【江戸=新宿歌舞伎町&西口:篇】、お江戸・東京の激戦区、新宿を改めて再検証!

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第101回

【江戸=新宿歌舞伎町&西口:篇】、お江戸・東京の激戦区、新宿を改めて再検証!

脚下照顧という禅の言葉がある。江戸の外ばかりを巡察しおって、足許の江戸、その中でも有数の“激戦区”である新宿について書くのを忘れておった。昨年4月GW前に突如として歌舞伎町に現れたゴジラと共にグランドオープンした「マルハン新宿東宝ビル店」(1,160台)以来、はや1年半ほど経過したが、その後如何しておるじゃろう。新宿駅周辺全体を見るには、歌舞伎町だけを見ておってはならぬ。新宿西口の甲州街道方面と、新宿駅東南口の場外馬券場方面とを併せ、3方向からヒトの流れちゅうもんを見ないと、新宿の本当の凄さ、“怖さ”は分からぬという事を、まず以って確認せねばならぬ。

と言うのも、鉄道の降車人数の単純合算だけで180万人。これに都営バスが加わるから、ざっと新宿駅周辺に通勤通学・遊びに来る人数は、一日おおよそ190万人となるが、来る方向別に分析すると、

ⅰ.西口方面 ――――――― JR、京王(新線含む)、小田急、都営バス、京王バス、小田急バス
ⅱ.歌舞伎町口(北口) ―― JR、西武、東京メトロ、都営バス
ⅲ.東南口 ―――――――― JR

となって、線の入り込み具合からすると、地政学上は、西口が断然“有利”となるからじゃ。されど昔からパチンコ屋は ⅱ.の歌舞伎町の台数が圧倒しておる。これは歌舞伎町にはレジャービルがたんまり在るのに対し、西口の方はヨドバシ殿が大きな土地を占領されておって、大型遊技場を造る場所が無かったという理由が主なのだと思われる(※因みに昔、西口は「淀橋町」と言って、バブル期前は大きな浄水場が在った)。

実は“沈没”した店が多い歌舞伎町!?

❶ さてお楽しみの遊技場じゃ。まずは ⅱ.歌舞伎町から…。まず調べてみると恐ろしい事が分かる。世間の人は歌舞伎町を日本のパチンコのメッカと思っている方が多いかと存ずるが、実は歌舞伎町ほど“沈没”した店が多い所は全国でも珍しいのじゃ!

・オデヲン → オリパサ → マルハン歌舞伎町(閉店)
・金時 → BISⅡ(閉店)
・グリーンピースタワー&グリーンピース5(共に閉店)
・山形屋/スターダスト(&パチスロ風雲児)(閉店)
・ユニカ/G7(閉店)
・ペリカン/TOPS(閉店)
・松岡商事/宇宙センター(閉店)
・エルニド本店&3(閉店)
・モナミ(閉店)
・HUMAX/ラスベガス(閉店)
・愛知・マリオン(閉店)

※ 歌舞伎町ではないが隣の新宿御苑前には、かつてマースエンジニアリング直営の「ランドマーク」という店も出来た時は大いに話題に成ったもんじゃが、今はこれも閉店して無い。

Etc.20年前には都内で超有名企業であった会社の店が、軒並み“潰れて”いる。まさに死屍累々という状況じゃ。ただ歌舞伎町は全国一の歓楽・飲食街ゆえに、閉店・撤退した後は、コンビニ、カラオケ、食堂、岩盤浴に替わったりしておって、悲壮感は全くないが(笑)。

こうして、歌舞伎町に残ったのは「日拓エスパス」の3店(合計2,944台)と、「マルハン新宿東宝ビル」の1店(1,160台)のみに成ってしもうた。

新宿マーケットを理解するうえで一筋縄ではいかない西口エリア「新宿アラジン」の賑やかさ

❷ 次に ⅰ.の新宿西口に目を転じようか。実は歌舞伎町と西口の間には「カレイド(万華鏡)」(680台)という店と「新宿ジャンボ」(317台)の2店がある。この2店は西口高層ビルの都庁やオフィス街のエリアという訳でもなく、さりとて歌舞伎町に含めるという訳にもいかぬ訳じゃが、一応 ❶ の歌舞伎町エリアの激戦の“おかげで”生き延びられたという形で整理しておく。それにしても「カレイド」殿は、ほぼ全館禁煙かつ遊技台全台パーソナルという事で全面改装され、りっぱなお店じゃ。「ジャンボ」殿はこの30年程の間概観をほとんど変えずネオン管の残る昭和のパチンコ屋の雰囲気をいまだに残しているという事で、カレイド殿と正反対で、また立派じゃ。

さて西口と言えばヨドバシ、そのヨドバシビル群に挟まれるように「新宿アラジン」(791台)と、「GAIA新宿西口」(374台)、「FRESCO新宿」(500台)の、僅か3軒の寡占状況である。寡占状況と言う点では、随分“おいしそう”じゃのう。但しじゃ。歓楽街の歌舞伎町と違って、西口の方は土日は高層オフィスビルと都庁は休みじゃからのぅ、その分西口で遊ぶ客の数は大幅に減ることが予想されるではないか? さすれば寡占状況じゃからと言って浮かれている訳にはいくまい。神田や新橋の遊技場が土日は“ひま”に成るのは昔から言われとるではないか。この土日のハンデを如何にカバーするかが店の腕の見せどころかと思うぞ。

