【第145回】 勝ち抜く鍵となるマーケティングとイノベーション

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第145回】 勝ち抜く鍵となるマーケティングとイノベーション

 

 

 

変化に対応できなければ衰退することは当然です。

高速道路で道が左に曲がっていれば、ハンドルを左に切るから道を走れます。
道路が左に曲がっているという変化に対応せず、ハンドルを切らなければ大事故になります。
上り坂になればアクセルを踏み込んでエンジンのパワーを高めます。
変化に対応するというのは、日常の小さな事から大きな事まで当たり前のように実施するべき原理原則です。

【勝ち抜く鍵となるマーケティングとイノベーション】という今日のテーマですが、これも企業が永続していくための原理原則になります。

マーケティングとイノベーションの有識者と言えば、ピーター・ファーディナンド・ドラッカーと言うのは専門家の方々も異論は無いと思います。
ドラッカーを読むと、いろんな気付きがあるので何もかもが重要なことのように感じます。
しかし、ドラッカーがマネジメントで軸にしているものは『マーケティングとイノベーション』になります。
ドラッカーのマネジメントについて私が100%の理解をしているかわけではありませんが、書籍や教えを学ぶときには軸となるものや目的、中心となるものがあります。
もちろん、学びを実施するうえで知るべきことは多岐に渡るので、これさえ知ってれば全てを網羅したとは思わないで欲しいと思います。

マーケティングは外部の視点で、お客様や社会に必要となるコトや求められるコトに徹底的に対応していくものです。
顧客の創造と言われますが、自社の提供する価値によってお客様へお役立ちしていく活動で新たなお客様やファンを増やしていくことになります。

イノベーションは、世の中の変化を前提にして現在と未来のバランスを取って変化していく活動になります。
どんなに優れた商品や技術だったとしても、世の中の変化よりも先を行き過ぎれば売上は望めなくなります。
逆に、イノベーションをせずに時代に取り残されれば、売上が低減していくという当然の結果となります。
一昔前に固定電話でシェアを拡大して有名になった企業があったのですが、現在は企業向けと新事業で企業の事業構造を大きく変えて変化に対応しています。
一般家庭に固定電話を売り続けていたとしたら、現在は淘汰されていたと思います。

 

━変化に対応する為の環境分析━

 

マーケティングとイノベーションは、もちろん私たちの業界でも必須の鍵となります。
人口動態の変化、喫煙率の変化、所得の変化、求人倍率の変化、業界に対する社会の目の変化、機種性能の変化、広告のやり方の変化、お店の集客武器の変化、スペックの複雑化という変化・・・・・
外部環境の変化と内部環境の変化に対応しつつ、今のお客様を増やしていく活動の連続です。
変化に対応していくには、客観的にかつ冷静に環境分析を行うことが出発点になります。

さまざまな視点での環境分析がありますが、ぜひ実施すべきものを一つだけご紹介します。

それは、『分析が出来ているようで出来ていない』ものになります。
上記に上げている変化に対して、徹底的に自店のミスマッチしているものをリストアップして分析をするというものです。
例えば、人口動態の変化によって、団塊世代の方々が65歳以上となっています。
その変化を前提に店内を見てみると、機種説明やポップなどの文字サイズのミスマッチに気付きます。
スペックの複雑化という変化から店内を見れば、台上のポップの情報不足というミスマッチに気付けます。

勝ち抜く鍵となるマーケティングとイノベーションの活動が土台となって、更に競争戦略の視点が加わります。
変化しているということは誰もが分かっていますが、変化に対応出来ているかは別問題なので、ぜひともミスマッチチェックを行い、改善向上によってファンを増やして参りましょう。

 

 

(お問合せ先)
info@respect-mind.com

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店のファンを増やす戦術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,マーケティング,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。