山形県遊協が少年野球教室を開催

 

山形県遊技業協同組合(井上静夫理事長)が、平成27年10月17日(土)、酒田市の酒田市光ケ丘野球場において、(株)ヤクルト本社東日本支店及び「NPOつばめスポーツ振興協会」の協賛を得て、元プロ野球東京ヤクルトスワローズ選手を講師に迎え、少年の健全な育成を支援することを目的として「第10回 少年野球教室」を開催し、少年に野球の基本動作とスポーツ精神を指導した。

当日の開会式では、山形県遊技業協同組合庄内支部長等の挨拶後、少年野球教室に対しヤクルト販売・同県遊協より記念品の贈呈式が行われた。野球教室では、最初に野球に対する取り組み姿勢等の指導があり、準備運動を行った後、自分のポジション毎に「投手」、「捕手」、「野手」分かれて基本動作・応用動作等を丁寧に指導した。指導終了後、抽選会を実施し、真剣に取り組んだ少年にバット・グローブ・Tシャツを贈呈し、参加記念品として受講少年全員に野球帽を贈呈した。

カテゴリー: 社会貢献

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。