【越前の国=福井:篇】、風雲急を告げる福井? 己が眼で確かめねば…

小森黄門ちゃまの業界漫遊記 第24回

【越前の国=福井:篇】、風雲急を告げる福井? 己が眼で確かめねば…

越前福井へ急げ! 今ほど将軍様からワシに下った密命じゃ。元々、元勲家康公の次男であらせられた(結城)秀康どのが、松平姓に復されて福井、北ノ庄に下られてより親藩として格式高い藩じゃったが、どうも藩主のデキが悪うてのう、まとまりの悪い藩として徳川宗家からみて問題児の藩じゃ。今般も福井県警と福井県遊協が合同して、県下65店舗の全店くぎ検査に先週から入るという全国でも例を見ない事態に入ったものじゃからのう、何か問題が根底にあるのか? 隠密調査じゃ。因みに今は福井県として嶺北の福井藩と、嶺南の敦賀、小浜藩とが一緒になっておるが、ワシのこの時代は小浜藩は幕府功臣の酒井忠勝殿の国領地で、敦賀は幕府の直轄地じゃから、松平殿の領地は嶺北の36万石だけということになる。
福井県は北の芦原温泉から南の大飯高浜原発まで南北に長いので、とても短時間では密命を果たせはできぬ。よって、今日は福井市のみを調べると致すぞ。

他県勢を寄せ付けない不思議なバリアの福井市

1.福井県には昔から4つの県下“大手”企業と、中堅としての「ニコニコ」殿のほぼ5社で動いていると言われておる。4社とは① ムラタ殿の「クアトロブーム」、② 大西殿の「USA」、③ 山本殿の「TAIYO」、④ 岡田殿の「モナコ」「ジャングル」じゃ。各社とも福井市内のパチンコ最適地を押さえて、案外仲良く“協調”しつつ営業しているようにワシには思える。不思議なのは県庁所在地のこの福井市内には他県からの“進出”がほとんど見られない! ということじゃ。
愛知の「コロナ」殿と、京都の「オメガ」殿以外は無いと見える。よく調べておらんが80年代のバブル期には、もしかして関西方面から敦賀、鯖江、加賀温泉、金沢、富山までのバブルのような出店が有ったから、この福井市にも関西勢が来たのかもしれんが、詳らかではないわい。かたや北陸一豊かと言われる越中の国=富山には他県パチンコのデパートともいえるくらい賑やかに進出が目立つわい。マルハン殿が2軒、ダイナム殿も2軒、岐阜のKEIZ、石川県の雄DSG、福井のe・ZONE、USA、タイヨーネオ、と賑やかじゃ。きっと嘗てノースランドの澤田殿が県下を“独占”され、日本初の2,000台店を造られたのも澤田殿だっただけに、他県勢に大いに目を付けられたのじゃろう。
福井市内には他県勢を寄せ付のけない不思議なバリアのようなものが張られているのか? あるいは出店するだけの魅力のない街に過ぎないのか? 短期の隠密ではよく分からぬところがある。

なかなかの営業に感心する黄門ちゃま

2.福井市内でまず気になるのが「ザ・ジャングル1000」という県下で初の1,000台店である。岡田殿の店じゃ。なんと言ってもオカダエンタープライズ殿は、東は仙台から宇都宮、富山、金沢、西は大阪まで積極的に行かれる企業だからじゃ。ジャングルの店内に入ってまず目に付くのは、牙狼金色100台の出玉感じゃろうのう。なにせ一点突破、全面展開という作戦を得意とされると聞いておるが、まさしく聞きしに及ぶとはこのことじゃ。しかもこの牙狼、よく回るのう。さすがじゃわい。
次は、TAIYO NEO本店じゃ。市内でも抜群の立地じゃ。この店の盤面の玉の動きはしびれるわい。相当な手練れの店長様とお見受けする。更に開発(カイホツ)地区へ移動じゃ。この開発エリアは郊外の新都心ともいえるような場所で、テレビ局なども位置しておる。ここにUSAの大西殿と、クアトロブームの村田殿、その北に地元のNEO ZOO、さらに北には愛知のコロナ殿が陣取って共存されておる。

「越前(福井)に風雲急なり」とはまるで嘘のように…

3.こうしてみると、福井と言う街は監督官庁とも“あんじょう”よく連絡を取り合ってのどかな福井平野のように共存共栄を上手にされておると見た! 江戸で聞いた、〈越前に風雲急なり〉という話はまるで嘘の様じゃ。但しじゃ、6月22日以降の新台検査からは、当局による釘検査がしっかり為さる様なので、まだまだ気は抜けんがのう。
さて、何事も乱は見出せず、早めに密命の探索は終えたので、ささ、名物の丸岡蕎麦を食するとしようぞ、助さん、格さん。ここの多少緑色帯びた蕎麦は、本場の江戸でもなかなか食することは叶わぬぞ。聞けば、少し若い実をすりつぶすので、かような薄緑色が出るようじゃ。
うまかろう! ガハハ。

カテゴリー: 注目ホール,注目市場

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。