【あの項目、もう一度確認をしましょう!】

【あの項目、もう一度確認をしましょう!】

 

 

 

皆さん、ご無沙汰をいたしております。

久々に寄稿いたしました。最近お会いする業界関係者の皆さんからは、あのコラム更新されていないけど? とのお声をいただきました。
全くネタがないわけではありませんでして。

ご存知のかたもいらっしゃると思いますが、当方も昨年からTwitterを始めました。
個人名義のFacebookやLINEなどのSNSはやっていましたが、Twitterを始めるきっかけも掴めない状況でした。
しかしながら、パチンコパチスロなどの様々な情報は明らかにTwitterが多いことがわかり、マスクマン名義で始めました。

本来ならばこちらのコラムも、現段階ではもう少し寄稿していてもおかしくはなかったのですが、やはりTwitterに比重を置いてしまったようです。
以前よりは更新が少なくなるかもしれませんが、なるべくどちらもリンクできるように努力してまいります。

さて、今回テーマにしましたのは遊技場でもう一度確認しなければならないあの件について、業界関係者の皆さんに考えていただきたいと思います。
何かわかりますか?

リカバリーサポートネットワークのお知らせをホールでは様々な場所に貼っていることでしょう。
でもホールの皆さん、業界のトレンド情報とともに常に更新と確認を怠っておりませんか?皆さんには、ぜひともマストなことをいわなければならないでしょう。

リカバリーサポートネットワークの電話相談の時間表示ですが、現在何時まで受付けているのかをご存知でしょうか。
正解は、22時までのはずです。
しかしながら、いまだに夕方4時までのポスターを貼っているホールが意外にも多いことがあるのが実態です。

このことはとてもマズイのではないでしょうか。
パチンコパチスロの依存問題がマスコミにもクローズアップされており、政府でもその問題の基本計画など進められています。
その相談受付時間が22時までになったのはかなり前からのはずです。
ただ単に、以前の4時までのポスターを貼っただけで依存問題に取り組んでいるとは思ったはいけません。
場合によっては、所轄からの確認事項に入る恐れも考えられます。

私もよく打つホールで目にするのですが、残念ながら4時までのポスターになっています。
このコラムを読んでいただいたホール関係者さま、もう一度確認をお願いいたします。

カテゴリー: ニュース

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。