【第166回】 稼動を上げるために『シェアの質』を高める

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第166回】 稼動を上げるために『シェアの質』を高める

 

 

 

 

月1回で訪問しているお客様の近くに毎回必ず行くラーメン屋さんがあります。
そのラーメン屋さんに行くのが、月に1回の楽しみになっています。

個人的な話ですが、私は子供の頃から肌が弱いので、今は無添加石鹸を使っています。
実は、頭から体まで全て無添加石鹸を使い出してから、フケや肌荒れが極端に少なくなりました。(人によって差はあると思いますが)

と、いきなり何の話をしているんだと思うかもしれませんが、繰り返し行くお店や、繰り返し利用するモノというのは、何かしら自分にとっての“価値”があるからこその結果です。
上記のラーメン屋さんも、無添加石鹸も、今となっては安売り(安い)をしているから利用するわけでなく、それぞれに対して価値を感じているから継続しているというものです。
高頻度ではありませんが、私が『シェアの一部』を担っているということになります。

ランチェスター戦略では『シェア』を重視していますが、シェアというのは
『お客様の人数×来店回数』
で見る場合や、
『お客様の人数×購入回数×購入単価』
という売上で見る場合など、業種によって適切な指標で見ていきます。
そこには、“繰り返し”というリピートの要素も当然含まれ、『シェア』が重要な理由は利益の源泉となる売上につながるからです。

お店の施策としては、お客様の数を増やすという場合、
人数としての絶対数を増やすのか、
来店回数を増やすのか、
さらには滞在時間を増やすのか
という考え方に広がります。

全国各地で人口減が加速していくという事実がある中で、単純に集客数を増やしていく施策だけでは稼動は上げられないという現実があります。
『シェアの質を高める』というのは、自店を繰り返し利用するお客様を増やすと同時に、来店回数を高めていく施策でリピート率を高めるものになります。

━5つのつながりでシェアの質を高める━

前述のラーメン屋さんも、無添加石鹸も、利用する動機(価値)があるからこそ継続しているもので、ホールにおいてもお客様とのつながりを強固にしていく活動によって果たされていきます。
団塊世代の方々の高齢化にともない、現状のファンの来店回数を増やす取組みだけでなく、団塊ジュニア世代や若者の参加率を高めていくことも、業界全体の課題であり、ホールで実施しなければならない課題になります。

『シェアの質』を高める施策を考える際には、【5つのつながり】を、お店の中でのお客様体験ストーリーとして落とし込んでいきます。
【5つのつながり】とは、
『台・スタッフ・お店・地域・コンセプト』
とお客様をつなげていくものです。

人が何かとつながる場合、その対象に対して何かしらの価値を感じています。
好きな食べ物、好みの漫画、お店、人・・・・・価値を感じた結果です。
地域のお客様が店外から何かを感じ、お店に入って帰るまでの体験ストーリーの中で、『好きになる動機となる体験価値』を感じてもらう施策が、『シェアの質』を高めていきます。

価値を感じてもらうための顧客接点(スタッフとの接点だけでなく、台や販促物や店内装飾も顧客接点になります)で、“何をやって、どんな価値を感じてもらうか”を準備した施策です。
簡単な例として、スタッフが笑顔で挨拶をした場合、お客様の体験としては『気持ちの良い笑顔で挨拶をしてくれた』というものになります。
笑顔の挨拶には、相手の存在欲求を満たす価値があります。

新台を導入した際に、大当りのフローが分かる台ポップが必要という提案を繰り返ししていますが、『価値を感じないものに興味は湧かない⇒結果として打ちたくならない⇒打たない』という結果になってしまうからです。
多くの業界で人口減の影響が広がってきています。

競争戦略は、『お客様喜ばせ競争』で、単なる他店とのお客様争奪戦ではありません。
お客様に『また行きたい』という価値を届けてファンを増やしていくものです。
新規則機に移行するタイミングは、離反が起こるタイミングにもなるので、【5つのつながり】を強固にして(特にレパートリーとなる“台とのつながり”)、ファンを増やしていきましょう。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――
【機種を活かす!総合機種運用サイトのご案内】
新機種の選定から、運用と活用方法、そしてファンをつけるためのツール、企画アイデアまで網羅した【総合機種運用サイト】がオープンしました。
新台だけでなく、中古でも活用できるものです。
新機種の貢献ポイントを判断するシート・運用と活用方法・お客様が『この機種が面白そう』となるポスターやPOP【大当りフローチャート】をご提供できるダウンロードサイト(有料)です。(武内が監修している大当りフローチャートは、日本で唯一こちらでしか手に入りません)
このサイトは、単なる販促ツールをダウンロードするものではなく、【PS新機種活用シート・大当りフローチャート・ワンポイント訴求の台ポップ・新機種ポスター・台横の機種説明・各種素材・コーナー訴求企画】など、総合機種運用サイトになっています。
更に、お店の営業力を高めるコラムも提供しているもので、実際に稼動を上げるためのツールとノウハウが満載です。

『無料閲覧ページ』
https://fudapos.cfy.jp/tool/
『閲覧パスワード』
chm4wdkx2237(パスワードは6月中まで有効です)
『(お問合せ)info@respect-mind.com :武内臣介』へ、下記の要領でご連絡ください。
※お問合せから『法人名・ホール名・ご担当者様』を明記の上、ご連絡をお願い致します。
―――――――――――――――――――――――――――――

【リスペクトマインド(株)への各種お問合せ先】
info@respect-mind.com

 

 

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している戦略立案のバックボーン『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店がモテる(魅力的になる)ための思考技術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。