【第161回】 一点集中による一点突破

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第161回】 一点集中による一点突破

 

 

 

これからの1年半とその先も、お店を続けていくには、P機と6号機を入替しながらも勝ち抜いていくことが重要になります。

なんとなく入替をして勝てるような時代はとうの昔に過ぎ去っています。
入替費用というお客様からお預かりして再投資するお金を、しっかりと自店のファンになってもらうための『お客様にとってお店を選ぶ理由となる価値』を考えながら実施していく連続の期間となります。

現状、商圏内で1番支持を得ているお店が常に優位な戦い方ができるのですが、昔と違って一気にボックスの入替が減っている昨今と、圧倒的な顧客吸引力のある機種が少ないときに関しては、どの順位のお店もチャンスを活かす戦い方が可能になります。
直近ですと6月の新機種のラインナップが少ないときは、弱者が戦いやすい状況となります。
戦いをより有利するために、戦い方の基本を振り返ろうと思います。

ランチェスター戦略の弱者の戦い方の中に、五大戦法の『一点集中主義』というのがあります。

これは、“戦闘力(営業力)=武器性能×兵力数”において、戦闘力を競合他店に対して、自社が勝つために選んだ部分の力を上回るための戦法になります。
武器性能(質的経営資源)と兵力数(量的経営資源)を、セグメントしてターゲティングした部分の一点に集中して、部分の1番を目指していくものです。

商圏内で1位の店舗は、既に1番の部分を沢山持っているので、これを更にNo.1の状態にするか、他の部分を強化することになります。
2位以下の場合、シェア状況で商圏が『1強型』なのか『2強型』なのか、更には自店のシェア状況が全体と部分でどうなっているのかで、【一点集中による一点突破】の方法が異なってきます。
ランチェスター戦略だけでなく、さまざまな戦略論を活用する上で「難しい」と感じられるのは、100店舗あれば100店舗分の戦略があるからです。

更に、パチンコ店というビジネスにおいては、出玉の期待と信頼だけでなく、お客様がお店の強化したい機種に対して、『お客様が選ぶ理由』を作るための戦術が重要になります。

━選ばれる理由を創る為の先日━

 

戦略の失敗は戦術では補えないのですが、戦略を形にするのは戦術になります。
この戦術は、機種をどう活用するのか、どんなスタートや設定にするのか、台ごとにどんな仕掛け方をするのか、台をどのように知ってもらうのか、頑張っている機種だということをどのように知ってもらうのか、興味を引くための仕掛けがあるか、打ちにいく理由となるものを認知してもらっているか・・・・・・など、お客様が最終的に「このお店のこの機種が良い」となり、これらを戦術として実施し、来店動機として認知をしてくれたお客様の量によって一点突破が果たされていきます。
お店の中に、稼動が良くて賑わっているコーナーがあると、お客様の中に興味関心が湧いてきます。
そこから更に、新たなファンを増やすには、前述した戦術を継続して実施していくことになります。

勝つ為の戦略シナリオを描くための考え方があります。

1.セグメント(モノ視点・コト視点による機種のセグメント)
2.ターゲティング(自店にとって勝ちやすき優先順位)
3.集客施策(アクションによる施策、土日など自然と増える日の施策)
4.リピート施策(価値提供・価値交換・価値付加・・・)
5.認知向上のプロモーション(店内・店外)

この中身を戦術として準備し、毎月の暦の中でアクションを実施してファンを増やしていくことになります。
その際には、冒頭で書いた戦い方の基本が土台となり、実際にファンが価値を感じる価値提供の戦術が組み合わさります。

GWが終わったこれからは、次のお盆というポイントに向けての流れをつくる段階です。
そして、1年半のP機や6号機への流れで自店を選んでもらう理由を増やしていく活動の連続です。
最後に、『台とお客様をつなげる』ための販促物や機種の活用法など、総合機種運用サイトが立ち上がったので下記でご案内しております。(ご一読下さいませ)

 

―――――――――――――――――――――――――――――
(ご案内)
お客様が『この機種が面白そう』となるための台上POP【大当りフローチャート】をご提供できるダウンロードサイト(有料)がオープンしました。(武内が監修している大当りフローチャートは、日本で唯一こちらでしか手に入りません)
このサイトは、単なる販促ツールをダウンロードするものではなく、【PS新機種活用シート・大当りフローチャート・ワンポイント訴求の台ポップ・新機種ポスター・台横の機種説明・各種素材・コーナー訴求企画】など、総合機種運用サイトになっています。
更に、機種を活かす、お店の営業力を高めるコラムも提供しているもので、実際に稼動を上げるためのツールとノウハウが満載です。
どんなサイトか興味がありましたら、『(お問合せ)info@respect-mind.com :武内臣介』へ、下記の要領でご連絡ください。
※お問合せから『法人名・ホール名・ご担当者様』を明記の上、ご連絡をお願い致します。
―――――――――――――――――――――――――――――

(各種お問合せ先)
info@respect-mind.com

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している戦略立案のバックボーン『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店がモテる(魅力的になる)ための思考技術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。