Sammy【パチスロ偽物語】、半列程度の台数を構えて毎日設定を意識的に投入するAタイプ系の運用方法がよし!?

ワクワク涌嶋のスロット丸秘情報

Sammy【パチスロ偽物語】、半列程度の台数を構えて毎日設定を意識的に投入するAタイプ系の運用方法がよし!?

今回は、【パチスロ偽物語】(Sammy)の新台レポートになります。納品日 は2月21日から。販売台数20,000台となります。

【基本情報】
メイン基板管理5.5号機
A+ART機
ART純増枚数 1.2枚/G
1セット 20G
ループあり
ベース 34.9G/50枚
コイン単価 約2.3円
MY 2198(設定①)
天井 1000 G+α

【確率・出玉率】
ボーナス確率
設定①:1/199.8
設定②:1/195.1
設定③:1/190.5
設定④:1/186.2
設定⑤:1/182.0
設定⑥:1/178.1

ボーナス+ART合算確率
設定①:1/147.7
設定②:1/145.3
設定③:1/141.2
設定④:1/132.9
設定⑤:1/126.0
設定⑥:1/119.1

出玉率
設定①:97.9  %
設定②:99.3  %
設定③:100.9 %
設定④:104.3 %
設定⑤:108.6 %
設定⑥:112.1 %

【通常時関連】
通常時はステージによって3つの内部モードが存在。
① 通常
② 高確
③ 超高確

■ 解呪ノ儀(自力解除ゾーン)
突入契機は、通常時の内部モードによって変化。
液晶画面最下部の信号機の点灯状況によって怪異図柄出現率が異なる内部モードを示唆することで突入期待度に変化あり。
規定G数:15G
怪異図柄出現でART突入のチャンス
怪異図柄出現率:約1/5
全役でも抽選
突入時での液晶背景レベルで期待度変化
レベル.1 :約33%
レベル.2 :約50%
レベル.3 :約80%
解呪連モードあり

■和解ノ儀
突入した時点でART確定
消化中は「チャレンジゾーン」のG数上乗せ抽選あり

【ボーナス関連】
ボーナスはビッグボーナスのみ
獲得枚数:150枚
当選タイミングによって消化中の怪異図柄出現が様々な役割に変化します
通常時:解呪ノ儀or ARTの抽選
ART中:倍倍チャンスの抽選
倍倍チャンス中:倍倍チャンスのストック及び超倍倍チャンスに抽選
BB中告知は2種類
チャンス告知
完全後告知

【ART関連】
■倖時間(ハッピータイム)
ART純増枚数1.2枚/G
20G/1セット
基本的に、初回ART開始時は、20Gのハッピータイムとハッピータイム終了後に突入する15G+αのチャレンジゾーン(引き戻しART)との2部構成となります

■チャレンジゾーン(引き戻しART)
ART純増枚数1.2枚/G
15G+α/初回開始時
チャレンジゾーン中は毎Gハッピータイムへの引き戻し抽選を行います
抽選確率約:1/10
(ループ率に例えば初回約80%)
抽選に当選時は、残ったG数は次回に持ち越し
この期間にボーナスが当選した場合はハッピータイムが確定します

■夢ノ時間ヲ終ワらせるナ
突入契機
チャレンジゾーン終了後
継続G数:3G
この間レア役当選でハッピータイム復帰
レア役未当選で通常時へ

【上乗せ特化ゾーン】
■倍倍チャンス
配当×倍率を掛け合わせたG数(語)をチャレンジゾーンに上乗せします
倍倍チャンス当選期待度はART中のステージ(モード)によって異なります
『並』→低
『萌』→中
『蕩』→高
※転落抽選は最低保証G消化後に倍率上乗せをしなかった場合に終了の抽選を行う
突入契機
ART中のレア役やボーナス当選時

■詐欺師ノ戯レ
継続G数:最大5G
全小役でG数(語)を直上乗せ抽選します
終了後は倍倍チャンスへ
突入契機
倍倍チャンス中の貝木小窓保留時の抽選当選時

■超倍倍チャンス
継続G数:5G+α
倍率・配当が大幅UPすることで大量G数(語)に期待大
突入契機
倍倍チャンス中のボーナス当選時の抽選による

■エクストラサービス
継続G数:0G連
プッシュボタンを押すごとに5G(5語)を80%ループで直上乗せします
突入契機
倍倍チャンス中の怪異図柄揃いやリプレイの一部から突入

■化物語解呪ノ儀
継続G数:10G/1セット
最大5セット
全役でG数(語)を上乗せ抽選
突入契機
チャレンジゾーンの一部

■始マリノ刻
青ビッグボーナス確定
ART確定
チャレンジゾーンG数:50G+α確定
エクストラサービス確定
ボーナス中(語)上乗せ確率大幅アップ&倍倍チャンスも抽選
突入契機
ロングフリーズ

