第226回【下野(しもつけ)の国=日光市 篇 光圀公のお膝元を巡礼】

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第226回

【下野(しもつけ)の国=日光市 篇 光圀公のお膝元を巡礼】

 

先週、鹿沼を廻ったので、いよいよ今週は爺様の祀られておる日光を、おごそかに巡礼致すとしよう。

大型台風が次々と我が日本列島を襲っておるが、さすが爺様の霊力の御蔭か、日光の杉並木は全く倒れず健在との事じゃ。
あと1カ月もすれば紅葉の季節じゃが、今日は物見遊山ではなく仕事である故、紅葉を観て楽しむことは出来ぬが、致し方あるまい。

昭和の時代、この日光には伝説的な遊技場が有ったと聞き及んだことがある。
バラック建ての如き建物ながら、お客が連日パンパンに溢れておったと云うこっちゃ。
残念ながらその店名は失念してもうたが、もしかして今日はその伝説的な店の残骸にでも出会えるか?との、微かな期待を込めて、快晴の日光市内を歩いてみるとするか。

 

 

❶ 日光と申せば家康爺様の東照宮のイメージやら、鬼怒川温泉のイメージが強すぎて、パチンコ遊技場のイメージが湧かぬかと思われるが、実は昔よりパチンコは盛んな地域と聞いておる。市内には現在も8店舗が営業中である。

今日は時間の関係で、市内中心から離れた3軒は割愛せざるを得ないが、残り5軒は一里ばかしの距離じゃけん、楽しんで歩けるぞ。
で、その8軒じゃが、市内中心部から順に挙げると…

➀「アイランド日光」(448台)  ※ご存知アキバで超有名な会社じゃが、本社は山形である
②「クィーンエリザベス」(427台)※栃木県本社の“さくらんぼgroup”の店
③「さくらんぼ日光」(376台)  ※(同上)
④「ダイナム今市」(480台)   ※日光市内では最大台数となる4円47枚貸しの店
⑤「Janjanデルノサウルス今市」(442台) ※元来は県内小山市に本部があったゆえ、栃木県内では最北の店である
⑥「BIGベア鬼怒川」(186台)   ※東京江戸川区本社の葛西青果㈱の展開する最北の店
⑦「ダイナム信頼の森日光大沢」(400台)  ※日光市内で唯一の低貸し専門店
⑧「ニューシカゴ」(286台)    ※栃木県本社の“さくらんぼgroup”の店

以上の様になっておる。

“田舎”がお好きな『ダイナム』殿の店が2軒、地元栃木で昭和の時代には関東40数店舗を誇っておった『さくらんぼgroup』が②③⑧と、3軒固まっておるのが目に付くはのぅ。
じゃが調べてみると、今は⑥の1軒営業しておる江戸の『葛西青果㈱』殿は、かつて日光でもう2軒店をやっておられた事が判明する。
これをみても、日光という市は何か、企業家を引き寄せる霊力のようなものが強い場所ではないかと思えてしまうのはワシだけじゃろうか?山形の『アイランド』殿も、ここ日光に豪勢な店を建てておられるしのぅ。
※時間の関係で、⑥⑦⑧の3軒は廻る事ができぬことをご容赦頂くとしよう。

 

 

❷ 実に気持ち良い日じゃな。

国道121号沿いにはベイシア、イオン等の商業施設も出店してはおるが、基本的には道端に食べられる菜っ葉とかも自然に生えておって、実に心を和ませてくれるわぃ。
この121号沿いに、北から➀→⑤の順に仲良く遊技場が並んでおる。
市の人口は79,000人で、人口密度が57人/㎢しかない田舎の市ではあるが、370~450台規模の上記5店舗は、設置台数としては多い気もする。
されどパチンコ以外に手軽なレジャーというものが無い事を考えると、決して過大な台数でもないのかも知れぬ。

上記の5店舗の中では、➀「アイランド日光」と⑤「Janjanデルノサウルス今市」が道路交差点にも近く最高の立地かと思われる。
そして建物と云い設備と云い、➀がやはり他を圧倒する存在感を示しておる。『アイランド』殿は栃木県内では、佐野市、日光市、足利市へと3店舗出されておるが、どれも地域一番店レベルで、営業力がお有りじゃのぅ。
やはり秋葉原で“日本一”とも云って良い伝説的な店をお持ち故、営業ノウハウが豊富とお見受けする。
それにしても➀「アイランド」の外観、東照宮の金色をイメージさせるデザインじゃとは思わんかね? このあたり“ニクイ”のぅ。