しかしこの心配は、どうも杞憂じゃな。京王線、小田急線、大江戸線で新宿に通勤する人間は大概定期券SuicaやPASMOを使っとるとみるが、どうも自宅近くの遊技場だけでなく、普段よく知った新宿西口の店まで来て遊技するモノも案外居るようじゃ。このことを理解する補助と成りうる話を昔聞いたことが在る。フレスコ新宿が20年程前に都庁傍の新宿ワシントンホテル地下にお洒落にオープンした当時、代々木、原宿、六本木方面から随分と財布が厚い“良客”がこのお洒落な店にワンサカ来てくれて、一日10~20万円使ってくれるツワモノが案外しばしば見られたそうじゃ。

それともう一つ、西口は地下道が発達しておって、例えば「アラジン」殿など、すぐ横のヤマダ電機LAVIまで地下道が繋がっておるので、雨の日の集客には全く困らんという利点もある! この点、却って ⅰ.の歌舞伎町が雨の日の集客にメチャ弱いのとは好対照じゃ。

最後にもう一つ、この西口を利用するお客ちゅうのは、(言い難い話じゃが)歌舞伎町を利用する遊び人とは一緒にされたくないという意識も相当強いようで、土日なども“顔のささない”西口が却って穴場で良い、と思う人もどうも多いようなのじゃ。

このようにあれこれ考えて「新宿アラジン」殿を覗いてみたら、ま、おったまげるではないか! 総台数では791台と、歌舞伎町の超大型店の1,160台やら1,689台やらには見劣りするかも知れんが、お客がパンパンに入っておる印象はなんら見劣りせぬ。いやそれ以上かもしれぬぞ。これはいよいよ新宿と言うマーケットが一筋縄では分からぬ事を物語っておるという事じゃろう。

思い起こせば14年前「日拓エスパス歌舞伎町店」が約1,060台で華々しくグランドした当時、最も客数が減ったのが「アラジン」等の西口エリアであった事を思い起こす。この14年の間に歌舞伎町も既述の様に多くの遊技場が潰れたわけじゃが、西口がここまで復活してきた事には深い尊敬の念を抱かざるを得ないわい。

“尖って”こそ生き残れる!? 新宿駅東南口エリア

❸ さて最後に ⅲ.の新宿駅東南口の分析にかかるぞ。ここは人の流れからみると、歌舞伎町への流れと言うよりは、新宿三丁目に固まっておる「ビックロ」「マルイ」「伊勢丹」や各種シネマ館、更には代々木方面の「高島屋」等への買い物客、映画客のよく利用する出口だと言っても過言ではあるまい。さすればパチンコ遊技客との連携はむしろ薄く、町田の青空商店街と或る意味似ている環境とも言えよう。新宿駅周辺の ⅰ.ⅱ.ⅲ.エリアの中では、 ⅲ.が一番商圏としては小さいと言わねばならぬかもしれぬ。よってここで遊技業を営む者にとっては、如何に個性的な「尖った」店を志していかないと生き残りが難しいエリアとも言えよう。

こうしてみると、東南口真ん前の「グリンピース新宿本店」(スロ専で226台)はホンマにペンシルビルで“尖った”店じゃのう(笑)。あと「メトロ会館」も老舗ながら、80銭と1.33円パチンコというスタイルで生き残りを図っておると言って良かろう。ただこのエリアは「ビッグスペース」と「平和会館」、長野の大手「ニューアサヒ」等が撤退しておるので予断は許されぬと思うぞ。現在平和会館跡地に「ドン・キホーテ」殿がビルを建設中で、噂によると地下に東北大手の遊技場がテナントで入ると言う話しもある。そうなれば「マルハン新宿店」(572台)との真正面“対決”と成るだけに、一応大きな話題とは成ろうが…。

❹ 一応ぐるりと新宿駅周辺を歩いてみた。銀座・新橋や渋谷と比べても、遊技場の数は昔から多いと言われてきたが、その分栄枯盛衰も半端なく激しいという事が実感できたわ。しかし先ほども言うたが、たとえ閉店・撤退してもツブシの効くのがまた新宿の良い所で、結果、撤退して大損こいた所は案外少ないのではなかろうかのぅ。

ここでうっかり書き落とすところじゃったが、新宿三丁目に「キコーナ新宿店」(436台)という店が有る。17年前に「金馬車」としてグランドし、昨年11月に「キコーナ」に“吸収合併”された店じゃ。ここは不思議な場所で、ⅱ.歌舞伎町でもない、ⅲ.東南口周辺でもない、どちらかと言えば新宿2丁目、新宿御苑、四谷三丁目あたりの住宅地のお客をメインとしておるように感じられる。ほぼ完全に固定客づくりに成功していて、ⅰ.の「アラジン」の小ぶり版といったところじゃろうか。この辺りのマーケットの微妙なアンジュレーションについては、新宿以外の者にはチト分かりづらい事よのぅ。

人口約34万人の新宿区であるが、遥か東の市ヶ谷、飯田橋近くまで新宿区であって、案外居住人口は居る! と言わねばなるまい。これに毎日190万人の電車バスの移動人数が加算される訳じゃから、ホンマに大都会のマーケットと言うもんは、「商圏」をどう設定してよいものか? 実はけっこう難しいものがある。

今でも日本中で有名な「日拓エスパス歌舞伎町店」と言えども、実は遊技客の多くは新宿区民が占めているという話しを昔聞いた事がある。ただ34万人の区民人口の10%が外国人ということを忘れてはならぬがのぅ(笑)。

img_3176

歌舞伎町に3店舗で合計2,944台を有する「日拓エスパス」

img_3181

昨年4月GW前グランドオープンした「マルハン新宿東宝ビル店」(1,160台)

img_3182

全館禁煙かつ遊技台全台パーソナルの「カレイド」(680台)

dsc_2214

顧客の賑やかさに西口エリアの復活が垣間見えた「新宿アラジン」(791台)

カテゴリー: パチンコ,注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。