【第188回】 バジリスクとハーデスの撤去で何をする?

お客様と店舗を繋ぐ魅力づくりケーススタディ

【第188回】 バジリスクとハーデスの撤去で何をする?

 

 

 

全国的にバジリスク絆とハーデスが撤去されるまで、残り1ヶ月を切りました。

新規則機への移行もある中での大きな撤去となります。
この2機種しかレパートリーが無かったお客様や、他の機種もレパートリーにはなっているが、あまり熱くなれない機種しかなくなる場合、少なからずとも“撤去離反”が起こります。
撤去のタイミングで板張りしないように機種を取り揃えるだけだと、大きな撤去離反の損失が起こります。

撤去離反を0%にすることは無理であっても、他の機種に移行してもらい離反を抑えることは可能なので、12月の頭からでも最大限のやれることは準備をするべきだと思います。

バジリスク絆とハーデスを打っていたお客様のレパートリーは、回遊のデータなどである程度は把握できると思いますが、これはあくまでも現場でやることの参考データであって、回遊機種を準備するだけでは不十分と言えます。
もちろん、移行する機種を準備して強化している(番長など)お店もありますが、直接会話が出来るお客様とは、会話でしっかりとヒアリングをして傾向を把握しつつ、同時にレパートリーとなる機種の価値提案を実施する地道な活動も必要です。

例えば、家電量販店で冷蔵庫を買うとき、何を買うか迷っていたら店員さんと話しをしながら、自分にとって適切な冷蔵庫を探します。
ホールで全てのお客様をサポートすることは難しくても、ある程度の機種傾向が見えれば、適切な機種をアピールするなどの興味喚起を行えます。
困ったときの海とジャグラーという言葉があるかは分かりませんが、遊技動機が薄れてからもしばらくは来店してくださるので、次の機種が見つかるまでのつなぎとして、スロットは番長だけでなくジャグラー訴求も重要だと思います。

パチンコに動くお客様に関しては、単時間差玉が比較的高いものや、1種2種系もあります。
このような課題は、今後の1年は継続して続く内容なので、今回からでもお客様が次の機種を見つけやすくなる、レパートリーを増やせる営業上の取組みを実施していく必要があります。

 

━【期待】には【価値】がある━

 

 

このようなタイミングで重要な施策が、“集客の武器”になります。
お店の中でいろいろ準備していても、来店動機を作れなければ伝えることはできません。
機種による来店動機が『一旦は失われても』、お店に足を運ぶ動機があれば、離反させずに次のレパートリーとつながってもらうことは可能になります。
“集客の武器”と書くと、イベントを推奨しているように思われそうですが、決してそうではありません。

ここ最近のお客様は、“暦”でお店の姿勢を判断する方も増えています。
お客様が勝手に期待しているかもしれませんが、それに応えることはお店の営業努力だと考えます。
お店がお客様の期待に応えることが出来れば、それは継続した“集客の武器”になり、お客様にとっての“来店動機”になります。
年末ジャンボを買うというのは、何かしらの期待をしているからです。
期待という気持ちには、お客様にとって何かしらの価値が含まれています。
「このお店は、○○○○○だ!」
お客様がお店の営業努力とつながるというのは、設備や居心地も含めた『お客様とお店のつながり』作りになります。
撤去離反の回避というのは、本当に業界として真剣に取組むべきことですが、過去に離反した多くの方が、「なんかつまらなくなった」と離反していきます。
皆様のお店で、これから1年間の間に離反されるお客様を作らないためにも、この機会にしっかりと議論して施策を準備することをおすすめします。

 
―――――――――――――――――――――――――――――
●ご案内
【機種を活かす!総合機種運用サイトのご案内】

新機種の選定から、運用と活用方法、そしてファンをつけるためのツール、企画アイデアまで網羅した【総合機種運用サイト=『フダポス』】が絶賛キャンペーン中です。
新台だけでなく、中古でも活用できるものです。
新機種の貢献ポイントを判断するシート・運用と活用方法・お客様が『この機種が面白そう』となるポスターやPOP【大当りフローチャート】をご提供できるダウンロードサイト(有料)です。(武内が監修している大当りフローチャートは、日本で唯一こちらでしか手に入りません)
このサイトは、単なる販促ツールをダウンロードするものではなく、【PS新機種活用シート・大当りフローチャート・ワンポイント訴求の台ポップ・新機種ポスター・台横の機種説明・各種素材・コーナー訴求企画】など、総合機種運用サイトになっています。
更に、お店の営業力を高めるコラムも提供しているもので、実際に稼動を上げるためのツールとノウハウが満載です。

『無料閲覧ページ』
https://fudapos.cfy.jp/tool/
※スマホからもご覧頂けます。

◎『フダポス』提供会社(資料請求やご質問はお気軽に)
株式会社シー・エフ・ワイ
(お問合せ)info@cfy.jp  (担当:小川鉄雄)
―――――――――――――――――――――――――――――
【リスペクトマインド(株)への各種お問合せ先】
info@respect-mind.com

【ご案内】3つのカリキュラム
※下記に書いているカリキュラムは、エッセンスのみの3時間・6時間などの研修も実施しております。(お気軽にご相談ください)
1.ホールで徹底的に応用している戦略立案のバックボーン『ランチェスター戦略』研修
 弱者逆転していく為には必須のランチェスター戦略を、私自身が15年ほど応用して実践し、結果を出してきたものに置き換えて説明する研修です。
 ランチェスター戦略の用語を理解して、パチンコ店に応用することの時間短縮になる研修です。
 一から学んで実践で結果を出すレベルまで活用するには時間が掛かり、それを短縮するパチンコ店用に応用しているランチェスター戦略です。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
2.“コト視点の価値づくり”による差別化価値で、自店がモテる(魅力的になる)ための思考技術
 価値づくりの思考技術と実践の技を短期間で身につける、『“価値づくり”人材』育成プログラム(3時間×6回)の研修を行っております。
 価値から行動を考える方法を知ることで、お客様に選ばれるお店づくりが価値視点で行えます。(現場力の向上につながります)
また、価値づくりは社内でも活用できるもので、組織を活性化させる方法にも応用できるものです。
(お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
3.『増客プロセス設計』で現場に戦略と戦術を落とし込みファンを増やす
増客プロセス設計(3時間×6回)では、戦略(ランチェスター戦略)と戦術(コト視点の価値づくり)を現場で行う施策に落とし込み、リピートにつなげる為の活動に変えていくものになります。
 (お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
 
【コト生みコラムのご案内】
 選ばれるお店になるための『顧客体験価値』(コト視点の価値づくり)視点でのコラムを毎週火曜日にホームページにて更新してメルマガでもお届けしております。
 営業のヒントとしてご登録して頂ければ幸いです。
 (メルマガ登録ページ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=zc96GY
【無料相談のご案内】
 業界と自店の未来に挑戦し、お客様に選ばれる新たな答えを生み出していく段階です。
 情報収集の一環としてお問い合せ頂ければ幸いです。 
※ご面談の際には、『ランチェスター戦略』『コト視点の価値づくり』『増客プロセス設計の考え方』のご説明もさせて頂きます。
 (お問い合せ)http://www.respect-mind.com/index.php?go=QvIJzR
(ホームページ)
http://www.respect-mind.com
(アメブロ)自由気ままに、コト視点の価値づくりや人材育成について毎日更新しております。
http://ameblo.jp/takeshin-map
※武内はNPOランチェスター協会認定の正式なインストラクター資格を取得しております。(インストラクター歴10年・実践活用歴15年)

カテゴリー: パチンコ,プロモーション,戦略・戦術

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。