オリンピア【パチスロ ロスト プラネット2】、ニッチ市場におけるテコ入れ的な役割を果たしてくれる新機種として期待

ワクワク涌嶋のスロット丸秘情報

オリンピア【パチスロ ロスト プラネット2】、ニッチ市場におけるテコ入れ的な役割を果たしてくれる新機種として期待

今回は、【パチスロ ロスト プラネット2】(オリンピア)の新機種レポートです。納品日は9月4日、販売目標台数は15,000台です。

【基本情報】
メイン基板管理5.5号機
ART特化タイプ
純増枚数:2.0枚/G
ARTの規定G数無し、規定枚数無し(1セット約44G、約88枚獲得)
完全自力バトル継続タイプ
ベース:約46.5G/50枚
コイン単価:約2.4~2.6円
天井:740G
MY:2,144(設定①)
M◆:2,738(設定①)
ART平均TY:305~335枚

【確率・出玉率】
ART初当たり確率
設定①:1/314.8
設定②:1/305.9
設定③:1/284.5
設定④:1/251.1
設定⑤:1/239.0
設定⑥:1/197.9

GET READY突入確率
設定①:1/113.0
設定②:1/110.3
設定③:1/99.6
設定④:1/91.4
設定⑤:1/88.0
設定⑥:1/77.7

出玉率
設定①:96.7 %
設定②:98.1 %
設定③:100.1%
設定④:103.5%
設定⑤:105.0%
設定⑥:110.0%

【通常時関連】
通常時4つの内部モードがあり、一度モードが上がるとCZ又はARTが当選するまでモードが下がらない《積み上げ式》のモードシステムを採用。

■モード昇格&CZ抽選
①T‐ENG(サーマルエナジー)役
確率:約1/17
最低25%モードアップ

②ロスト目(チャンス目)
確率:約1/214
100%モードアップ&25%モード不問のCZ抽選

①②のレア役合算確率:約1/15
ステージでモード示唆
ジャングル<砂漠<雪原<海岸の順に高モード
READY ZONE(チャンスステージ)はGET READY発動の大チャンス

■GET READY
ARTへのメインルート
前兆ステージ決定ゲーム
ART期待度:約36%
ゲーム数:1G
出現率:約1/113(設定①)
レバーON時、前兆ステージ(AREA)を抽選し、50%でAREAが昇格し続ける。
(例)AREA1→AREA2→AREA3→AREA4→AREA5→ART確定→連荘確定→フリーズ!
※開始時の扉の色がポイント赤や金なら上位AREAからフリーズまでの可能性大

■前兆ステージ(AREA)
GET READYの抽選結果に応じた前兆ステージ
突入契機:GET READY後
消化G数:16G+α
期待度:AREAによって変化
消化中は「GJ」グッジョッブというアイコンを集めるほど期待度の高い連続演出へ発展。
最終Gは「GJ」を使って連続演出を昇格させる!
「GJ」は4種類あり、「青<緑<赤<虹」の順に昇格期待度が上がります。
虹GJはARTが確定します。

【ART関連】
■ARTゲームフロー
① プラネットチャンス
ART突入時、又はART継続時の報酬として突入する「T‐ENG上乗せ区間」
フリーズ時間と上乗せが連動し、1秒毎に1個の上乗せを行います
上乗せするT‐ENG個数は、保証個数2個+ループ抽選によって決定
保証個数やループ率は報酬ランクに応じて変化
最大ループ率:95%

② エイクリッドセレクト(敵決定)
対戦相手によって勝利期待度と報酬が異なる(全9種)

③ キャラクターセレクト(味方決定)
組み合わせによって様々な法則性が存在(9人の中から最大4人参戦)

④ AKRID BATTLE
純増枚数:2.0枚/G
規定G数&規定枚数無し
毎G攻防抽選
敵のHPを0に出来れば継続確定→報酬ゲット
T‐ENGが多い程、継続期待度アップ

⑤ 殲滅時報酬
報酬ランクに応じて期待度変化
1)プラネットチャンス
2)次回バトル勝利
3)T‐ENG特化ゾーン
4)オーバーGバトル
※報酬は重複あり

■T‐ENGシステム
サーマルエナジー揃い役=攻撃確定役
サーマルエナジー揃い役をエネルギーとしてストックするシステム
T‐ENGの数が多いほど、ART継続期待度アップ
T‐ENGはセット開始時、継続時に必ず複数個獲得ストックします
ART消化中、T‐ENG揃い確率:1/6.8
ストックしたT‐ENGが残っている限りARTは終わらない
T‐ENG放出確率:約1/5
リプレイ成立は敵攻撃・ピンチ

■殲滅時報酬詳細
特別報酬
① V獲得
V獲得時は次回バトル勝利確定
消化中はストックしたT‐ENGの消費は一切無し。T‐ENGを増やしながら次のバトルへ!

② T‐ENGエスカレーション
1セット7Gの「T‐ENG獲得特化ゾーン」
毎G約1/1.5で獲得
1セット50%ループ

③ オーバーGバトル
高報酬が期待出来る大チャンスバトル
突入契機:エイクリッドセレクトで「オーバーG」選択時
※バトル3、6、9戦目は突入に期待(10%)
殲滅フリーズ発生時(殲滅確定)
基本30Gのバトルチャンスゾーン
敗北しても次セット継続確定
勝利時はプラネットチャンスでT‐ENG10個以上獲得+95%ループモードのチャンス(50%で獲得)

④ 超殲滅フリーズ
GET READY突入の度にロングフリーズ抽選
確率:約1/16000
SPムービー30G+殲滅確定オーバーGバトル+V獲得×4

【総評】
先ず、コンテンツである【ロストプラネット2】ですが、これはゲームメーカーCAPCOMの人気ゲーム版権ロストプラネット2からの採用となっており、同社のビッグコンテンツ【モンスターハンター】に極めて近いゲーム性となっていることから、パチスロとは抜群に相性が良いと言えそうです。

また、当該メーカー機種で良好な稼動貢献をした【ガールズ&パンツァー】のゲーム性を踏襲しながらも、《T‐ENGシステム》といった新しいゲーム性を取り入れたことによりプレイヤーが安心して遊技出来るメリットと、ART中のT‐ENG成立確率が1/6.8と高いことから、仮にストックが無くとも自力で狙える自力感が増幅されたことで、プレイヤーのヤレる感を刺激しそうです。

スペック的にも[ART純増2.0枚]に設計したことで、CZへの突入率や初当たり確率が軽くなり、大変遊びやすく“当る気がする”仕様になっています。

高ベース(46.5G)でありながら初当り確率(1/314.8設定①)のART特化タイプの本機は、いわゆる射幸性を求めた尖ったスペックではなく、あくまでも、ゲーム性・遊びやすさを追求した機種であることは明白です。

現在のスロット市場における状況を考察してみると、20円スロットコーナーでのいわゆる【逃げ場!? 的コーナー】は、Aタイプコーナーしかなく、高ベースのAT機はあっても初当りが遠い機種ばかりでした。

初当りが軽くて、高ベースのART特化タイプ(純増2.0枚)の機種は本機が初となります。

ひと括りに5号機と言っても5.0号機に5.3号機(サブ基板ペナ無し)5.5号機と様々なタイプが存在します。

そしてプレイヤーのニーズも多種多様化しています。

本機は、スロット業界の現状において、特定の需要と客層にマッチングする可能性があるように思えます。

ニッチ市場におけるテコ入れ的な役割を果たしてくれる新機種として期待したいと思います。

カテゴリー: スロット営業,新機種情報

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。