「ニコニコ超会議2016」に日遊協とパチンコ関連企業が出展

 

株式会社ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」のイベント「ニコニコ超会議2016」が4月29日(金・祝)、30日(土)の2日間、千葉県の幕張メッセで開催された。2日間にわたる「会場総来場者数」は15万2,561人と昨年の15万1,115人を上回った。また、ネットアクセスによる「ネット総来場者数」は554万8,583人となった。

このイベントに一般社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協/庄司孝輝会長)がブースを出展、「超パチンコ&パチスロフェスタ2016 in ニコニコ超会議2016」として参加した。出展の目的は「様々なサブカルチャーを発信するニコニコ動画主催のニコニコ超会議に集まるノンユーザーに対して、ぱちんこ業界の認知拡大を図ると共に、パチンコ・パチスロに触れるきっかけづくりを行う。また、年齢制限の案内、適度に楽しむ遊びの啓蒙など、業界情報の発信も行う」というもの。

日遊協の「ニコニコ超会議」への出展は今年で3回目。日遊協ブースへの来場者は2日間合計で8,566人で昨年の9,047人より若干少なくなっている。これに関して、「今年は一人ひとり、しっかり遊技してもらうことを目的として試打コーナーを運営」したためと日遊協では分析しているようだ。昨年の試打コーナー平均滞在時間は1人約8分であったが、今年は1人約15分と滞在時間が延びている。

今回は、業界内からも、今後期待される「ちょいパチ」も展示された。多くのファン、または初体験者が「ちょいパチ」に触れるよい機会となったようだ。ブーススタッフも「ちょいパチ」に関する、来場者からの感想を聞きもらすまいと、熱心にアンケート回収に取組んでいた。この日遊協の他にパチンコ・パチスロ業界から参加した企業ブースの様相は次の通り。

株式会社三洋物産のブースでは、アイマリンプロジェクトスペシャルライブや、アイマリンダンスステージなどのステージイベントでファンを盛り上げた。アイマリンプロジェクトも既に第2弾となる「Marine Bloomin’」のミュージックビデオが公開されており、さらなる進化を続けている。

株式会社平和のブースでは「戦国乙女超感謝祭」が開催された。2008年にHEIWAオリジナルコンテンツとして誕生した「CR戦国乙女」。その後コミック・アニメ化と戦国乙女ワールドを拡げてきた。超感謝祭では、そんな戦国乙女の歴史やコンテンツの紹介、戦国乙女声優たちのトークショウ、そしてコスプレショーなど、多くのファンが楽しんだ。

ネット株式会社のブースでは、ネットの最新機種「ニューチバリヨ」の大会特別仕様機を利用したパチスロ大会「超ハイビスカス大作戦」を開催。誰もが楽しめる簡単なルールで超パチスロ王が選ばれた。この他2日目には「超パチスロのど自慢」と題したカラオケ大会も開催され、優勝者の歌声がオリジナルソングとなってパチスロ化される予定。

1-IMG_2410

日遊協ブース、ステージでは「FRESH ANGELS」のコンサートも…

2-IMG_2380

日遊協ブースでは「ちょいパチ」も展示

3-IMG_2413

日遊協ブースにマスクマン・拝二刀さん登場

4-IMG_2398

アイマリンプロジェクトスペシャルライブなどの催しを展開した三洋物産ブース

5-IMG_2402

「戦国乙女超感謝祭」を開催した平和ブース

6-IMG_2377

「超ハイビスカス大作戦」と題したパチスロ大会を開催したネットブース

カテゴリー: スロット営業,ニュース,パチンコ営業,業界動向

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。