ホールとたばこについて語る ①

拝二刀のホール現場目線

ホールとたばこについて語る ①

大変ナーバスであり、いつかは語らないといけない内容ですが、色々と議論もありますし、書く内容も多岐に渡る可能性もありますので…。

ここ数年ですが、遊技場においても分煙もしくは完全禁煙などと話題に挙がっているかと思います。ごく僅かですが完全禁煙のホールもありますが、まだまだホール内はたばこが吸えて当たり前が多いですし、遊技場をマネジメントしている皆さんにとっては、営業に影響していることもあるでしょう。

いかがでしょうか、営業を優先するか? 健康を優先するか?

私自身はたばこを吸わないのですが、ホール従業員です。正直たばこの副流煙は苦手ですが、やむを得ないと言うしかない状況です。やむを得ない? 本来ならばダメなはずです。どうせ副流煙は煙となってすぐに消えてなくなるから良いかといえばそうではありません。いくらホール内の空間が広いから問題ない、ということはありません。では空気清浄機さえ導入すれば良いか? これも違います。

たばこを吸う方で、ホールで打つユーザーの方もしくはホール従業員の皆さんにとっては耳が痛いかもしれません。しかし、今後は分煙もしくは禁煙ホールが優先されてくる流れになるかもしれません。それは数年先のオリンピックがターニングポイントになるでしょうか。場合によっては、自治体によって率先して公共の場に禁煙の規制をかけたりしている場合もあるかもしれませんが、完全禁煙ホールはまだまだ浸透できていません。

ホールの皆さん、この重要な話題を考えて営業していますか? 今回はまとまりないコラムになりましたが、ある意味でテーマを投げかけたところで、またコラムを続けていきます。

カテゴリー: 店舗演出・周辺設備,業界動向

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。