【税務調査対策】調査官がいきなり来たら!?

税会計JNEXT道場

【税務調査対策】調査官がいきなり来たら!?

1.調査官がいきなり来たらどうする!?

1)通常の税務調査は、事前に連絡がありますが、事前連絡のない税務調査「無予告調査」も1~2割程度で実施されています。証拠書類の隠ぺいを防ぐためです。無予告調査があったとしても、その場で受けなければならないわけではございません。

2.調査官は何をみるのか?

1)原始資料:見積書・注文書・請求書・領収書等
帳簿を作成するうえで必要な書類全般です。原始資料と帳簿を突き合せることで、計上漏れがないか等、把握しようとします。

2)経営者、税理士等の発言
税務調査では、世間話をすることが良くあります。経営者との距離感を縮めるための手段であり、何気ない会話でもポンポン回答して痛い目をみる経営者が多くみられます。

3.納得できなければ捺印しない

1)「これを提出したら調査はおわりますから…」、「この修正申告書に捺印しないともっと大変なことになりますよ」などと、修正申告を「強要」してくる調査官もいます。納得もしていないのに捺印することは絶対に避けなければなりませんし、多額の税金を支払うことになります。

最後に…。税務署からの連絡は、必ず顧問税理士を通してもらうようにしましょう。顧問税理士がいない状況下での、調査官立会いは大きなリスクを伴います。

カテゴリー: 金融・税務

メッセージを残す

メールアドレスが公開されることはございません。