6月販売の注目機種や如何に…

pachinko遊技機最前線

6月販売の注目機種や如何に…

もう既に、6月も中旬にさしかかろうとしており、既に導入が始まっている機種もあります。まだ、この原稿を書いている時点では、判断するにはデータが出揃っていません。という訳で、販売機種の確認。

6/7〜
・ぱちんこトランスフォーマーR2(京楽産業.)※
・キャッツアイH9AY1、M9AY(平和)※
・モンキー・パンチ〜MKD〜KL、KG(大一商会)※
・三國志〜英雄集結〜L2-T(ニューギン)※
・ワシズBXA、BAA(高尾)※
・ガメラLXB(タイヨーエレック)※
・デジハネ(7)化物語STK、STJ(サミー)
・ジューシーハニーRR(サンセイR&D)
・クリスタル&ドラゴンFPW(藤商事)※
・フィーバースター・ウォーズYR、YA(SANKYO)

6/14〜
・弾球黙示録カイジ3WAA(高尾)

6/21〜
・ヤッターマンYMA(サンスリー)※
・キカイダーS.I.C Z、MA(西陣)※
・パッションモンスターHZJ、RSJ(ジェイビー)※
・麻雀姫伝PP(サンセイR&D)
・大奥〜繚乱の花戦〜N-T、N2-T1

以上、16タイトル24機種が販売されます(※印は初登場機種、納品日は地域によって前後あり)。

販売台数的には、僅差でトランスフォーマーといった感じでしょうか。もう既に、導入が始まっており、この原稿が掲載される頃には、結果も出ている事かと思います。出玉性能は非常に高い機種で、牙狼金色よりは、若干、劣るものの、真・花の慶次と同等の出玉性能を有しています。スペック面は問題ありませんが、演出面、というよりコンテンツにいささか不安を感じます。知名度は抜群ですが、洋画版権というのは、過去、あまりヒットに恵まれていません。このコンテンツのマッチングの悪さを出玉性能でどれだけカバーできるのかといった点に注目しています。

変わり種では、キャッツアイでしょうか。確変中に小当りが頻発する事によって、+αの出玉が獲得できるという仕様です。今後、似たような仕様の機種が出てきた時の参考になるのではないでしょうか。電チュー賞球が10個という甘デジ専用機のクリスタル&ドラゴンも面白そうです。

後半は、ヘソ&電チュー1個賞球で、スタート補助機能や、高速消化の電チューといった盛りだくさんの機能のヤッターマンや、パトラッシュ・ビッキーチャンス・J-RUSHの後継機となり、根強いファンを持つ7セグ機のパッションモンスターといった機種に注目でしょうか。

パチンコの新機種市場は、しばらくはメイン機種が不在となりそうなので、辛抱の月が続きそうです。

カテゴリー: パチンコ,パチンコ営業,新機種情報

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。