【第157回】 GWでの営業目標は、シェアアップの結果を出すこと

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第157回】 GWでの営業目標は、シェアアップの結果を出すこと

 

 

 

今回もゴールデンウィーク(GW)に向けた話になります。

GWだけでなく、1年のサイクルの中で連休のタイミングがいくつかあります。
娯楽に関する商売は、お客様の事情に影響を受けるのですが、パチンコ業界に関する影響の大きい事情が【時間とお金】になります。

お盆や年末年始も連休になるのですが、GWとは事情が異なります。
お盆や年末年始というのは、お客様事情としてお盆と年末年始の行事に時間とお金がかかります。
連休といっても、帰省や家族との時間、お墓参りや年始の挨拶・・・・という、本来の連休での過ごし方の優先順位が高くなります。

しかし、GW(特に今年)に関しては、そもそものお客様事情が自由な傾向にあります。
もちろん今年は大型連休なので、旅行を計画されている方々も多いと思いますが、パチンコ店への来店確率はいつもの連休とは異なり、高まる可能性があります。

このような仮説を立てると、今年のGWの重要性は非常に高いものになります。
あと2週間と少しでGWに入るので、GW期間を通じてGW後のシェアアップにつなげる施策をギリギリまで練って、少しでもベストな状態に持っていく努力をするべきタイミングです。

戦略というのは、勝つ為の戦い方を練るもので、これは競合他店と自店をお客様が相対的に比較して、自店の方が良いと思ってもらう結果が重要です。
何かの施策をやるのが戦略ではありません。
結果としてシェアアップを果たす戦略であることを目標にする必要があります。
連休なので、3番店でも4番店でも稼動は平日よりも上がります。
そこに安心していては、この激動の時代を乗り越えていくことは不可能です。

━シェアアップに向け、最低限すべきこと━

シェアを上げられるタイミングに、しっかりとシェアアップの結果を出さなければならない理由は、企業にとっての補給はお客様からしか得られないからです。

ランチェスター戦略の中に、『戦略力2:戦術力1』という数値があります。
これは、敵と味方が同じ100の資源を持っていたときに、力関係が均衡する比率になります。(詳しい説明は省きます)
この均衡する比率が重要なのではなく、『戦略力=生産と補給』というもので、戦術に使われる武器や兵力数というのは、企業においては『戦略力=補給=お客様からのお金』という考え方になります。
参加人口が減る中で、シェアが上がっても稼動が下がるケースもありますが、それでも市場の中でのシェアアップは、力が高まる結果になります。

GW前の準備から、GW中の施策というのは、現状の戦略力(使えるお金)や力関係によって異なりますが、集客やリピートの価値提供レベルを少しでも高めて、シェアアップの活動を行います。
細かいことは抜きにして、最低限のやるべきことを記します。

★GWに入る前(集客施策)
⇒新台入替、中古入替、ボリュームを持たせた入替など、休みに入ってからでも来店する動機となる仕掛け
⇒店外装飾や店内装飾、店内のカテゴリー戦略や大当りフローチャートなどの、店内POPの変更

★GW中(リピート施策)
⇒店内のカテゴリー戦略や大当りフローチャートを活用した、『台とお客様を繋げる』施策
⇒強化機種の利益調整(資源を集中させる範囲)
⇒強化機種の仕掛け
⇒それ以外にも、『スタッフとのつながり』『お店とのつながり』となる価値提供の施策

これ以外にも準備するべきことは沢山ありますが、この項目に対して『何を・どのように・どのような価値提供を目的として』実施していくかを準備して実践した結果がシェアの変動になります。
衰退期において、勝つ結果を作る準備をせずに、たまたま勝ちが得られることはありません。
良い結果となるGWになるよう、お客様を自店で盛り上げていきましょう!

 

 

(お問合せ先)
info@respect-mind.com

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している戦略立案のバックボーン『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店がモテる(魅力的になる)ための思考技術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。