『業界等価』を止めて道内のパチンコ営業が息をふきかえす!? 蝦夷地漫遊記

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第10回

『業界等価』を止めて道内のパチンコ営業が息をふきかえす!? 蝦夷地漫遊記

地殻変動が起きそうな北海道!?

長州山口でかろうじて最後の河豚ちりを食することができたので、戊辰戦争最後の戦地、蝦夷=北海道に参ろうぞ。とは言うものの今日は函館ではなく道央=札幌方面じゃ。

北海道は2010年を過ぎたあたりから例の「一物一価」かなんかよく分からんが、道内大手みんなが『業界等価』に走ってしまった。この瞬間、道内のパチンコ店の多様性は失われ、北海道のホールを視察する面白さは一気に失せてしもうたものじゃ。ところがあれから4~5年経ち、昨年末~先月3月にかけて「プレイランドHAPPY南6条店」(1060台)、「ベガスベガス苫小牧店」(1100台)、「ベガスベガス発寒店」(1500台)、「マルハン千歳店」(700台)が堰を切ったように連続グランドオープンしたことによって地殻変動が起きてきそうな塩梅じゃ。もっともその前兆として、去年「ベガスベガス狸小路店」(1068台)、「クラブイーグル麻生」(544台)「クラブイーグル千歳」(439台)が新しい試みを開始していたこともあり、何かが起きそうな予感はしておったが、氷が解けるみたいにこうも立て続けでは、さすがのワシも付いていくのがやっとじゃ、ガハハ笑。

さて、ここで忘れてはならぬのが昨年8月以降、北海道全体で『業界等価』を止めたことじゃ!!

ワシが見るにこれで暫くは道内のパチンコ営業が息をふきかえすことになろうぞ。玉・メダルとの交換個数が28玉、5.6枚交換となったと聞いておる。これによってスロットはオール設定1などという悲惨な状況からの脱却が全体的に図られることを期待しておるぞ。道内でメインのジャグラーなどはオール2か3ででも粗利確保ができるというものじゃ。もちろんパチンコの方も等価よりは少しは回せるかもしれぬし。

早速、巡回した感想を纏めてみよう。

「HAPPY南6条」vs「イーグルR-1南8条」の戦いは痛み分け!?

① 札幌中央区のすすきのの南1kmの石山通を挟んだ「HAPPY南6条」vs「イーグルR-1南8条」(800台)「イーグルキャパシティ」(482台)の戦さじゃが、結果的に“勝者”は見当たらんと思われる。R-1は昨年まで道内490店舗のトップに君臨する超優良店で低玉貸しなしで利益もバッチリと聞いておったが、1060台のハッピーがキャパシティの真横に“横づけ”してきたもので、さすがに15%程稼働が下がったように見受けられた。逆にキャパの方は4円と20円貸しを止めて1.25円パチンコと6.25円スロットの店に変更して15年以上前の盛況を取り戻しおったわい。勿論売上は当然下がるが、パチンコ営業は永く見れば稼働あってのものじゃから、まあ心配せんでもよいぞよ。結果的にHAPPYが来たせいで捨て身の構えでかけた技が効いたわけじゃから、ハッピーと言うものじゃ、ガハハ…。他方、仕掛けた側のハッピーは4.31円パチンコの方がかなり空き台が見えて、イーグルR-1南8条と“痛み分け”といった景色じゃ。

「ベガスベガス発寒店」のスロットR島での作り込みはたいしたもの

② 次は札幌発寒のベガスベガスじゃ。3月末にグランドオープンしたばっかりの1500台という北海道最大の店に仕上がっておる。嘗ては札幌駅前のベガスも18年前にグランドオープンした当時は1500台以上じゃったものじゃが、高橋社長はどうも1500という数字がお好きなようじゃな(笑)。発寒という場所は市の中心から離れていて人口密度もさほど多くはないので、過去にも色んなパチンコ屋さんが挑戦したけれど上手くいってない所なのじゃが、今のところベガス発寒は好調じゃ。特にスロットR島での作り込みは大したもので、同様の島は北区の「CLUBイーグル麻生」まで行かないと打てないものじゃから大した人気じゃ。当面のライバル店としては「がちゃぽん新川店」(720台)ということになろうが、両店舗とも札幌を盛り上げてもらいたいものじゃ。

マルハン、CLUBイーグル、ハッピーと300m間隔で国道の同じ側に並ぶ千歳

③ 今回の巡回の最後はいざ千歳じゃ。千歳と言えば空港、政府専用機も2機常駐しとるし、航空自衛隊基地も隣接しておって、日本最大の空港を抱えるから、24時間眠らない街といわれておる。しかし、パチンコ店に関してはもう新たに出店する場所が無くて、既存のパチンコ店にとっては道内でも最も安泰な街と言われたものじゃ。ところがじゃ! そこは天下のマルハン殿、既存店の千歳GAIAが閉店する意向という情報をいち早くキャッチし、そこを一旦解体して新規で店を出すことになったというわけじゃ。地型のせいか、今回は700台の中振り店じゃが、千歳と言う“美味しい”エリアを考えれば十分というものじゃろう。

この結果どうなったか? 千歳空港に向かって北から、マルハン、CLUBイーグル、ハッピーと300m間隔で、国道の同じ側に並ぶことと相成ったわけである! まるで京都の祇園祭の山鉾巡行の順番待ちの隊列の様じゃ、ガハハ。

カテゴリー: 注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。