【第126回】 ジャンル分けとフローチャートで台にファンをつける

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第126回】 ジャンル分けとフローチャートで台にファンをつける

 

 

ホール営業はいろんな業種から学ぶことができるし、学ばなければならないと思います。
その中でも特に学ぶべき業種であり、私自身がホール営業のヒントにしているのが小売業になります。

スーパー・書店・文具屋・ハンズ・デパート・通販・・・・・
モノを売るというのは、お客様が買いたくなるための提案になります。
そのモノを好きになる、モノが気に入る、自分にとって必要と感じる、良いなと思う。
このような気持ちになるからこそ、対象とするモノとお客様がつながることになります。

 

常々、支援先様でお伝えしていることは、スーパーのようなお店になり、通販のようにモノ(台)を欲しくなる価値提案は必須というものです。

スーパーは全国どこでも企業が違っても、お店に入れば何がどこにあるか一目瞭然です。
ここには“分かりやすさ”の価値があり、分かりにくいという問題を解決する取組みとして食品などの『ジャンル分け』が為されています。

スーパーとホールの違いは、スーパーはお客様がすでに知っている商品が多数ある点で、ホールはお客様が大多数の機種を知っているわけではありません。
スーパーの場合、新しいお肉(新商品)だったとしても、お肉に対する認知はすでにあります。
ホールの新台に関しては、確率帯やスペックなどはある程度イメージできますが、お客様にとってどんな体験価値があるか分かりません。

認知していない機種に関しては興味も関心も湧きません。
ホール内で高稼働の台であれば、「あの機種は人気があるのかな?」と興味が湧きますが、そうでない場合や低稼働のお店の場合は、その興味を起こすことができなくなります。

 

そこで、スーパーのように分かりやすく、通販のように価値を感じるということを実現するのが【ジャンル分け】【フローチャート】になります。
これには上手くいくジャンル分けと、上手くいかないジャンル分けがあり、フローチャートも『どんな内容』にする必要かがポイントになります。
支援先様と一緒にジャンル分けにチャレンジをしていますが、認知度が高い機種はモノ視点でも良かったりするのですが、結論は、コト視点(お客様にとっての価値)でのジャンル分けが上手くいく確率が高くなります。

ジャンル分けの目的は、スーパーのように分かりやすくすることで、ジャンル分けをすれば簡単に稼動が上がるわけではありません。
フローチャートに関しては、台の説明をするものではありません。
お客様が自分にとっての価値を感じるフローチャートです。
簡単に言えば、自分はどうしたら勝てるのか?がイメージできるものです。
短時間遊技で勝ちのイメージが出来るのか、長時間遊技が必要だが期待出玉が多いものなのかなど、お客様にとって価値を感じるフローチャートや機種のポイントはいろいろあります。

 

━欲しいモノの場所や機能が不明瞭な店であなたは買い物をしますか?━

 

詳しい機種説明は台横についているのですが、これはスーパーで言えば商品に書いてある説明と同じです。
手に取らなければ分からないものなので、『手に取るまで』の流れを作るのが【ジャンル分け】と【フローチャート】の役割になります。

機種に興味を持ってもらい、価値を感じてもらうからこそ「打ってみよう」という気持ちになります。
ホールの機種に関する施策が、興味や関心が湧き、自分にとっての価値を感じるという流れになっていなければ、昔に比べて制約条件の多い(広告、告知方法など)現状で、自店の機種にファンをつけていくことは難しくなります。
例えば、スーパーで自身が買い物をする際、商品がバラバラに置かれ、何の説明も無い状態で、目当てのモノが探せない…とお伝えすればこの状況の想像がしやすいのではないでしょうか。

 

ランチェスター戦略の差別化を考える際は、とにかくお客様が体験するコト視点から発想することが有効です。
コト視点で発想し、そこに価値を感じる施策にしていく(コト視点の価値づくり)と、他店では得られない価値を感じてもらえるだけでなく、やっている施策を真似されたとしても、意図が分からなければ稼動につなげられないので『自店の差別化価値』として魅力を積み重ねていけます。

成果を生み出すための運用方法に関しては、ホール様の状況により着手することや戦略が異なります。
その内容は誤解を招く恐れがあるので割愛させて頂きますが、低稼働のお店から高稼働のお店まで結果が出せています。

当然と言えば当然ですが、分からなかったモノを分かるようにするだけで、お客様が感じるものは変わります。
台に詳しい方を対象にするのではなく、詳しくない方を前提としたホール作りをしなければ、詳しくないお客様を無視するホールになってしまいます。

 

 

 

【ご案内】3つのカリキュラム
1.ホールで徹底的に応用している『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店のファンを増やす戦術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。