【第140回】 接客スタッフを営業スタッフへ

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第140回】 接客スタッフを営業スタッフへ

 

 

 

突然ですが、皆様のお店では店長から現場のアルバイトの方々まで、現場に出たらどのような役割として仕事をしていますか?

ホールに出たら何を目的として行動するのか?という自分の役割が、どんな役職であれ会社が求めるものと一致する必要があります。
そもそも、『仕事の目的』が正しく共有されていれば良いのですが、「何のために仕事をしていますか?」という質問をすると、会社視点の目的が出てこない場合があります。
研修やコンサルティングで「何のために仕事をしていますか?」という質問の答えとして多いものをご紹介します。

・お金のため
・生活のため
・家族を養うため
・自分のレベルアップのため
・自己実現のため

この答えは全て正しいのですが、あくまでも自分という視点での正しさになります。
この自分視点の目的も当然必要なことですが、仕事をする上で欠かせない会社視点が答えとして出てこない場合があります。
この場合は、「仕事はどこにありますか?」と質問します。

当たり前のことですが、仕事は会社に存在しています。
会社に存在しているということは、自分視点の目的の前に会社視点の目的を果たしていくことが『仕事』になります。
会社の目的は、どんな企業であれ
【お客様にお役立ちして売上を上げていく】
ことになります。

お役立ちとは、価値提供によって果たされます。
価値提供は、私たちの商売であれば、パチンコやスロットという遊技や環境を通じて、楽しさや面白さを届けていくことになります。
これを大前提として現場の仕事を捉えると、戦略や戦術から始まり、現場での実践までの全てが
【仕事=お客様に価値提供でお役立ちして売上を上げていく】
ことが目的になります。

 

━スタッフが生む差別化価値━

 

現場を担う人材の目的も同様で、求められる役割は接客スタッフという部分だけでなく、売上を上げていくための営業スタッフになります。
営業スタッフという役割の中には、当然ですが接客も含まれます。

自店の稼動やシェアを上げていくには、自店の中で“5つのつながり”を作ってもらう必要があります。
特に自店の“台とお客様とのつながり”を作る必要があり、昔のように機種のスペックが分かりやすかった時代とは違い、機種毎の面白さを伝えて『お客様の中に面白そう』という気持ちを生み出す提案営業が欠かせません。
営業スタッフとしての役割は、これらを現場で実践することになります。

・全ての機種を説明することができない
・スタッフがパチンコやスロットを打たない
・機種の説明が出来るように教育するのが大変

営業スタッフになるには、これらの課題を克服していく必要があります。
(これらを解決する方法はありますが今回は省きます)

他店が面倒でやらないこと、やれないことで価値ある活動が出来れば『差別化価値』として自店の強みになります。
いずれにしても、機種の価値提案営業が出来る営業スタッフが育つことは、それを実現しようとするか?それともしないか?という第一歩の差になります。

お客様は楽しめる台を探していますが、分からないものにリスクを負ってお金は使ってくれません。
そうこうしている内に、楽しめるレパートリーが無くなり離反していく。
そうならないためにも、ぜひ自店のお客様に価値提案とリピートしたくなる価値提供ができる営業スタッフの育成をおすすめします。

 

 

 

 

 

【武内のJAPaNセミナー資料ご希望の方】
※法人名・店名・お役職・お名前をご記入の上、『JAPaNセミナー資料希望』としてご連絡下さい。
(お問合せ先)
info@respect-mind.com

 

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店のファンを増やす戦術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

 

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

 

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,人材,人材教育,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。