【第172回】 お盆休みや土日に外部装飾を変更する重要性

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第172回】 お盆休みや土日に外部装飾を変更する重要性

 

 

 

 

情報提供というものは、【伝わり、価値を感じて、行動してもらう】ことが目的になります。
顧客層によって情報提供を行うツールは変わるので、ユーザーの利便性やアクセスするツールを駆使することは当たり前となっています。

 
新台入替の告知や情報提供だけでも、世代によって複数のツールが必要なのは当然で、販売促進に関しては安ければいいという意識ではなく、【伝わり、価値を感じて、行動してもらう】という目的を持って活用していく必要があります。
安くても、やっているだけで結果が出ないものは高いコスト(無駄)をかけていることになります。
情報提供や情報発信は、結果が見えづらいものなので、「これをやったらどんな結果になるんだ?」という可能性の芽を摘むような会話はご法度で、とにかく【伝わり、価値を感じて、行動してもらう】ことへの可能性を追求した取組みが重要です。
安くても高くても、自社で挑戦して、結果が出るものに仕上げていくプロセスを踏まなければ、それこそ無駄なコストになってしまいます。
 
 
前回のコラムで、お盆前の施策は重要ということを書きました。
お盆前に多台数の中古を絡めた新台入替をやったとしても、ポスターだけであれば、いつも来店されるお客様は知っていても、他店のお客様や普段は来店しない(土日来店が中心のお客様など)方には何も伝わっていない可能性があります。
集客するための施策を実施したのに効果がなかった・・・ではなく、効果が上がるような施策を準備していなかったというものになります。
増客に向けて、集客からリピートへつながる施策を準備する際は、価値提供レベルによって可能性が異なります。
基本は全てのプロセスで価値提供レベルを高める必要がありますが、その中でも見落としがちなのが、今日のテーマの【外部装飾】になります。

 

━情報を伝える為にまず視覚で訴える━

 

SNSや事前告知を活用して、お盆休みの際に来店してもらう取組みは行っていると思いますが、その情報が届くお客様だけでなく、知らないお客様にも来店してもらうキッカケづくりが外部装飾になります。
1ヶ月の来店回数分析を行えば、月に1~5回までの来店回数の人はかなり多くいます。
これくらいの来店回数のお客様は、基本的に情報が無い状態となります。(SNSなど登録していればいいのですが)

情報提供で来店促進をかけられないお客様に対して、少しでも来店のキッカケを作るツールが外部装飾になります。(他にもありますが)

普段のノボリとは違う、圧倒的なノボリの数を準備したり、道路から目立つ場所にインパクトのある違和感があるものを準備したり、都内であれば大量の提灯をぶら下げたり・・・・など、「あれ、何かやっているのかな?」という、気を引くレベルのものを実施することで、「覗いてみようかな」というキッカケが作れます。
何もやっていなければ、この可能性はゼロになります。

せっかく稼動を上げるチャンスで、お店の中はいろんな準備をしていたとしても、普段はあまり来店されないお客様を新しく獲得する機会を失ってしまいます。

外部装飾で大きな集客や稼動アップの効果を目指すものではなく、実施している施策を最大限の効果になるように準備をしていくものになります。

お店の中に入っても、「なんか雰囲気が良くないな~」と感じるお店がありますが、お店のスタッフは一生懸命がんばっていると思います。

 

商売は一生懸命がんばることは当然で、このがんばりを結果につなげるのは上司の役割になります。
外から見て「いってみようか!」と思えるか、お店に入って「また来よう!」という価値を体験できるか。
お盆休みはもうすぐなので、最大限の取組みを準備していきましょう!
ちなみに、毎週ある土日もこの積み重ねが重要です。

 

【ご案内】
●下記でご案内している『フダポス』が、(株)シー・エフ・ワイ様が初セミナーを開催するため、お試し期間は破格のキャンペーン価格でご利用できます。
お盆休みの機種訴求や、『台が分かる』を実現する大当りフローチャートなど、激安でご利用いただけます。
ぜひ下記のご案内から問い合わせてみてください。
●初セミナーは【遊技機運用活用セミナー】で、高橋正人氏・涌嶋士郎氏・武内臣介(私)も登壇します。
8月27日(火)東京開催、28日(水)大阪開催です。
ご参加お待ちしております。
(セミナーのご案内)
https://cfy.jp/seminar/001/
 
―――――――――――――――――――――――――――――
【機種を活かす!総合機種運用サイトのご案内】
新機種の選定から、運用と活用方法、そしてファンをつけるためのツール、企画アイデアまで網羅した【総合機種運用サイト=『フダポス』】がオープンしました。
新台だけでなく、中古でも活用できるものです。
新機種の貢献ポイントを判断するシート・運用と活用方法・お客様が『この機種が面白そう』となるポスターやPOP【大当りフローチャート】をご提供できるダウンロードサイト(有料)です。(武内が監修している大当りフローチャートは、日本で唯一こちらでしか手に入りません)
このサイトは、単なる販促ツールをダウンロードするものではなく、【PS新機種活用シート・大当りフローチャート・ワンポイント訴求の台ポップ・新機種ポスター・台横の機種説明・各種素材・コーナー訴求企画】など、総合機種運用サイトになっています。
更に、お店の営業力を高めるコラムも提供しているもので、実際に稼動を上げるためのツールとノウハウが満載です。
 
『無料閲覧ページ』
https://fudapos.cfy.jp/tool/
※スマホからもご覧頂けます。
 
◎『フダポス』提供会社(資料請求やご質問はお気軽に)
株式会社シー・エフ・ワイ
(お問合せ)info@cfy.jp  (担当:小川鉄雄)
―――――――――――――――――――――――――――――
 
 
【リスペクトマインド(株)への各種お問合せ先】
info@respect-mind.com
 
【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)
1.ホールで徹底的に応用している戦略立案のバックボーン『ランチェスター戦略』研修
弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店がモテる(魅力的になる)ための思考技術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
 
【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY
 
【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)
 
(ホームページ)
http://www.respect-mind.com
 
(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map
※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,人材教育,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。