【第175回】 これから17ヶ月の入替計画

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第175回】 これから17ヶ月の入替計画

今日は、いつものコラムとは趣向を変えて、これからの入替計画の考察です。

法人様ごとに資金力の差はあるので、「これが答えだ!」というものはありませんが、競争戦略としては、単に入替を進めていくというものではありません。
限られた制約条件の中でも、自店のファンを増やして稼動やシェアアップを目指した入替を考えていく必要があります。

資金調達や内部留保の額によって法人様や店舗ごとに入替戦略も異なりますが、商売としての基本的な考え方は、【稼いだお金の中で入替をしていく】というものになります。
もちろん単月ではなく、年間を通して利益を確保でき、機械予算配分をベースにして、自社が取れる入替計画を練っていくというものです。
基本的なことを書きますが、数字で撤去までの17ヶ月を【例として】考察してみたいと思います。

【例】
●PS合計台数300台 現状のPS新規則機30台 (10%)
●PS旧規則機台数 270台
●現状の月間入替費用 300万円

撤去期限によって入替するべき台が多い月や少ない月はありますが、現状の粗利と入替費用を維持したと仮定して、更に借り入れなどで入替をしない前提で考えてみます。

━現状の予算から未来を逆算してみる━

○新台のみで270台を入替する場合(新台を税込み50万で計算)
270台×50万=1億3500万

○現状の入替費用300万での予算(17ヶ月間)
300万×17ヶ月=5100万

○新台のみで実施できる入替台数
5100万÷1億3500万=0.3777(約38%)
270台×38%=約102台

○現状の入替費用で270台を実施する場合の平均入替単価
5100万÷270台=約19万

○2021年1月で、3割の台数を板張り(停止台)させる場合の平均入替単価(90台の板張り)
300台×70%=210台   210台-30台(既に新規則機の台数)=180台
5100万÷180台=約28万

板張りの台数は、月額入替予算、導入したら外さないなどの前提は店舗毎に異なりますが、上記の90台を入替しない場合、1台当りの平均入替単価は約28万となります。

新台をどれくらい買えるか?
中古なら、10万・20万の機種をどれくらい買っていく必要があるか?
いずれにしても、ここから自店の入替戦略を考察していく必要があります。
このお店の場合は、中古を『どんな機種・いくらで・どこに導入して・どんな結果を得たいか』を目指して選定していくものになります。


あくまでも【今、現在の状況で】というものになりますが、中古P機に関しては、4円では難しいが1円では稼動する甘デジ、ライトミドルが比較的手頃な値段となっています。
高継続のライトミドルは、1円でも4円でも稼動するものもあります。

6号機に関しては、20スロでは難しいが、低貸しで稼動する機種が手頃な値段です。
毎月導入される新台によって、本来のスペックは悪くないが新台と回遊する機種に関しては稼動が低下して、中古価格もお手頃になる可能性があります。
自店はどのような入替をしていく必要があるか?
すでに考えている皆様も多いとは思いますが、もう17ヶ月しかないので、年末のスロット撤去だけでなく、その先も見据えての入替が必要な段階だと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――
●ご案内
【機種を活かす!総合機種運用サイトのご案内】

新機種の選定から、運用と活用方法、そしてファンをつけるためのツール、企画アイデアまで網羅した【総合機種運用サイト=『フダポス』】が絶賛キャンペーン中です。
新台だけでなく、中古でも活用できるものです。
新機種の貢献ポイントを判断するシート・運用と活用方法・お客様が『この機種が面白そう』となるポスターやPOP【大当りフローチャート】をご提供できるダウンロードサイト(有料)です。(武内が監修している大当りフローチャートは、日本で唯一こちらでしか手に入りません)
このサイトは、単なる販促ツールをダウンロードするものではなく、【PS新機種活用シート・大当りフローチャート・ワンポイント訴求の台ポップ・新機種ポスター・台横の機種説明・各種素材・コーナー訴求企画】など、総合機種運用サイトになっています。
更に、お店の営業力を高めるコラムも提供しているもので、実際に稼動を上げるためのツールとノウハウが満載です。

『無料閲覧ページ』

https://fudapos.cfy.jp/tool/
※スマホからもご覧頂けます。

◎『フダポス』提供会社(資料請求やご質問はお気軽に)
株式会社シー・エフ・ワイ
(お問合せ)info@cfy.jp  (担当:小川鉄雄)
―――――――――――――――――――――――――――――

【リスペクトマインド(株)への各種お問合せ先】
info@respect-mind.com


【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)
1.ホールで徹底的に応用している戦略立案のバックボーン『ランチェスター戦略』研修
 弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
 ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
 一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店がモテる(魅力的になる)ための思考技術
 価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
 価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
 (お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
 
【コト生みコラムのご案内】
 選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
 営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
 (メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY
【無料相談のご案内】
 業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
 情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。 
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
 (お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
(ホームページ)
http://www.respect-mind.com
(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map
※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)
 
 

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。