中国遊商が特殊詐欺被害防止対策事業支援で広島県警察本部長から感謝状授与

 

全商協所属の中国遊技機商業協同組合(理事長松原陽輔)では、平成28年に広島県警察が総力を挙げて推進していた「なくそう特殊詐欺被害アンダー10作戦」を支援、とりわけ宅配便を利用した現金送付型による被害防止用シール20万枚(100万円相当)を広島県警、中国遊技機商業協同組合等3組合連名により作製し、側面から支援。これに対し平成29年1月23日、広島県警察本部長から松原理事長が感謝状を授与された。

被害防止用シールは宅配便送り状「送り主欄」(別添2参照)に貼付し、利用者に注意喚起するもので、既に昨年11月から順次、広島県内のコンビニ店に配布され利用されている。同組合の今回の支援は、平成27年に引続いたもので、今後も地域の安全・安心の取組みに少しでも役立てるよう継続的に行っていく予定という。

tyugokuyuusyoimage3

kannsaiyuusyou20170123-2

カテゴリー: ニュース,社会貢献

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。