社内でのホール接客審査

拝二刀のホール現場目線

社内でのホール接客審査

チェーン展開している法人さまの中には、接客に特化して教育や指導をしている部署もあることと思います。

とある競合をしていた法人さまについて、月に何回かスーツ姿の方々がホールの端にファイルを持って立ち、何か採点をされているのか、気がついた点を書き留めている様子を目にしたことがあります。採点されている店舗の従業員の皆さんは、キビキビと接客している様子が見られました。

って書いてしましましたが、本当でしょうか? 実は、そのスーツ姿の方々がいない時はそれほどのキレのある接客はしていない印象があったものでした。何を申し上げたいのか、ご理解いただけますでしょうか?

社内で独自に接客調査や審査を定期的に行い、指導するのは理解できます。個人的にはやはり採点する方が社内の方々になってますし、面がわかってしまってますし、じっと見られて接客をしていれば折り紙つきの、もしくはマニュアル通りの接客をしなければ何か指導されてしまう、とその従業員は思うことでしょう。正直、効果はその時だけになってしまっていないでしょうか?前記しましたように、知っている方々が基準を設けて採点しても、と疑問に感じる方々もいらっしゃることでしょう。

本気で接客を何とかしなければいけないとお思いならば、第三者に見て判断していただいたら納得できるのではないでしょうか。やはり『ミステリーショッパーリサーチ(MSR)』を利用するべきと考えます。ただしコストは掛かりますが、見慣れない方々ならば本当の意味で覆面調査になるわけですから、前者よりも問題点を教えていただけることでしょう。近年では、『ぱちんこ情熱リーグ』がMSRを用いています。

接客についてはあらためて論じたいと考えていますが、いくら人件費を考えて人員をギリギリまで削減して配置させるよりも、従業員一人ひとりが気持ちや動きに余裕があるぐらいの方が、良い表情でホール巡回が可能です。尚且つ、第三者で接客を判断してもらうことで、より良いホール環境になると思います。

カテゴリー: パチンコ,人事,接客

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。