた立地の「ZENT龍ヶ崎」

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。