【第144回】 これから『勝ち抜き、勝ち切る』結果にしていく為に

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第144回】 これから『勝ち抜き、勝ち切る』結果にしていく為に

 

 

いよいよスタートした2019年、既に昨年から想定される問題や課題に向けて、実際に行動に移していく年となりました。

これからの2年で旧規則の機械から新規則の機械への移行となります。
常に情報収集しながら、その都度のベストを選択して進んでいくこととなります。
溢れる情報を活かす知恵を組織の衆知を結集していくことが大切です。
併せて、設置期限を迎える機械を撤去しなければならないというネガティブなものではなく、撤去を進めながらシェアを上げていくポジティブな戦略を描いて実践していくことも重要となります。

メーカー各社様も、新規則の中でお客様に楽しんで頂けるものを発売できるように進めていると思います。
どんな機種がヒットしていくのかは結果が出てこなければ暗中模索の段階です。
それでもホールとしては、新台を導入するだけでなく『お客様が打ちたくなる』ように機種の価値提案を入替の都度、実施していく必要性は更に高まります。
既存の機種であれば類似スペックの情報提供などで、お客様も機種イメージが出来たかもしれませんが、新しいモノに関しては、機種を理解してもらうための『売る努力』という提案が必須になります。

 

 

年末に書いた前回の遊技ビジネス最前線に、『大当りフローチャートによる差別化戦略』の必要性とメリットを書きました。
お客様が機種に対して知りたいことの一番は、「この機種はどうなれば勝ちパターンになるのか?」というものです。
機種に対して勝ちイメージができるからこそ、「打ってみたい!」という気持ちになります。
自店のお客、市場のユーザーはどんな情報に触れ、どんな価値を感じると、「打ってみたい!」という気持ちになるか。
これを明確にして具体的な施策とする方法の一つが“大当りフローチャート”です。

少し営業っぽくなりますが、現在、このフローチャートを多くの方に活用してもらうため動き始めています。
既にリリースされ、導入されている各機種別の大当たりフローチャートの作成を進めています。(見方さえ分かれば理解できるレベルのもの)
ここまでは、各クライアント様に自店で作成して頂いておりましたが、
・1機種作成するのに時間がかかるので他の仕事に支障をきたす
・大当りフローチャートとして作成するために機種に詳しいスタッフが必要
・PCを活用して作成できるスタッフが必要
等の問題もあり、労力がかかるので、人材不足の中で作成していくと、間違えたり、良い物に仕上げるのが難しくなります。
(フローチャートに関しては、リリースできるようになったらお知らせします)

 

━勝ち切る為に必要な伝える力━

 

余談でしたが、自店で作成できる法人様は、これからの機種に関しては更に必須となります。
説明すれば「打ってみたい!」となる機種が、説明が無いために欲求喚起できなければ大きな機会損失になります。
売る努力をする(お客様にファンになってもらう努力)活動が無ければ、自然と売れることはありません。
P機と6号機でファンを増やしていくためにも、エンドユーザーに【伝える力】と伝わってファンになったという結果が重要です。
もちろん、競合他店との競争の中で自店を選ばれるためにも。

お客様の“コト視点”に立って、そのコトという体験で価値を感じるからこそ、“5つのつながり(台・スタッフ・お店・地域・コンセプト)”がお店の中で実現していきます。
今年からは、『勝ち抜き、勝ち切る』ために、店舗営業において挑戦量を増やしていくことが本当に大切になって行きます。

 

 

(お問合せ先)
info@respect-mind.com

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店のファンを増やす戦術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

 

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

 

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。