【第142回】 勝利へ導く戦略家の育成

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第142回】 勝利へ導く戦略家の育成

 

 

 

ビジネスは常に優勝劣敗です。

勝ったり負けたり、何とかしのいだりと、ホール営業においても競合他店と、日々勝負の連続です。
その優勝劣敗の戦いでも、シェアアップや稼動アップというのは勝率を上げていくからこそ実現していけます。
そして、勝率を上げるというのは、自店の取組みによって『お客様に選んでもらう』という結果を出すことです。

お客様は常に“相対的”にお店を選んでいます。
もちろん、ロイヤルカスタマーと呼ばれるくらいお店との関係性が深化していれば、競合他店と相対的に比較してお店を選択することは減ります。
それでも、自店の『お客様喜ばせ競争』のレベルが下がれば、ロイヤルカスタマーのお客様でも離反する可能性があるので、私たちとしては“相対的”に評価されても、選らばれる価値提供で勝率をアップする取組みを忘れてはいけません。

先月のJAPaNセミナーでは、【勝つ為の戦略シナリオを描くフレームワーク】を中心に、勝ち方の原則である“ランチェスター戦略”のエッセンスや、戦略を実践に落し込む戦術として、お客様に選んでもらうための価値提供となる“コト視点の価値づくり”の概略をお伝えしました。
これらの内容は、自店の商圏順位が何位であったとしても、【勝つ為の戦略シナリオ】を描くために必要な内容となります。
ビジネスは優勝劣敗で、勝率を高めていくためには勝つ為の理論を知り、実際の営業の中で変化する戦況に応じて自店の戦略も変化させながら勝ちを掴み取る必要があります。

 

 

市場縮小の時期というのは、競争が激化します。
その中でシェアを上げ稼動を上げるというのは、市場が成長していた時期とは比べ物にならないくらい難易度が上がります。

働く人の自ら学ぶ努力によって結果を出せた時代は既に過ぎています。
戦況に応じて勝つ為の戦略シナリオを描くというのは、戦国時代であれば数々の修羅場を経験してきた戦略家(兵法家)が担っていました。
もちろん、数々の戦を戦い抜いてきた武将も勝つために戦うという戦略を理解して実践しています。
どちらも、勝つ為の戦略を描く為の教育を知識であれ実践であれ、学んだからこそ勝ち残ることができたというものです。

ホール営業においては、複数店舗を経営されている場合は、人事異動などでさまざまな状況(戦況)の店舗を経験することができますが、勝つ為の人材が育つことを待っているのは時間がかかります。
そもそも、勝つ為の原理原則や、お客様に選ばれる実践の技などを学びながら応用して結果につなげるというプロセスを身につけるには時間がかかるのは言うまでもありません。

━主力機縮小のその先へ、戦略家の育成━

 

そこで、【勝利へ導く戦略家の育成】を目指す上で有効な方法があります。
その方法は『戦略会議』というものです。
これは、未来を担う若いスタッフが戦略会議に参加することで、“勝つ為の戦い方や戦略シナリオ”を学び、現場で実践されていること(自分でも行っていること)を体験しながら『勝ち方』であり、『お客様喜ばせ競争』を身につけていくものになります。
もちろん、ランチェスター戦略やコト視点の価値づくりなど、知識として学ぶことも平行して行う必要はありますが、ベテランの方々が勝つ為の戦略シナリオを描いて戦術レベルに落し込む戦略会議を若手が体験すれば、学んだことを実践でどのように応用していくかも深まっていきます。

【勝利へ導く戦略家の育成】と、実際にシェアアップをしていく戦略会議の方法を知り、実践することで結果を出すための組織に変わっていきます。
(具体的な内容や方法に関しては、クライアント様のみにお伝えしているものなので、ここでは伏せさせて頂きます)
市場縮小の中で勝ち残る、生き残るためにも、勝利へ導く戦略家と現場での実践はこれから更に重要なものになっていきます。
特に、これからの2年間の中でも、設置比率の高い機種が外れるタイミングなどでは勝つ為の戦略シナリオを描かなければ、新台を入れてシェアを奪われるという機会損失が起こる可能性が高まります。(競合他店も仕掛けてきますから)

下記にご案内しているJAPaNセミナーでのセミナー資料は、勝つ為の戦略シナリオを描くフレームワークや当日お伝えしたものがです。
ご希望の方へはセミナー資料をPDFにてメールでお送りしております。
これからの2年間を自店の強みをしっかりと作りながら、勝つ為の戦いで乗り越えるための参考にして頂ければと思います。

 

 

 

【武内のJAPaNセミナー資料ご希望の方】
※法人名・店名・お役職・お名前をご記入の上、『JAPaNセミナー資料希望』としてご連絡下さい。
(お問合せ先)
info@respect-mind.com

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店のファンを増やす戦術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。