【総評】
先ず、スペック面で注目すべき点は、従来型A+ART機のようなBIGボーナスとREGボーナスを搭載したタイプではなく、BIGボーナスのみを搭載している点でしょうか。

REGボーナスが非搭載になったことでREGボーナスに当選した時に感じる残念感は払拭されています。

BIGボーナスの獲得枚数が150枚に設定されている点は、前作化物語の150枚スタートを踏襲しながらもREGボーナス非搭載のART性能を最大限に生かす為に適性な数値を考慮した結果この150枚にたどり着いたのではないかと考えられます。

一見、BIGボーナスのみなのでゲーム性が単調に見受けられそうですが否、BIGボーナスが3種類あり、白7(青ビッグボーナス) 赤7、異色7各々については、ARTの出玉性能を高める期待度が50%(白7)、25%(赤/異色7)と備わっている点は、ART中のゲーム性を向上させており、従来型A+ART機とは一味違った楽しみになりそうです。

さらに、BIGボーナス中の技術介入(ナビなし時に逆押しでの第一リール中段2連青7ビタ)によって設定判別が出来る点もボーナス確率が軽い(設定①:1/199.8)のでプレイヤーに広く受け入れられ、稼働に貢献する1要素になるかと思われます。

このようにA+ARTのボーナスの部分は従来機と違い軽い仕様となっているので低投資で初めの当たりを容易に掴むことが出来る点は、好感が持てるのですが、焦点はARTに如何に突入させ、何れだけ継続させるかが当該A+ART機の最大のテーマではないでしょうか。

そのARTについて、

ART初当たり確率
1/566.4(設定①)

ART突入契機
解呪ノ儀 経由   80%
ボーナス 経由   20%

上記からわかるようにART突入へのメインルートは解呪ノ儀(自力チャンスゾーン)となっております。

解呪ノ儀
当選確率      1/250
ART突入期待度  約40%

つまり、解呪ノ儀 約2.5回に1回の割合でARTに突入します

感覚的には北斗の拳の『単チェリー』確率:1/250と解呪ノ儀当選率が同じなので、内部モードによっては似たような当選パターンになることもありそうですが、AT特化タイプとA+ARTタイプを単純比較しても意味がないので参考程度までに留めておきます。

※ 北斗の拳 強敵
AT初当たり確率:1/432.8(設定①)

当該機【偽物語】のART突入確率は直近の機種ですと【機動戦士ガンダム覚醒】の数値と近い値となっています。

機動戦士ガンダム覚醒
ART初当たり確率
1/560.7(設定①)

プレイヤー目線で捉えるのならば従来型のA+ART機を遊技するユーザーの多くはARTへの当選が重い点を十分承知した上で遊技しており、最も期待しているのがARTのロング継続と継続中に自力での複数ボーナス獲得であると思います。

その願望が叶うかどうかの期待感・ワクワク感をプレイヤーに巧く訴求出来るだけの要素を兼ね備えているのなら何の懸念材料もないかと思います。

本機は、懸念材料と安堵材料が表裏一体をなしているように感じます。

● 懸念材料
上乗せ特化ゾーンで獲得したG数は全て引き戻しARTへ上乗せされることに異存はないのですが、基本的に引き戻しART中は上乗せ特化ゾーンの抽選を行っておらず、あくまでも特化ゾーンの抽選は20Gのハッピータイム中に限っている点は、抽選G数区間が短いと感じるプレイヤーは多数存在するのではないかと思われます。

又、引き戻しARTの仕組みが北斗転生の勝舞玉と同様なシステムであるが故に引き戻しに対する不安定性から一部のユーザーからは敬遠される可能性がありそうです。

相対的に軽いスペックの割には勝ち体験の頻度が少なく、負け額は少額でも負け体験が重なると大きな負け額になる恐れを秘めているように思います。

○ 安堵材料

ボーナス確率が約1/200でTYが150枚あるのであればARTを引くまで低予算で粘ることも可能なわけで、一旦ARTに入れば平均5連荘も期待出来ることから、ボーナスが上手く絡めば上乗せ特化ゾーンにて大量のG数上乗せも現実味を帯びてきます。

手持ちコインがある程度あれば極端な吸い込み発生も少ないのでひたすら粘れば再度、出玉増加区間に遭遇することが可能ではないでしょうか。

これら2つの材料を元に総合的に本機を評価するのならばAタイプの要素を強く兼ね備えている機種である以上、バラエティー向きの戦略ではなく半列程度の台数を構えて毎日設定を意識的に投入するAタイプ系の運用方法を実践することがARTの性能をよりいっそう色濃く反映させることにも繋がり、ライトスペックA+ART機の新しい価値観の育成と創造に上手く結びつく事に期待したいです。
2/22の同時期に同様なライトスペックA+ART機【マジカルハロウィン5】(KPE)も市場に投入されることからユーザーの動向を注意深く観察していきたいと思います。

カテゴリー: スロット営業,パチンコ,新機種情報

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。