「クィーンエリザベス」と③「さくらんぼ日光」は、かつて栃木では最強と恐れられた『さくらんぼgroup』の店じゃ。
平成に入って、嘗ての“昭和の最大手”ともいうべき、【さくらんぼgroup】【宇宙センター】【オータgroup】【高山物産(京都)】等の大手が次々とトップランナーの立場から下に落ちて行かれた。
或る者は〈銀行管理〉〈営業取消〉、或る者は〈会社更生〉と云った具合に、様々な理由で日本のトップグループから後ろに下がってしまわれた。

そんな想いに駆られつつ、②と③を覗いてみたが、やはり“銀行管理下”での営業は自由が利かないのか、厳しめの稼働であった。
ご承知のカタもおられるかと思うが、ここ3年程の間に、茨城では3軒が『MGM』=一六商事に替わり、栃木県では『ベガスベガス』や『ライブガーデン』に、埼玉の春日部では『ゴープラ』に替わってしまった。
ワシは二代目の今の福田社長を存じ上げておるだけに、早く銀行管理下から“開放”されて、“復活”を遂げて頂きたいものと、心より願うものである。

 

 

❸ 次に④「ダイナム今市」。広々とした敷地にゆったり480台の店を構えておられる低貸しにシフトする前の、2005年開業の店である。

もう1軒、市の南部の方に低貸し館の「信頼の森日光大沢店」を2010年に後で出されたことで、この④は通常貸し主体でやるしかあるまい。
ただ、通常貸しだと、営業力と店舗の快適さに勝る➀と競合しておるだけに、稼働の方はチョイ少なめであるのが残念じゃ。

そして今日の最後に、今市地区の最北に位置する⑤「Janjanデルノ」じゃな。
オッと、SLOT島がアール状になっておる。
田舎と云ってはなんじゃが、この日光でSLOTのR島はオシャレじゃのぅ。
オッと、SLOTに30φのハナハナが入っとるではないか!そう言えばさっきの➀「アイランド」にも30φが入っとったが、そう言う事だったのか(笑)、ガッテン。
やはりJanjanの金社長は果敢に攻めて行かれるのぅ。
どんどん元気を回復されてるJanjanだけに、今後の日光にも更に面白い事が起こるやも知れぬのぅ。

 

 

❹ 今日は、日光市と申しても《下市エリア》を中心に5店舗を廻ってみた。
他に宇都宮寄りの南東部には、別途⑦「ダイナム信頼の森日光大沢」と、⑧「ニューシカゴ」の2軒が営業されておる。いずれこの辺りも廻る事に致そう。
 
結局、冒頭に記した“伝説のバラック造りの超繁盛店”の痕跡は発見することができなかった。
やはり店名だけはシカと記憶しておかん事にはイカンのぅ(笑)。
しかし日光市と云う街には、パチンコ客を惹きつける“何か”が有ったのであろうことは、かすかながら感じる事は出来た事が今回の巡察の成果じゃった。

前回の《鹿沼市》といい、今回の《日光市》といい、江戸から日光街道を通って東照大権現様にお参りに行くということは、人生の一大事として記憶されておったのじゃろう。
また今日的に申さば、大型ショッピングセンターの中に在りがちな、シネコンやらカラオケやらの手頃なレジャーも少ない日光に於いては、永らく【パチンコ】が気晴らしの“王者”であったという事なんであろう。
願わくばこれからの時代、ギャンブル的な遊びとしてではなく、手頃な気晴らし場として、もう一度この日光に於いても、パチンコが隆盛を取り戻してくれることを大権現様に祈るばかりじゃ。

▼日光市内で一番店稼働の「アイランド日光」

▼交差点に位置する好立地「Janjanデルノサウルス今市」

▼Janjanのほぼ正面「ダイナム今市」

▼市内に3店舗展開するうちの一つ「さくらんぼ日光」

▼さくらんぼgroupの「クイーンエリザベス」

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。