【第130回】 勝ち方の判断基準と営業活動に落し込むフレームワーク

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第130回】 勝ち方の判断基準と営業活動に落し込むフレームワーク

 

 

ビジネスは時代の変化についていけなくなれば衰退していきます。

私たちの業界も時代の変化に合わせて『どんな価値ある場所にするか?』を問い続けて対応していくことは必須です。
そして、店舗においては競合他社との戦いに勝っていくことも求められます。
ここ数年の大きな業界変化に対応しながら、さらに競合他店との戦いに勝っていくには、これから起こる未来を想定しながら現在の活動に落とし込んでいく必要があります。

 

ランチェスター戦略の【勝ち方の法則】は、勝てる部分での『各個撃破』になります。

これは、ランチェスター戦略を知らなくても感覚的に理解できることで、全体で勝てなければ勝てる部分で『各個撃破』による勝ちを積み重ねていくというものです。
この『勝てる部分』を探すには、機種をタイプやジャンルに分けてシェア状況から把握していくことになります。

ランチェスター戦略式のABC分析をパチンコ店に応用したものを作成していますが、シェアだけでなく市場の中での需要と供給量も参考にして部分の選択や機種戦略を練っていきます。
少し余談ですが、これからの約2年間と数ヶ月で全台が新規則機に移行していくのですが、旧規則の機種を撤去して新規則に移行する際は、類似のジャンルの機種であればお客様にしっかりと価値提案を行って、新規則機とつながっていただく活動も求められます。

話を戻して、部分の分析から
『どの部分で勝っていくか?』という選択と、その部分を
『どのように稼動を高めていくのか?』
という戦略シナリオを描いていく段階になります。

お客様に
『どのように伝え』
『どんな価値を提供し』
『自店の機種のファンになってもらうか』
という基本的な流れですが、これは競合他店との相対比較の中でお客様に選ばれていく必要があります。

 

━勝ち方の法則を落とし込むフレームワーク━

 

【集客→リピート】という大前提を目指すのですが、目標達成をしていくにはこのステップを更に細分化して『緻密』に仮説を立てて実行していくことが重要です。
リピートというのは、自店に繰り返し来店する動機作りになります。
お客様にとっての来店動機ですが、集客施策による来店動機とは別のリピート動機となる価値提供をしていかなければ、通常からの来店につながらなくなります。

来店されたお客様に、次回の集客施策時に来店してもらうための情報提供をやりながら、自店が強化したい(各個撃破)機種の価値提案を行い、更にお客様の事情に合わせた遊び方の提案などなど、店内でどんな体験価値を感じて欲しいかの準備をしていく必要があります。
これが緻密に仮説を立てて実行するということの例になります。(実際はもっと緻密に施策や活動を準備します)

 

私がお伝えしている営業活動に落し込むためのフレームワークを簡単にご紹介します。

機種のセグメンテーション(タイプ・ジャンル・ビックタイトル機種・甘デジ・・・)

機種ターゲティング(勝っていく部分を選択)※選択したもの以外の手を抜くわけではありません。

集客施策(入替・パチンコファン感・・・・)

リピート施策(価値交換・価値付加・次回の来店動機提供・・・・)

価値交換と価値付加には、更に具体的な『台とお客様のつながり』を作る施策が入ってきます。
更に、外部印象作りや内部印象作りなどの興味や関心を持ってもらうための施策も考えていきます。
そして、これを増客プロセス設計の活動の中に落とし込んでいくことで、お客様に選ばれるための具体的な活動にしていきます。

 

ランチェスター戦略の判断基準と、営業活動に落し込むためのフレームワーク。
目標達成していくには、そうなる為のプロセスを改善向上させながら緻密に仮設を立てて実行していきつつ、状況や競争環境の変化に柔軟に対応していく必要があります。
自店をとにかく楽しいお店にしていく為にも、お客様が目的となる台とつながっていただく一方で、ワクワクするようなお店にしていくこともフレームワークに加えて『面白い・嬉しい・楽しい』が溢れるお店として、『お客様にとって価値ある場所』の実現を目指していくのも大切なことです。

 

 

※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

 

 

【ご案内】3つのカリキュラム
1.ホールで徹底的に応用している『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店のファンを増やす戦術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

 

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。