KPE【メタルギアソリッド スネークイーター】、新たにユーザーへ提案すべくシーズ志向の“新価値体験”パチスロ機

ワクワク涌嶋のスロット丸秘情報

KPE【メタルギアソリッド スネークイーター】、新たにユーザーへ提案すべくシーズ志向の“新価値体験”パチスロ機

今回は、【メタルギアソリッド スネークイーター】(KPE)の新機種レポートです。 納品日は10月16日、販売台数は13,000台です。

【基本情報】
メイン基板管理5.5号機
疑似ボーナス搭載のART特化タイプ
自力継続バトル&ストックタイプ
純増枚数:約2.0枚/G
ベース:約47G/50枚
ミッション発生確率:約1/130
コイン単価:約2.4円
天井:1,280G+前兆(最大31G)
MY:約2,300枚
1,000枚OVER率:約80%
2,000枚OVER率:約45%
3,000枚OVER率:約30%
ART突入時の平均TY:約700枚

【確率・出玉率】
ボーナス&ART合算確率
設定①:1/266.9
設定②:1/258.6
設定③:1/251.1
設定④:1/240.4
設定⑤:1/232.7
設定⑥:1/220.2
※BIG:REG比率は約65:35(設定差あり)

出玉率
設定①:97.5 %
設定②:98.9 %
設定③:100.6 %
設定④:103.9 %
設定⑤:106.8 %
設定⑥:110.6 %

【通常時関連】
通常モードは4種類
① モードA
天井:最大1,280G
ボーナス&ART直撃期待度:低
ART継続期待度:中

② モードB
天井:最大1,280G
ボーナス&ART直撃期待度:高
ART継続期待度:低

③ モードC
天井:最大1,280G
ボーナス&ART直撃期待度:中
ART継続期待度:高

④ モードD
天井:最大200G
ボーナス&ART直撃期待度:高
ART継続期待度:高

■ 小役とミッション&ボーナス関連
スイカ < 弱チェリー < 強チェリー < チャンス役の順でボーナス/ミッションへの期待度が上がります。
通常時の強レア役で高確以上が確定
高確時の強レア役はミッション or ボーナス or ARTが確定
レア小役成立確率:約1/33
強レア役比率:約20%
ミッション発生確率(トータル):約1/130

■ バーチャスミッション(前兆型ミッション)
期待度:約35%
多彩なチャンスアップ演出を搭載
平均17G継続
成功でボーナス or ART

■ サバイブミッション(自力型ミッション)
期待度:約60%
段ボール成立でチャンス!
レア小役なら大チャンス!
15G固定
毎ゲーム抽選
※★:500G到達の50%でバーチャスミッション突入
1,000G到達でサバイブミッション突入

【ボーナス関連】
■ BIG BONUS
60G固定の疑似ボーナス
リプレイ以外の全役でARTの抽選を行う
ART当選期待度:約35%

★ 2種類の告知演出を選択可能
①シアターBB(チャンス告知)
液晶演出てART当選告知する場合と赤7を揃えて告知する場合の2通りあり

②フラワーBB(完全告知)
オオアマナという花が咲いたらART確定
告知タイミングは、レバー、回胴回転、第一停止、第三停止の4パターン

■ REG BONUS
30G固定の疑似ボーナス
REGからBIGへの昇格あり!
共通ベル当選時、ARTの抽選を行う
スペシャルREG当選はART確定+勝利権利1個獲得
エピソードムービー展開

■ サブシスタンスゲーム
ビッグボーナス、またはレギュラーボーナス後に、ARTへ突入しなかった場合に突入。
50G+α(前兆又はミッション終了)まで継続し、この間に引いた当たりは全てARTへ書き換えられます。

【ART関連】
■ ART「スネークイーター作戦」
純増枚数:約2.0枚/G
自力継続バトル&ストック
突入時の期待枚数:約700枚
エピローグ到達時の期待枚数:約2,900枚
バトル勝率:50~85%(平均68.5%)

