日遊協が第3回定例理事会と北海道支部総会を開催

 

一般社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協/庄司孝輝会長)の平成28年度第3回定例理事会と北海道支部の総会が9月15日(木)、札幌市のホテルオークラ札幌で開催された。

定例理事会では、承認案件として新規入会で賛助会員1社の申請があり、これを承認した。これにより会員状況(9月15日現在)は、正会員351社、賛助会員77社、合計428社と5団体(日工組、日電協、全商協、回胴遊商、同友会)となった。この他、「回収対象遊技機(パチンコ機)に関する対応について」、「高射幸性遊技機(回胴式)の設置状況について」、「ちょいパチの進展状況について」、「遊技機流通制度連絡会の審議状況について」、「健全化推進機構・セキュリティー対策委員会・PSIO・中古機流通協議会・リサイクル推進委員会の各審議状況について」、「専門委員会・プロジェクトチームの活動状況について」等が理事会で報告された。

北海道支部総会では庄司孝輝会長が挨拶で「次の規則改正について、横断的な団体である日遊協がメーカーやホールそれぞれの要望をまとめて今の段階から準備していかなければならない。この業界は行政に申請したり許可をとったり、入口の手続きが非常に多いが、安心して営業できるような環境をつくらないと先に進めない。日遊協は、規則改正に盛り込んでもらう要望を団体加盟している団体と協議していく。先ず12月末の3次リストの撤去を着実に実施し、そのあとで規則改正について要望していくというのが今のわれわれのスタンスかと思う」と語った。

今回の支部総会では、北海道警生活安全部保安課長の伊藤隆之氏から「ぱちんこ営業の健全化推進について」の行政講話が行われた。

カテゴリー: ニュース,業界動向

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。