【第187回】 業界からワクワク感が薄れている?

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第187回】 業界からワクワク感が薄れている?

 

 

 

 

先日、あるホール経営者の方と食事をしている際に出た話題が有ります。

「いつからパチンコ店がワクワクする場所で無くなったのか?」

というもので、今もパチンコやスロットのファンとして来店してくれるお客様には、ホールに行くことのワクワク感を失われていないと思いますが、離反した理由はさまざまだとしても、実際にワクワク感という点においては薄れているということでの共通認識でした。

子供が遊園地やディズニーランドに行きたがるというのは、ワクワク感(気持ち)につながる実体験や、行ったことが無くても頭の中で想像する体験に、何かしらの価値を感じているからです。
おなかが空いたら何かを食べたいと思うのは、食べ物には空腹という問題を解決する価値があるからです。
もう倒れそうなくらいの空腹時であれば、食べ物がもうすぐ出てくるという瞬間は、気持ちが高ぶるというか何かしらの心の状態になっています。
遊園地に対して、大人になってもワクワクする人もいるし(私はワクワクします)、ワクワク感が無くなったという人もいますが、子供がはしゃいで楽しみにしている姿を見ると、遊園地の遊具にワクワクするというよりも、子供と行く体験にワクワクします。

 

 

 

どんな商売も、同業の競合他社だけでなく、代替品やサービスを提供する別の競合他社との競争はあります。

ホールに対してワクワクが薄れて、別の代替商品(スマホゲーム、旅行などの別の遊び、キャンプなどのアウトドア)が盛んになり、遊びの幅が広がったということもあり(白書を見れば傾向は分かります)、人口動態の変化によってパチンコ業界のボリュームゾーンが変化したのもありますが、パチンコ店に行くことのワクワク感につながる価値が不足しているのでは?ということを、しっかりと追求するべきだと思っています。
代替産業や人口動態のせいにする他者責任の考え方では、業界を盛り上げていく大事な価値を想像することができなくなります。
もちろん、成熟した業界が衰退する(ユーザー減)場合は、儲かった時代に肥大させたコストがそのまま推移することや、業界に関わる立場の異なる会社も生き残りをかけるので、ユーザー減とは反して高コストに向かう流れもあり、コストによってワクワク感の幅をどんどん狭まるという側面もあります。
いずれにしても、ワクワク感を高めてファンを増やすということを“今の状況”を踏まえつつも、今の状況にひずみがあるのであれば是正して、ワクワク感を追及することが大切だと思います。
と、これだけ書いて終わってしまうと単なる評論家になってしまうので、前回のコラム【恐怖の撤去離反】にならないための、“台とお客様のつながり”に関するワクワク感について書いていきます。

 

━ワクワク感は店が生み出す━

 

好きな台が無くなれば、お店に行くワクワク感が薄れます。

ワクワクする機種が見つからなければ、自然離反(行く価値を感じない)や撤去離反が起こります。
何度もお伝えしている、『台が分かる』を実現する大当りフローPOPなどの活用は当たり前として、短時間・長時間・のんびり・ガッツリ・お金のあるとき、無いとき、気晴しに・・・・・など、お客様の体験価値視点でパチンコ店の楽しさやワクワクを意図的に増やしていくことも重要になります。
店休が無ければ、365日の基本活動としてお客様に伝え続け、体験して価値を感じてもらう取組みになります。

お店にリピートするには、“5つのつながり”をお客様と作る必要があります。
“5つのつながり”とは、
①台とお客様 
②スタッフとお客様 
③お店とお客様 
④地域とお店(スタッフ)
⑤コンセプトとお客様 
で、大当りフローPOPや台とお客様をつなげるスタッフの提案営業を中心として、②~⑤によるつながりも強化していくものです。
詳しい内容は省略しますが、【ワクワク感】というものをお客様が自然と持ってくれるというスタンスを省みて、自店では本当にワクワクする気持ちを生み出す取組みが出来ているかを見直す必要があります。

『コト視点の価値づくり』のカリキュラムは、これを追求してお店のワクワク感を高める(差別化価値)も考えていくものになります。
いずれにしても、ワクワク感を生み出すための挑戦は、これからも続けていく必要があります。
ワクワク感という視点で、皆様と一緒に来年も再来年も盛り上げていきたいと思います。

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――
●ご案内
【機種を活かす!総合機種運用サイトのご案内】

新機種の選定から、運用と活用方法、そしてファンをつけるためのツール、企画アイデアまで網羅した【総合機種運用サイト=『フダポス』】が絶賛キャンペーン中です。
新台だけでなく、中古でも活用できるものです。
新機種の貢献ポイントを判断するシート・運用と活用方法・お客様が『この機種が面白そう』となるポスターやPOP【大当りフローチャート】をご提供できるダウンロードサイト(有料)です。(武内が監修している大当りフローチャートは、日本で唯一こちらでしか手に入りません)
このサイトは、単なる販促ツールをダウンロードするものではなく、【PS新機種活用シート・大当りフローチャート・ワンポイント訴求の台ポップ・新機種ポスター・台横の機種説明・各種素材・コーナー訴求企画】など、総合機種運用サイトになっています。
更に、お店の営業力を高めるコラムも提供しているもので、実際に稼動を上げるためのツールとノウハウが満載です。
『無料閲覧ページ』
https://fudapos.cfy.jp/tool/
※スマホからもご覧頂けます。

◎『フダポス』提供会社(資料請求やご質問はお気軽に)
株式会社シー・エフ・ワイ
(お問合せ)info@cfy.jp (担当:小川鉄雄)

―――――――――――――――――――――――――――――
【リスペクトマインド(株)への各種お問合せ先】
info@respect-mind.com

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)

1.ホールで徹底的に応用している戦略立案のバックボーン『ランチェスター戦略』研修
 弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
 ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
 一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店がモテる(魅力的になる)ための思考技術
価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

【コト生みコラムのご案内】
選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
(メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY

【無料相談のご案内】
業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR

(ホームページ)
http://www.respect-mind.com

(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map

※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。