【第165回】 機種にファンをつける技術でお店に差がつく

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第165回】 機種にファンをつける技術でお店に差がつく

 

 

 

はじめに、今日のコラムと非常に関係があるので、少しご案内をさせて頂きます。

下記でご案内している【総合機種運用サイト(フダポス】の無料閲覧ページが公開されています。
新機種選定~機種運用~機種にファンをつける活用ツールなどがご覧いただけます。
PC専用サイトなので、PCからアクセスしてご覧下さいませ。

『無料閲覧ページ』
https://fudapos.cfy.jp/tool/
『閲覧パスワード』
chm4wdkx2237

(このパスワードは6月中まで有効です)

 

さて、本題のコラムに移ります。

私の友人で、千葉の農作物や魚介類の『生産・製造・卸し・小売』をやっている会社の社長がいます。
店舗を直営しており、そのお店には商品が2000アイテムあります。
店舗スタッフの方々は、当然ながらそのアイテムをお客様に説明することができます。
地域のお客様が自宅で消費したり、お土産として購入するのですが、『もらった人が喜び、送った人も嬉しい』という商品が沢山あります。
“どんな商品か分かる”ようなPOPや、“どんな食べ方をすると楽しめる”説明なども充実していて、納得して(ワクワクして)商品を購入することができます。

今日のテーマは【機種にファンをつける技術でお店に差がつく】ですが、友人の会社は正に『商品を売る技術』で、店舗の差別化を図っています。

7月にはP牙狼とP仕置人の導入があります。
お店によって購入台数は違いますが、どんな機種を導入したとしても、機種にファンをつける技術があるお店と、ただお店に台を設置するお店では、当然ながら差が出てしまいます。
スペック的に、どちらが良いかという評価は導入前にすることですが、導入したら“使いこなす”ための活用術を駆使することが重要になります。

はじめにご案内した無料閲覧ページの中に、私が繰り返し提唱している『大当りフローチャート』があります。
最近は、台上POPで特図1と特図2を掲示しているお店もあり、POPの機種訴求も進化していますが、『ST機・1種2種・転落抽選・小当りラッシュ・・・』という、機種カテゴリーと、当り方の特徴に関しては、この割合だけでお客様は「面白そう」「打ってみたい」とはなりません。

そもそも、台上POPというものはお客様が、「この機種は面白そうだ!」と思ったり、「なるほど、こんな機種なんだ」と理解できることが重要です。
15年前の機種ならば、特図1と特図2の割合が同じものが多かったので問題なかったのですが、今は機種選定される方も、これだけで機種を理解しているわけではないと思います。

━牙狼と仕置人にどう訴求しファンを付けるのか━

 

【機種にファンをつける技術】として重要なことは、もちろん特図1と特図2の割合も必要ですが、『どんな当り方で玉が増えるのか』という勝ち方がポイントになります。
P牙狼は、特図1と特図2のみの表記だと、確変突入は33.2%で、P仕置人は50%となります。
この表記を見た際に、お客様はどのように思うのか?を考えると、機種を知らなければP牙狼は突入の期待値が低い機種だと思ってしまいます。
機種の詳しい説明は省きますが、特図1からの時短引き戻しを加えると、どちらも突中期待値は50%を超えます。

ここから、どちらもST機なので、『ST継続率』と『大当りの出玉』の違いで好みが分かれます。
この流れが分かるときに、初めて「面白そう」「打ってみたい」という気持ちを生み出すことが可能になります。

【機種にファンをつける技術】は、機種の「面白そう」「打ってみたい」という気持ちを掘り起こすものを土台として、更にはイノベーター理論でのすぐに動かない顧客層にもダイレクトに訴求していく技術(店内活動)になります。
機種のスペック設計上で、ラウンド振り分けが細かいものもありますが、その細かいラウンド振り分けを知っても「面白そう」とはなりません。
今回のP牙狼とP仕置人は、どちらもST機ですが、1種2種など、大当りのフローが異なるものも多数あります。

これから、1年半でさまざまなP機と6号機を導入していく必要がありますが、機種が新しくなる(CRや旧規則機の撤去)ペースに対して、お客様が自分のレパートリーを見つけることに追いつかなければ、「最近は面白い台が無い」となり、自店のお客様が離反していく可能性が高まります。
実際のところ、P機や6号機でも面白い台があるのですが、お客様は知らなければ「無い」ということになります。
自店で【機種にファンをつける技術】が無ければ、お店に差がつくのは当然です。

ちなみに、大当りフローチャートは、台を打たないスタッフでも理解できて説明もできるようになる教育ツールとしても活用できます。
【総合機種運用サイト】の中に、新台活用シートというものもあるのですが、これを併用すると“機種に詳しい人材の育成”と、使いこなし方まで身につけられます。
サイトの営業案内のようになりましたが、それくらい業界全体としてファンを離反させず、ファンを増やすには【機種にファンをつける技術】が私は重要だと思っています。
ぜひ、自店でも【機種にファンをつける】ことを実践して、お客様の新しいレパートリーの機種を増やしていきましょう。

 

―――――――――――――――――――――――――――――
【機種を活かす!総合機種運用サイトのご案内】

新機種の選定から、運用と活用方法、そしてファンをつけるためのツール、企画アイデアまで網羅した【総合機種運用サイト】がオープンしました。
新台だけでなく、中古でも活用できるものです。
新機種の貢献ポイントを判断するシート・運用と活用方法・お客様が『この機種が面白そう』となるポスターやPOP【大当りフローチャート】をご提供できるダウンロードサイト(有料)です。(武内が監修している大当りフローチャートは、日本で唯一こちらでしか手に入りません)
このサイトは、単なる販促ツールをダウンロードするものではなく、【PS新機種活用シート・大当りフローチャート・ワンポイント訴求の台ポップ・新機種ポスター・台横の機種説明・各種素材・コーナー訴求企画】など、総合機種運用サイトになっています。
更に、お店の営業力を高めるコラムも提供しているもので、実際に稼動を上げるためのツールとノウハウが満載です。
『無料閲覧ページ』
https://fudapos.cfy.jp/tool/
『閲覧パスワード』
chm4wdkx2237(パスワードは6月中まで有効です)
『(お問合せ)info@respect-mind.com :武内臣介』へ、下記の要領でご連絡ください。
※お問合せから『法人名・ホール名・ご担当者様』を明記の上、ご連絡をお願い致します。
―――――――――――――――――――――――――――――

【リスペクトマインド(株)への各種お問合せ先】
info@respect-mind.com

 

 

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している戦略立案のバックボーン『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店がモテる(魅力的になる)ための思考技術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: ニュース,パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。