【動画】 「CRA-gon昭和物語(A-gon)」&「CRAコスモアタック7(愛喜)」

遊技ビジネス最前線 Movie Seminar

「CRA-gon昭和物語(A-gon)」&「CRAコスモアタック7(愛喜)」

のめり込み問題に端を発した高射幸性遊技機の自主規制。今後、ホールにおいては、バラエティに富んだ遊技機構成が必要とされる。そんな環境下にあって、今年2台の興味深い遊技機が登場した。「CRA-gon昭和物語(A-gon)」&「CRAコスモアタック7(愛喜)」がそれ。シネマ「Always 3丁目の夕日」を観るがごとき心の温まる、古き良き時代、昭和を彷彿とさせるこの2機種。ホールのお客様の心を温める運用で、あの時代を懐かしむお客様の心を射止めたいところ。今回は、この2機種の特徴をそれぞれのメーカー様に、また、その運用についてを高橋氏に語っていただく。

株式会社A-gon 営業本部本部長 石井 正彦 氏
株式会社愛喜 代表取締役 小林 慶子 氏
株式会社トータル・ノウ・コネクションズ(TKC) 代表取締役 高橋 正人 氏

カテゴリー: パチンコ営業,機種構成

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。