【第121回】 お客様に選ばれる差別化価値

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第121回】 お客様に選ばれる差別化価値

 

 

先週、ランチェスター協会が2ヶ月に1回開催している『戦略研究会』に参加してきました。

今回は競合物件に対する差別化で不動産賃貸率を100%近い状態を維持し、所持不動産を現在も増やし続けている方の差別化戦略事例でした。
登壇された方は、同期のランチェスター戦略認定インストラクターで、元は大手製薬会社に勤めておりました。
10年で賃貸室数が100室を越えており、ここ数年では自社で新築賃貸物件も手がけています。

賃貸物件というのは、大手も含めて競合他社が多数存在している中で、差別化戦略を駆使して『お客様に選ばれる物件』を実現しています。
これを、個人で始めてここまで大きくしてきています。
賃貸不動産という、新しいビジネスでないものでも、まだまだ差別化を実現していけるというアイデアと事実がとても参考になりました。

 

少しだけ、どんな差別化をしてきたかというのをご紹介します。
お客様視点での負の解消と、女性が借りたくなる室内環境という気配りのアイデアです。

(負の解消)
・エントランスの美化(チラシやポスティングを捨てる大きなダストボックスを設置)
・自転車置き場の環境づくり
・建物の清掃清潔を保つ
当たり前のように感じますが、この当たり前が出来ていない物件があるからこそ、やるだけで差別化になります。

(選ばれるための差別化)
・物件の外に花壇を設置して、季節ごとの花が咲くように環境美化
・物件によってはペットOKの作りにし、エントランスに散歩帰りの犬の足を洗えるシャワールームを設置
・室内の中でも台所の水周りや収納を女性向けにアレンジ(女性が喜ぶ作りに)

これ以外にも、さまざまな取組みによる差別化をしていますが、賃貸の決裁権者は女性が多いということで、とにかく女性が借りたくなるような差別化レベルにしていったそうです。
話を伺って、本当にお客様視点で『快適な住環境』を考え、差別化をしてきた結果が選ばれる賃貸不動産を実現していると感じました。

 

━5つのつながり視点で差別化価値を高める━

 

では、自店で差別化価値を高めていくには?

“5つのつながり”
①台とお客様
②スタッフとお客様
③お店とお客様
④地域とお店又はスタッフ
⑤コンセプトとお客様
の視点で、

○年配の方(男性・女性)が喜んでくれることは?
○短時間遊技の方が喜んでくれることは?
○来店回数が少ない方が喜んでくれることは?
○長時間遊びたい方が喜んでくれることは?
・・・・・・まだまだありますが、自店でやっている施策を差別化(喜ばれるレベル)価値を考えると、いろいろアイデアが出てきます。

年配の方であれば、機種説明の文字サイズを変えるとか、どんな台かすぐに分かる台上ポップにするなど、パチンコやスロットが更に楽しくなるための情報提供の仕方を『伝わる』レベルにすることも可能です。
来店回数が少ない方などは、毎日来る方と比べて『1回の楽しい時間』の重要性が高くなります。
数機種の好きな機種レパートリーがあればいいのですが、「なんか面白い台ないかな~」ということを解決する台の価値提案があれば、1回の遊技を楽しく充実した時間にすることも可能です。
お客様が『いいね!』と認めてくれるもので、かつ他店よりも良い状態が差別化になります。

賃貸不動産の話を聞いて、「やりつくした」という状態からが差別化価値のスタートだということも感じました。
どこまで進化しても、更に差別化を考えれば実現できるものです。
お客様に喜んでもらえるお店になっているか?
賃貸不動産の例は、『喜んだ!』を生み出す差別化の実践結果です。

 

 

 

(プレゼント)
平成30年4月19日に全遊振様でセミナーさせて頂いたときのスライドをプレゼントしております。
現状の業界背景は弱者が逆転しやすい状況になっていることや、ランチェスター戦略全5編の応用ポイントなどお伝えしたものです。(スライドでは具体的な事例と方法は書いておりませんがご参考にはなると思います)
ご希望の方は、【法人名・店舗名・ご氏名】をご記入の上、書きアドレスまで『全遊振セミナー資料希望』といタイトルでお問い合わせください。
アドレス:info@respect-mind.com

 

【ご案内】3つのカリキュラム
1.ホールで徹底的に応用している『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店のファンを増やす戦術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。