ARTは4つのパートで構成
① 「オープニング」演出
平均10G
② 「バトル」演出
G数不定
③④ 「エンディング・潜入」演出
30G/SET
※ビッグボスタイムへの突入抽選を行っています。
※潜入パートは最大5SET継続します。

■ ART準備中/ヘイロー降下
この間にセーフティゲーム数の上乗せ抽選を行っています。
また、金7(ビッグボスタイム突入&勝利権利1個所持スタート)の抽選も行っています。

■ BIG BOSS ビッグボスタイム
セーフティゲーム数の上乗せ、及び勝利権利獲得が期待できる特化ゾーン
30G/1SETで最大3セット継続します。
セット毎に獲得できるセーフティゲーム数、勝利権利の期待度が異なるます。

■ コンティニューゾーン
ART終了後に突入
50G+α(前兆または、ミッション終了)まで継続し、この間に当たりを引くと、バトルで敗北した時の状態(敵HPそのまま、スネークHP全回復)からバトルを再開します。

■ 通常フリーズ
スネークイーター作戦確定
勝利権利2個獲得
平均期待枚数:約1,100枚

■ クラッシュフリーズ
スネークイーター作戦確定
勝利権利2個獲得
金7出現経由でビッグボスタイム2セット確定(50%で3セット目)
平均期待枚数:約2,950枚

【演出モード関連】
個性の異なる3つの演出モードを搭載

プレイヤーが任意で選択可能
① ADVANCE
多彩な演出バリエーションで当選までを豪華に!
② NORMAL
前兆演出や連続演出が適度に発生!
③ CLASSIC
演出発生頻度を抑え、期待度の高い瞬間を強調!

【総評】
先ずは、新筐体が圧巻の業界初! 32インチフルHD全面液晶となり、124Gbの大容量液晶ROMも搭載されたことで大迫力の演出と圧倒的な臨場感・映像美を隈無く発揮・アピールしている点が「メタルギア」の持つ重厚でドラマチックな世界観と巧くマッチしているように思えます。

実際に「メタルギア」を知らない私ですが、壮大で深みのあるストーリーには何か!? 人を惹きつける要素がふんだんに盛り込まれているように感じます。

その壮大なストーリーがART中に展開されるわけですが…。

メーカー発表のボーナス&ART合算確率は1/266.9(設定①)とかなり軽い数値となっておりますが、ART初当たり時の期待枚数が約700枚とかなり高い数値に設計されていることからARTの初当たり確率は相当低い数値が想像されます。

資料をみる限り1日での出現回数が設定平均で約:6.23回となっていますが、稼働状況によっては出玉率(割数)に大きな変動が生じると思われます。

プレイヤー目線からすればベースが高く(47G/50枚)合算確率が軽い(1/266.9/ 設定①)ので適度に遊びながら、ART突入を待つ! といったような流れになるかと思われます。

確率論的には約2時間に一回の割合でARTに突入するゲーム性をプレイヤーがどう評価するかで機械評価も大きく変わってきます。

一旦、ARTに突入すると長いG数が続きそうですがモードによっては継続期待度が低いモードもあるようなので、モードの振り分け次第では少ない獲得枚数でのART終了もあり得るかと思われます。

ARTへの突入確率が低い点を考慮すると平均TY値(700枚)への出現率が低くなることだけは極力避けて欲しいと思います。

高ベースでありながら、純増2.0枚の★高TY値★のART機は本機が初登場となります。

メイン基板管理仕様となった5.5号機においてプログラム技術の開発・適応が他社に先駆けて実現出来ている【ゲームメーカーとしての強み】と【類い希な革新的なハード搭載機】は、市場において供給が満たされていないことから、新たにユーザーへ提案すべくシーズ志向の【新価値体験】であると同時に、今後のマーケットを占う意味でも大きな意義がある【唯一無二】のパチスロ機と呼べるのではないでしょうか!?

敢えて申し上げるのならば、業界を取り巻く環境、市場の動向・傾向などを考慮されたとすれば、納品日の設定は適切であったのでしょうか!?

少々気になります。

カテゴリー: スロット営業,パチンコ,新機種情報

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。